今夏オススメの海、ここにあり!
見よ、この、どこまでも透明な水を!
b0128954_12353560.jpg

いったいこの海はどこの海?南の島か?
b0128954_11471817.jpg

と、思いきや…
なななんと、これは南房総の海なのだ!!!

わたしたち家族が大好きな洲崎海岸。館山湾の南端に位置する海岸です。
こんなに綺麗な海が、内房に存在するって、知ってました? 

そもそもわたしは、沖縄の離島の海が大好きなのですが、去年この海岸で初めて泳いだ時に「あー沖縄に行きたいっていうモチベーションがさがるなあ」と思ったほどです。
そして「千葉って…千葉って、実は、すごいんじゃない?!」と再認識した場所でもあります。
砂浜はゴミひとつなく白砂が煌めきビューティフル、岩場じゃないので足の裏も痛くなく、真っ青な海の波は穏やか。どーんと外洋に面しているわけではないので、荒波の猛々しさを味わう外房とは全く違う趣があります。
もちろん、お魚も充実です!シュノーケリングで見られる魚は数も種類も、驚嘆に値するほど。
去年見た魚は、ハリセンボン、ブダイ、カワハギ、ベラ、ハコフグ、ナミチョウチョウウオ、ウツボ、ゴンズイ、スズメダイの群れ、アオリイカの群れ、ムラサキウニ、などなどなどなど。
(館山って、サンゴ生息の北限域なんですって!!だからこれだけ多様な魚が住んでいるんというわけ。)
魚好きのニイニなんて、パパと泳ぎママと泳ぎで休みなくずぅーーっと泳っぱなしで、帰るとなると名残惜しさにいちいち泣いてたくらい。
今年これからどこかの海に行きたいと思っている方がおられましたら、ぜひ一度、お試しいただきたい。当方、自信をもってオススメします。

うちの三芳村のセカンドハウスからは、車でだいたい30分強。簡単なテントやら水遊び道具一式やら凍らせたペットボトルやらを車につんで、水着を着て出発します。
b0128954_11484127.jpg

夏真っ盛りの時期でも何故かぜんぜん渋滞しない国道を走り続け(それも魅力のひとつだけど、いつもとっても不思議。湘南のようにブランディングされていないと、やっぱりブレークしないのかしら?)、いくつもの海水浴場を過ぎ、こどもたちが後部座席でうとうとしかかるあたりで空と海と砂浜の色の彩度がぐんと上がり、さらに館山湾を走り詰めていくと、化粧っ気のない洲崎の海にたどり着きます。
「海水浴場」ではない洲崎の浜は、整備された駐車場がないので、車道の路肩がちょっと膨らんでいるスペースに滑り込んでパーク!(これが数台分しかない…。がんばって早めの午前着を目指すのがポイント。)
それから気合いを入れて家族全員で海道具をかかえ、車道から海に出る細い坂道を、とっとっとと下っていくと…
ほーら。海が見えてきた。
b0128954_11491751.jpg

こりゃあ上等の海だぜ!

ただーし。はじめに言っておこう。
海の家もトイレもシャワーも貸しパラソルも自動販売機もナンパも、ありません。
あるのは、煌めく白砂の海岸。以上!
それじゃあおイヤかしら。わたしゃ素晴らしいことだと思うけどね。

…いやぁでもやっぱり、設備ゼロの海はきついよなあ、と利便性もそれなりに重視している方にオススメなのは、沖ノ島かな。
数年前にやっていたドラマ「世界の中心で愛を叫ぶ」のロケ地になったところで、自然公園に指定されている、一周1キロの無人島です。ちゃんと貸しパラソルとかもあるし、ぴちぴちしたビーチの華やかさもあるし、ひろーい駐車場もあるから、なんの心配もなく身一つで海に行けます。
海辺には「海の鑑定団」という自然体験プログラムを実施しているNPOの拠点のテントがでていたり、ビーチコーミング体験ツアーもあったりと、こどもたちが楽しめる要素が満載。
ここでニイニは、モズクガニとかなんとかいう珍妙なカニをゲットしていましたな。
(あとで調べたら、これ本当は「コノハガニ」というそうです。)
b0128954_12301152.jpg

それはそうと。
去年この海岸に、こんなものをつくっているヒトたちがいたんです。
b0128954_12303758.jpg

やたらと完成度が高い、四角く渦巻く砂の城。
彼らは、いったい何者で、何のためにこんなものを作っていたんだろう?
一瞬、取材しようかとも思いましたが、異様に真剣で怖かったので、結局遠巻きにみているだけで終わってしまいました。すごかったなあ。職人技でしたよ、渦巻きのスロープの角度の揃い方なんて。このヒトたちを見つけたのは帰り際だったんだけど、長々と足を止めて見入っちゃったもんね。でも実は単に「すごーい!」って寄ってきた女の子をナンパするための演出だったりして。(わたしは個人的に、この手の変人にはけっこう惹かれちゃうけどね…って、どうせわたしなんざお呼びじゃないわな。へっ。)



エニウェイ、南房総の海を侮ってはなりませんぞ。
知れば知るほど、その魅力の虜になりますぞ。
と、偉そうなことをいう割には、わたしたちまだ、外房の海は未体験。お恥ずかしい。
房総初心者ナリ~
(いちど和田浦という海岸に行ったことがあるのですが、高波で遊泳禁止だった。)
今年こそ…って今年はどこにも行けないけど…これから毎年いろんな海岸を渡り歩いて、房総を制覇するんだから!
(そしたら「房総ウミシュラン」でもつくるか。)
[PR]
by babamiori | 2008-08-01 11:53 | 南房総のこと
<< セミの新生児。 夏の風情を味わう法。(しょぼー... >>



ひょんなことから、南房総に8700坪の土地を手に入れてしまいました。平日は都心で建築ライター・コーディネーターとして働き、週末は南房総で野良仕事。ちょっとムリして始めてみた二重生活ですが、気付けば主客転倒で、どっちがメインの住まいかわからなくなっています。田舎暮らしの衝撃と感動、苦悩と快感をそのまま綴ります。 ニイニ中3、ポチン5年、マメ1年。

by babamiori
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
フォロー中のブログ
古今東西風俗散歩(移転し...
妄想ファミリー、房総に住む!
amane
土橋陽子の design...
カテゴリ
全体
田舎暮らしのこと
週末の出来事
南房総のこと
食べ物のこと
東京にて
生き物について
ニイニ
建築について
お知らせ
産後について


未分類
タグ
以前の記事
2017年 01月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
検索
最新のトラックバック
地元で獲れた地魚寿司です..
from 出張先
山越うどんのかまたま山が..
from 口コミ情報ライフ
草を刈る人、、国土交通省..
from 背面飛行がとまらない
スイマーバ
from スイマーバ
亜麻仁油 効果/効能
from 亜麻仁油 効果/効能
レンジで簡単!!たまごっ..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
カビ防止・カビ対策で防カ..
from カビ防止・カビ対策で防カビ快..
貸し別荘コテージレンタル..
from 貸し別荘コテージレンタル情報..
家電製品家具レンタルリー..
from 家電製品家具レンタルリース情..
手作りジンジャーエール
from From a smallto..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧