カテゴリ:ニイニ( 9 )
ニイニ、卒業。
三芳の土地に来た春に小学校1年生になり、いつもブログにアホをさらしてきたニイニ。
この春、卒業しました。

b0128954_23493316.jpg


もう、セミがとまってるみたいにちっちゃくなっちゃったランドセル。
声もひくーくなって、足もでかーくなって、いろいろうっすら生えてきて。
背はほぼわたしと同じ。体重も同じ。
これが自画像。
b0128954_001053.jpg


4月から制服を着てネクタイして。
部活、何にするんだろう?
何時ごろ帰ってくるんだろう?
週末はどうするんだろう?

いつまで一緒に、三芳に来てくれるだろう?

ふたつの場所を行き来する暮らし方をしてきたわたしたち家族にとって、ひとつの大きな変化の時を迎えそうです。ひとまず、ライフスタイルは変えないつもり。ニイニに来いと強制もしないつもり。休日の部活後に来たかったら高速バスなのはな号で合流してもらおうと思っています。


なんかあるとすぐ、ママ!ママ!とさけび、「ママ、ニイニはちば好き!」って黄色い長靴はいてそこらじゅうの生きものをかたっぱしからつかまえて、喜んで転げまわっていた頃が懐かしいな。
本質的には変わってないけどね。なんかさびしいぞ。
[PR]
by babamiori | 2013-03-30 00:07 | ニイニ
ニイニ、卒業。
三芳の土地に来た春に小学校1年生になり、いつもブログにアホをさらしてきたニイニ。
この春、卒業しました。

b0128954_23493316.jpg


もう、セミがとまってるみたいにちっちゃくなっちゃったランドセル。
声もひくーくなって、足もでかーくなって、いろいろうっすら生えてきて。
背はほぼわたしと同じ。体重も同じ。
これが自画像。
b0128954_001053.jpg


4月から制服を着てネクタイして。
部活、何にするんだろう?
何時ごろ帰ってくるんだろう?
週末はどうするんだろう?

いつまで一緒に、三芳に来てくれるだろう?

ふたつの場所を行き来する暮らし方をしてきたわたしたち家族にとって、ひとつの大きな変化の時を迎えそうです。ひとまず、ライフスタイルは変えないつもり。ニイニに来いと強制もしないつもり。休日の部活後に来たかったら高速バスなのはな号で合流してもらおうと思っています。


なんかあるとすぐ、ママ!ママ!とさけび、「ママ、ニイニはちば好き!」って黄色い長靴はいてそこらじゅうの生きものをかたっぱしからつかまえて、喜んで転げまわっていた頃が懐かしいな。
本質的には変わってないけどね。なんかさびしいぞ。
[PR]
by babamiori | 2013-03-30 00:07 | ニイニ
ニイニのブログ⑦伊予ヶ岳は素晴らしい低い山。
こんにちは。
ニイニです。

最近暑いですね。早くも僕は夏バテ気味です。(5月から10月までバテてたら、一年の半分はバテているということになってしまいます…)

先日、千葉県でも五指に入る名山、「伊予ヶ岳」に登りました。
突然登ることを決めたため、準備が思うようにいかず、最低限の装備をなんとか整えるのがやっとでした。(僕はヤクルト製の海用テントを入れるリュック、ポチンは公文の宿題をやるために持ってきた公文リュック)

b0128954_1414029.jpg


本当は、前日の土曜日に釣りに行っていたので翌日はイベントなしのはずでしたが、釣果があまりにしょぼかったので、行くことになりました。

伊予ヶ岳は、山頂までの距離は短いのですが、登りごたえのある山でした。

登山口から400mほど登ったところに、畑がありました。家からすぐの畑だって手入れするのが大変で荒れ放題なのに、これだけ離れていたらどれだけ大変だろうと思います。

b0128954_14141851.jpg


しばらく歩くと休憩所がありました。
ここからの眺めも相当なものでした。
ここでは、父のジーパンに毛虫がつきました。

b0128954_14144295.jpg


そしてどんどん登っていくと…

b0128954_14145973.jpg


鎖場が現れました。写真で見るとたいしたことないように見えますが、体感的には60度位には感じます。
途中ではポチンが、「もう登りたくない~。」とぐずりましたが、じょじょに落ち着きを取り戻して、無事に山頂の北峰まで辿り着くことができました。

b0128954_14152669.jpg


山頂からの景色の第一印象は、怖い。

b0128954_14154353.jpg


直下200mほどまできりたった崖には、足がすくんで背筋がゾクゾクしました。

次に感じたことは…
なんてきれいな景色!!!

b0128954_14155773.jpg


前方には房総屈指の山、富山。
左前方には伊豆大島。
残念ながら富士山は雲とかすみで見えませんでしたが、奥にはうっすら伊豆半島も望むことができました。

近くに高い山がないため、ここが一番高いんだ~という快感も味わえます。

そしてなんといっても毛虫!!
前にもご紹介したクワゴマダラヒトリです。
何でも上に登る性質があるらしく、展望台の足場は山を登り詰めていき場所を失った毛虫だらけ!!
中には干からびて死んでいる者も。

b0128954_1416954.jpg


さて、頂上での食事を終えると、南峰へ向かいました。
その途中でポチンがこけましたが、5分ほどで南峰につきました。そこから見た北峰がこちら。

b0128954_14163988.jpg


断崖絶壁です。
向こうにいるヒトの大きさと比べると小さい山だなと思ってしまいますが、人さえいなければ立派な3000メートル級の山にも見えます。


そしてとうとう、下山の時が来ました。
登るときはあまり考えませんでしたが、下りてみると意外とたくさん歩いたんだなと思いました。

b0128954_1416575.jpg


b0128954_1417822.jpg


伊予ヶ岳に登って考えたのが、低名山という観点です。
つまり、山は高さだけじゃない、ということです。
伊予ヶ岳は、336.6mしかありませんが、(地理的には山ではなく、丘に分類されます)今まで登ったどの山よりも登りごたえも達成感もありました。
房総は海ばかりが有名で山についてはあまり知られていませんが、伊予ヶ岳のような素晴らしい山もたくさんあります。(もちろん海も素晴らしいですが)

でもやはり、公文のリュックとヤクルトのリュックで登れるということは、たいして難易度の高い山ではないということかもしれませんね。
[PR]
by babamiori | 2012-06-04 17:00 | ニイニ
ニイニのブログ⑥春の収穫~ぅ!
お久しぶりです。ニイニです。
今年で6年生になりました。早いものです。
今回は、釣りの話ではなく、山菜についてです。
時期も微妙なので様子見のつもりで行ったのですが、結果から言うと、かなりたくさんの収穫がありました。

まず、タラの芽。
毎年、毛虫の野郎に負けて獲れずにいたので今年こそはと思っていましたが、三週間前は毛虫だらけだったので、今年もダメかあと思っていました。
しかし、今回は秘密兵器を用意しました。高枝切りばさみです。3、4mならとどきます。そんなに高ければ毛虫もいないだろうと。
でも毛虫もさるものです。数は少ないですが、いるんです。

b0128954_20343942.jpg


皆さんがこの写真を見て思ったことはだいたい想像できます。
「どう考えても多いだろ。気持ち悪~い。」
それは違います。いや、そう思うのは当然です。しかし、これでも少ないというべきなんです。なぜなら、いつもはこれだから。

b0128954_20352528.jpg


ゾッとするでしょう。
ちなみにこの毛虫はクワゴマダラヒトリといって小さい頃は桑の木にいるが、大きくなると植物なら何でも構わず食べるやっかいな虫です。去年、今年と大量発生しています。数年で落ち着くと言われていますが、本当にそうなのか不安です。

そしてこのタラの芽、どうすると思いますか?
食べるんです。
フーっと毛虫を吹き落して、食べます。
吹き落してみると、意外と喰われていないんです。
(写真があるとよくわかるんですが、なくてすみません。)

そして、タケノコ。
以前母が紹介したを見に行くために林の中に入っていくと・・・
タケノコだあ~。

b0128954_20374768.jpg
    

なんでそんなにおどろくかって?色々ありましてね。

理由その1
季節が早い。
いつもは5月初旬くらいなのに、今はまだ4月初旬。特に今年は寒かったのに・・・

理由その2
イノシシに喰われて、ないかと思っていた。

理由その3
2本もある!
イノシシ君も少しは人間に残しておいてくれるんだね。見直した。

という訳です。

さて、早速掘り始めました。
数年前から掘っているので、慣れたもんです。
しかし、なかなか根が見えてきません。

そして・・・

ふ、太い。直径18cmはあるでしょうか。

b0128954_2039694.jpg


滝の流水で洗い流しました。
きれいになったタケノコをみて、改めて何とも言えない達成感と喜びがあふれました。
2本目はちっちゃかったのですが2本収穫できました。

あと、ワラビ。
ちゃんと収穫するのは初めてです。いっぱいとれました。

b0128954_20394171.jpg


毎年獲れるぜんまい。
経験から雄は固いと分かっていたので、メスを選びました。

b0128954_20402047.jpg



そして、いよいよ食べます。
タラの芽は天ぷらに、タケノコはタケノコご飯にしていただきました。
下ごしらえももちろん自分の仕事。
 
b0128954_20411026.jpg

b0128954_20404589.jpg


タラの芽。
(他、ノビルとミツバと家でつくったにんにくも。)

b0128954_20425748.jpg


強すぎない柔らかい風味が口中に広がりました。食感はシャキシャキしていて、ウドにも似ています。
もちろん、毛虫だらけのやつもおいしくいただきました。

そして、タケノコ。

b0128954_2044579.jpg

b0128954_20452233.jpg


えぐみもなく、タケノコ独特の香りと、ざくっざくっという食感がたまりません。やっぱり、自分で掘ったものはおいしいです。
まだまだあるので、煮つけなどほかの食べ方もしてみたいです。


ワラビはあく抜きをしておひたしに。
鰹節とポン酢をたっぷりかけていただきます。

b0128954_2045568.jpg


「・・・うまい!!。」
その一言に尽きます。
ねっとりとした食感、豊かな風味。これは食べなきゃ分かりません。

今回は、本当にたくさんの収穫がありました。

まだ楽しいシーズンは始まったばかりです。
今年も思いっきり房総を楽しみ尽くしたいと思います。
[PR]
by babamiori | 2012-04-19 20:50 | ニイニ
ニイニのブログ⑤ 釣れました。喰いました。
こんにちは。
久しぶりにニイニです。

今回は釣りについて書きたいと思います。
ゴーしたところは、いつも泳いでいる沖ノ島に渡る途中にある護岸です。
僕の持っているガイドブックには、11月はシロギスがよく釣れると書いてあったので、投げ釣りの仕掛等を持って行きました。

3時頃に釣りを開始しました。

b0128954_1029086.jpg


30分後
何も釣れず・・・



1時間後
何も釣れず・・・
父は飽きてしまって投げ釣りの仕掛を引き上げてしまいました。
かと思うとこんどはワームで釣りを始めました。


それから更に45分ほど経って、もう太陽も沈みかけた4時45分頃。

ワーム釣りをしていた父が、
「おっ、 何か掛かったぞ!!」
と言いました。

見ると、父の竿が大きく曲がっています。
そして上がってきたのは・・・ カサゴです。
僕は自分が釣ったかのように喜びました。(理由は後ほど。)

b0128954_10301411.jpg


血のような赤に白のまだら。
飼いたくなりました。(似たような魚飼ってますが。)

b0128954_10302391.jpg



そして5時15分頃。
20分ほど放置していた僕の投げ釣り仕掛けを引き上げようとすると、根掛かりしたかのように、全くリールが巻けません。そしてシャクったりいろいろしていると、リールが巻けるようになりましたが、何か重い感じがしました。

上がってきたのは・・・

b0128954_1031735.jpg


ゴンズイです。
そう、釣りのガイドブックなどに「夜の投げ釣りの外道。胸びれと背びれに毒のあるトゲがあり、厄介。」と記されている、嫌われ者の魚です。

b0128954_10313266.jpg


しかし、前釣った時食べてみたら旨かったので2匹ともリリースせずにクーラーボックスへ。


その後僕の投げ釣り仕掛けも撤収し、僕もワーム釣りを始めました。
そしてしばらくすると父が来て
「そんなんじゃないよ。手本見せてやるから竿かして。」
と僕の竿でお手本を見せてくれました。(1回釣れただけでやり方分かったのかよ、と思った)

そして引いてきて、
「こんな感じだよ。」
と言うかと思ったその時!!

ヒーーーーーーーット。

竿が大きくしなりました。

しかし父もお手本ということでいきなりだったので、合わせるまもなくバレてしまいました。



その後は何も釣れず

b0128954_10325229.jpg


b0128954_10341021.jpg


b0128954_1033418.jpg


b0128954_10342911.jpg


結局この日の釣りは終了しました。



・・・そして家に帰り料理をします。


ゴンズイは胸びれと背びれのトゲをキッチンバサミで切り取り、内臓を取り出します。


カサゴはツボヌキという内臓を取り出す処理をし、その後ウロコを取ります。

b0128954_10353545.jpg


このときまで生きていて驚いたのと共に、生きている物を殺すとはとてもコワいと感じました。しかし、今ここでコワがってやめるより断末魔の苦しみを味わわせず一気に殺してやった方が良いと思い、殺しました。

b0128954_10354463.jpg


そして両方とも煮付けて完成です。

b0128954_1035562.jpg


b0128954_1036664.jpg


きになるそのお味は・・・

旨い!!
タダその一言に尽きる。

カサゴは量が少し足りなかった気がしましたが、身がほくほくでしかもあっさりした味、ゴンズイは淡泊で、なおかつコクもある味、どちらも旨かったです。


いやイイ釣りだった。今までワームなんて絶対釣れるわけがないと思っていましたが、釣れると分かったのも良い発見です。

あ、ちなみに父がカサゴを釣ったのに僕が喜んだわけは、今までは僕だけが釣り好きで、父は渋々連れて行ってくれたけれど、ワーム釣りに味をしめてくれれば、釣りに連れて行ってもらう機会も増えるはずだからです。
以上。


さようなら。
それではまた次回。
[PR]
by babamiori | 2011-11-16 18:00 | ニイニ
ニイニのブログ④ 花粉症の恐怖
こんにちは。ニイニです。
久しぶりに割り込ませていただきます。

今年は、花粉凄いらしいですね。実は、僕も今年とうとう花粉症デビューしてしまいました。
目が充血して、痒くてかきまくったら周りが炎症をおこして、大変なことになってしまいました。勝手に涙があふれ出してきて、目の下が真っ赤で、疲れているわけでもないのにクマみたいなのが出来て、別人みたいでした。写真なんて撮りたくなかったので、写真がなくてすみません。
(その日の夜は痒くて眠れなくて、翌日学校でも、「ニイニじゃないみたい。目の下どうしたの?」と言われました。)

結局、3月7日は学校を遅刻して目医者さんにいって目薬と軟膏をもらいました。その薬がまた効いて、午後は結構良くなりました。市販の薬は一時的にしか良くならないけど、処方せんで出してもった薬はずっと効いて、違いに驚きました。
(全国の花粉症に悩む皆様。どうか受診はお早めに。)

花粉と言えば、房総の杉の色を思い出します。
今年は花粉が多いから杉の色がまっちゃだね、とN田さんとほんまるさんが話していました。
b0128954_20365762.jpg


コレは、房総でサイクリングしているときの写真です。まっちゃっちゃで、いかにも花粉の色というかんじです。

このときは花粉症の症状なんてでてなかったのに。今は、房総に行くのが、楽しみなのとコワいのと、両方です。どちらかというとコワくて行きたくない。

アア、いつか、杉の交配と人間の花粉症にならないこと、両立出来る日が来ると良いですね。
[PR]
by babamiori | 2011-03-08 20:42 | ニイニ
ニイニのブログ③ 釣り
ニイニです。
先週末に南房の香谷堤防に釣りに行きました。ちょい投げでシロギス狙いです。釣り歴0年のポチンも連れて行きました。

b0128954_22285423.jpg

最初の30分アタリ無し。ポチン、ヒット。イマイチ引きがない。
一体何が?

b0128954_22251817.jpg


ヒトデです。「やった~。お星様だ!」
まあ、喜んでるから良いか。
5分後、またポチンにヒット。やっぱり引きはイマイチ。
ヒトデです。
「やった~。」ううっ。何が嬉しい?
15分後、僕とポチン、同時にヒット。
両方ともヒトデです。しかもポチンは2匹も。

b0128954_22261760.jpg


(ボウズはまぬがれたし、だいたい11月にシロギス狙いなんて無理があるんだ)そう自分に言い聞かせて耐えました。
40分後。ポチンにアタリ。今度は強烈(っていうか今までヒドかったからそう思うだけだけど)。もしや期待のシロギスか!





b0128954_22271991.jpg


15㎝くらいのフグです。僕は「ショウサイフグだ!」と言いましたが、父が「クサフグだよ!」と言うので納得しました。
それから1時間何も起こりませんでした。そしてもう餌のアオイソメが無いと言うとき、僕の竿が揺れました。

b0128954_22362980.jpg


慌てて巻き始めると銀色に光る魚が。

b0128954_22275241.jpg


「フグだあ。」さっきより大きいが、食えません。
「事実上ボウズ」です。クーラーの中は空っぽだから。


家に帰ってフグの種類を調べてみたらクサフグよりショウサイフグに似ていました。
僕がショウサイフグだと思った理由は、腹の横に黄色い筋が通っていること、クサフグよりも1周り大きいと言うことからです。
父は、「ショウサイフグは船から専門的に狙うもので防波堤からは釣れないよ。」と言っていました。
しかし、図鑑と比べみても明らかにショウサイフグでした。このことから、香谷堤防から、ショウサイフグが狙えることが分かりました。
また、インターネットで検索したところ、こう記されていました。
「ショウサイフグはとても美味しい魚だが、身にも皮膚にも非常に強い毒があり、危険。調理するときは必ず資格のある人にお願いすること。」
どうせ食えなかったにせよ、もったいないコトをしたな、と思います。

また割り込ませていただきます。
[PR]
by babamiori | 2010-12-08 22:32 | ニイニ
ニイニのブログ②
こんにちは。ニイニです。
今回は、僕の育てているサボテンについて書かせていただきます。

b0128954_22272849.jpg

カブトです。これらは直径は2センチくらいのまだ小さいものです。
カブトは、アメリカテキサス州東南部やメキシコタマウリパス州などの限られた場所にしか生えていない珍しい植物です(人間の土地開発で自生地を奪われた)。僕が育てているのは、改良品種×改良品種でとれた種を実生したものです。

カブトは全部で30本ほど育てています。その中で将来が楽しみなのはコレです。
b0128954_22284569.jpg

この個体は綴化しています。綴化というのは成長点が横に広がってしまう変異です。
カブトの綴化はとても価値があり、珍しいそうです。しかしその多くは、横に広がった成長点から成長点のまともな仔が出てきて下のが隠れてしまいます。隠れると価値がなくなってしまうので、この個体はそのようにならないで欲しいです。

そしてもう一つ楽しみな個体がコレです。
b0128954_22293926.jpg


比べると分かりますが、普通のカブトはこんな感じです。
b0128954_2234297.jpg


点の数が明らかに違うのに気がつきましたか?
この個体は、極上個体×上個体という素晴らしい親を持っているのです。同じ種の個体はまだたくさんいるのですが、この個体が一番綺麗だと僕は思います。

また割り込ませていただきます。

(文・写真/ニイニ)
[PR]
by babamiori | 2010-11-10 22:35 | ニイニ
ニイニのブログ①
にいにです。
僕は小学4年男子です。
趣味は野球と自然観察と釣りです。
これからもちょこちょこ南房総リパブリック!に割り込ませて頂きたいと思うのですが出来が悪いとアップしてもらえないそうです。
宜しくお願いします。


b0128954_2218124.jpg


アキアカネです。
秋になると美しい紅色に染まるのが特徴のこのとんぼですが、夏のうちはまだオレンジ色で、ほかのとんぼと見分ける事がとてもむずかしいです。僕も見分けられません。

体長:3.5~5㎝
幼虫の食べ物:水生昆虫、メダカ、アカムシ(ユスリカの幼虫)
成虫の食べ物:小さな昆虫

この他にも南房総にはオニヤンマやシオカラトンボやハグロトンボなど様々な種類のとんぼがいます。とんぼが好きなひとは南房総に見に来るのもいいかもしれませんね。


b0128954_22182591.jpg


モンキアゲハです。
ヒガンバナにとまったモンキアゲハは何度も見たことがありますが、いつみてもきれいです。

羽を広げた長さ:9~10㎝
幼虫の食べ物:柑橘類の葉
成虫の食べ物:花の蜜

叉割り込ませて頂きます。さようなら。

(文・写真/ニイニ)
[PR]
by babamiori | 2010-10-06 22:21 | ニイニ



ひょんなことから、南房総に8700坪の土地を手に入れてしまいました。平日は都心で建築ライター・コーディネーターとして働き、週末は南房総で野良仕事。ちょっとムリして始めてみた二重生活ですが、気付けば主客転倒で、どっちがメインの住まいかわからなくなっています。田舎暮らしの衝撃と感動、苦悩と快感をそのまま綴ります。 ニイニ中3、ポチン5年、マメ1年。

by babamiori
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
フォロー中のブログ
古今東西風俗散歩(移転し...
妄想ファミリー、房総に住む!
amane
土橋陽子の design...
カテゴリ
全体
田舎暮らしのこと
週末の出来事
南房総のこと
食べ物のこと
東京にて
生き物について
ニイニ
建築について
お知らせ
産後について


未分類
タグ
以前の記事
2017年 01月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
検索
最新のトラックバック
地元で獲れた地魚寿司です..
from 出張先
山越うどんのかまたま山が..
from 口コミ情報ライフ
草を刈る人、、国土交通省..
from 背面飛行がとまらない
スイマーバ
from スイマーバ
亜麻仁油 効果/効能
from 亜麻仁油 効果/効能
レンジで簡単!!たまごっ..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
カビ防止・カビ対策で防カ..
from カビ防止・カビ対策で防カビ快..
貸し別荘コテージレンタル..
from 貸し別荘コテージレンタル情報..
家電製品家具レンタルリー..
from 家電製品家具レンタルリース情..
手作りジンジャーエール
from From a smallto..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧