<   2008年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ツクシを食らう意味。
この季節の南房総は、週末ごとに風景も生き物も空気の匂いもどんどんかわるので、書きたいことがありすぎて死にそうです。
とりあえず、以前予告したツクシのことから着手します。

う~ん春って最高、と景色を眺めているだけでは、ツクシはほぼ目に入ってきません。
背丈も低いし、色も地味くさい婆シャツ色だし、群生しているわけでもない。
でも、何かのタイミングで1本ぱっと目に入ると「あ、ツクシ!」「あ、こっちにも!」とどんどんどんどん見えてくるから不思議です。
b0128954_1432212.jpg


ぽそっと立ち尽くしているその姿は、無口な風情でキュート。
はじめはカワイイ~なんて言いながら写真とったりしているんだけれど、そのうち「これだけ生えていれば今晩の一品になるな・・・」なんてことを企みはじめ、試しにぶち、ぶち、と数本採れば、もう止まらない!こどもたちも動員して、ツクシ狩りとあいなりました。
採りだすと妙にサディスティックな気持ちになって、「このいたいけなツクシらを一網打尽にしてやる~」と血眼になってしまったりして。

妊婦のわたしにはちょっとキビシイ姿勢なのですが、うんと背を縮めて地上1mくらいの目線になると、さらによく見つかります。
ちなみに娘のポチン(3歳)は身長93cm。虫や山菜やらをいつもやたらと見つけるので、特殊な採集能力かなんかがあるのかと思っていたけれど、単に、目玉の位置が大人より地面に近いからだったんですね~。彼女は無慈悲なハンターで、自分の目でスキャニングしたツクシは1本残らず採っていました。(茎がおいしいから根元からとってね!と言っても3秒後には忘れて頭の部分だけブチブチちぎりとる。)
b0128954_14334921.jpg

また、息子のニイニ(7歳)は自他共に認める‘採集したものを食べるフェチ’なので、取り憑かれたように真剣に探しまわり、途中で「手に持ちきれないから袋とってくるー!」と家までコンビニ袋をとりに戻り、結局1段目の畑にあるツクシをあらかた採ってしまいました。
b0128954_14342892.jpg


採ったツクシを食べるためには、ひと手間かけます。
まずは、しょぼくれた老ツクシ(つまり、頭の部分がかさかさに開いてしまい胞子が出尽くしてしまったもの)は選り分けて、サヨナラします。こういうのはそもそも採らないほうがいいんだけど、ニイニやポチンは採集時に、それを選択するほどの心の余裕がないので、老いも若きも全部採ってしまうんです。
(ちなみに、美味しいツクシは頭が開いていなくて適度に硬いもの。茎にも水気があるため、抜くときに‘ずいぃっ’と手ごたえがあって、気持ちいいです。)

次は最もはずせない工程である、ハカマ取り。茎の途中にあるハカマを丁寧にむしって取り除きます。ばりばりっと雑に剥くと茎が途中で折れてしまうので、慎重にね。ニイニはほぼ全部折ってしまっていましたが、まあ口に入れば一緒だし・・・と大目に見てやりました。
b0128954_14354746.jpg

別にとりたてて大変な作業ではないのですが、爪の間が真っ黒になるよ。お風呂に入った後でも黒いです。わたしはネイルアートを施すような優雅な指先をしていないのでかまいませんが、こういう作業は、女性の見かけを超越する存在となった「母ちゃん」や「婆ちゃん」のお仕事なのかもね。
ただもし、『爪が黒くなってもツクシ料理を作ってくれるような君が好きだ』という男性が世の中に増えれば、あるいはそんなこともないんだろうけど。

こうしてできたハカマなしツクシはよく洗い、5分ほど湯がいてアク抜きします。アクは緑色、ツクシの胞子が溶けた色だそうな。
お湯を切って軽く炒り、少量の油と醤油、味醂などで煮含めたらもう、「ツクシの佃煮」のできあがり。超カンタン。天ぷらとかおひたしにしても美味だそうですよ。
にしても、大きめのコンビニ袋いっっっぱいくらいは採ったはずなのに、結局できあがりは、この量。小鉢に1杯だけ・・・
b0128954_14362440.jpg


食べると、ほろ苦くてふわっと春の青い風味が広がって、けっこうイケます。ちょっと濃い目に味付けしたので、ご飯のお共にしてもいいかんじで。
ニイニは粋がって「うん、ウマイ!食える食える。」と、勢いよくひと口ふた口食べていました。(そのあとすぐにお刺身を口に入れてたから、苦みを我慢してムリをした可能性大。)
ポチンは「これ、さっきとったツクシだよね!」ととびきりの笑顔で嬉しそうに口に運びましたが、入れるや否や「オエ~~、にが~~」と顔をぐしゃりと歪ませて吐き出してしまいました。こどもには難しい味なのかもなあ。
でも、夫とわたしが、
「これは春が来たら一度は食べたいものだよな」
「ホント。ふきのとうと同じで、なんともいえないシアワセな味だね」
「しかも花粉症にかなり効くらしいよ~」
などと言いながら楽しそうにつまんでいるのを見ていたこどもたちは、
「ママ、明日は下の畑のツクシを採ろうよ!」
「とるとる!またとる!」
と言い出しました。自分はおいしくなくても、‘採って食べる’ってこと自体がワクワクするんでしょうね。まあ、気持ちはよく分かる。春が来た喜びを誰よりも強く感じちゃってるもんね~、みたいな気分になるし。

あ、正直に申しまして、
わたしにとってもツクシって「春に一度」くらいでいいかな・・・って味です。
へへへへへ。
でも来年も絶対食べるんだ!
[PR]
by babamiori | 2008-03-31 20:20 | 田舎暮らしのこと
究極は、桜よりゲロゲロ。
今、家の窓から、公園の桜がこぼれ落ちんばかりにほこほこ咲き誇っているのが見えます。
(ちなみに、まだ週末ではないので、東京の家にいます)
ああきれい。月並みにシアワセを感じますね。
桜の花って、お布団の中綿みたいであったかそうだし。

でも実は、桜の匂いだけには、複雑な感情を抱いているんです。
今まで生きてきて誰とも共有できないでいるんですが・・・
わたし、桜の花ってどうしても‘たくあん’の匂いがする気がするのです。
「ね、たくあんのにおいしない?」
と毎年のように誰彼かまわず聞くのですが、
「しないよ」と却下されたことしかない。それでも一縷の望みをかけて、
「高級なたくあんじゃなくてさあ、黄色4号とかが使ってあるまっ黄色で甘酸っぱい人工的なやつの匂いだよ。あの、ちょっとトイレっぽい匂いのやつだよ」
と丁寧に説明をつけて同意を求めてみても、
「それってそのへんの公衆便所の匂いじゃないの」と相手にされずに終わってしまいます。
そういわれるたびに、‘おまえの鼻は狂っている’と言われているような気がしてがっかりします。(まあ、実際そうなのかもな・・・)

そして昨日、こども達と公園の夜桜を見にいった時に、今年もちゃんとはっきり嗅ぎました。
気のせいなんかじゃない、今年もたくあん臭でしたよ。
で、すぐに、
「ママさあ、たくあんの匂いがすると思うんだけど」
と隣を歩くこどもたちに聞いてみましたが、
「ぜんぜんしないよ」「ママ、変。」と言われました。
・・・もし、この感覚を共有できるヒトがいたら、どんなにか嬉しかろう!
誰かいないですかね。

ところで、東京では、桜を愛でねば春じゃねえっ!くらいの勢いですが、わがセカンドハウスのある南房総の三芳村(正確には「旧三芳村」。市町村合併でこの名前はなくなり、地域の通称として残るのみ)では桜の花って見ないんですよね。菜の花畑はすごいけどね。
あ、梅はあるんです。うちにだって立派なやつが4本もある。
はじめはすごーく不思議だったのですが、よく考えれば菜の花も梅も「食べられる植物」。
菜の花は今が旬で、それこそ近所の方からも頂くし、道の駅にもスーパーにも二束三文で溢れかえっています。
(ちなみに「富楽里とみやま」という道の駅ではこの季節、‘菜の花寿司’が売られます。単なる菜の花と鰹節の海苔巻きなんだけど、酢飯とあっててかーなーり美味なんだこれが!)
梅も実がごろごろとれるしなあ。
言うまでもなく、桜はたべられません。房総はやっぱり、花より団子かね。
まあ、というよりも、非実用的なものをわざわざ植えなくても、事足りているという感じかな~。だって、薄緑に光るフキノトウの芽も、田植えの前の水を張った田んぼも、カエルのお出ましも、道端のそこここにひっそり咲くスミレも、そのひとつひとつが桜に匹敵するくらい強く春の訪れを思わせてくれるのです。その存在に気付くと、あーーーここに春みっけ!!と叫んでしまうくらい。
b0128954_116165.jpg


b0128954_12542736.jpg


桜がなくてもぜんぜん寂しくないですね。
わたしは個人的にカエルが好きなので、畑で初ゲロゲロが聞こえると、今年もまた逢えたねって、胸がキュンとなります。(そういえば今年の初ゲロゲロは、先週末でした)

・・・実は、この土地に初めて訪れたのは、おととしの4月のこと。丁度そのとき、畑にかわいいカエルどもがたくさんいて、不動産屋さんと一緒に歩く足元で、そこらじゅうぴょこたんぴょこたん跳ねていました。やーかわいい!と、この土地に対してとってもいい印象を持った記憶があります。(この土地じゃなくても、田畑ならどこにでもいるんでしょうけどね)
桜の花がもたらすシアワセ感もすごいと思うけど、どっちのほうがより強烈にシアワセか、と誰かに詰め寄られたとしたら、わたしは「え~~、カエルがたくさんいるほうです~~」と答えてしまいそう。
ま、この感覚は、別に他のヒトと共有しようとは思っていませんが。ひとりでワッペンみたいにカエルくっつけて歩いているだけで充分満たされますから。
b0128954_17171221.jpg

[PR]
by babamiori | 2008-03-28 17:25 | 南房総のこと
2度目の春
東京在住、そして南房総にも在住の、Mioriです。
生まれも育ちも今の家も、東京都心。死ぬまでこのへんで生活すると思っていました。
ところが、植物蒐集・栽培・研究マニアの夫が「家に植物を置く場所がない!植物広いビニルハウスが欲しい!」と駄々をこねたことが引き金となり、未知の南房総に広大な土地を買い、‘畑付き民家’をセカンドハウスとして持つ人生を歩み始めることに。
(これまでの紆余曲折は、
「ボクのママはいつか地主」http://www.realtokyoescape.jp/tochiba
でご覧になれます)

そして今、南房総の三芳村にて2度目の春を迎えています。

 いちめんのなのはな いちめんのなのはな いちめんのなのはな

南房総はどこもホントにそんな風景です。さわやかな黄色い風が吹き抜けて、鼻の穴の中まで黄色くなりそう。(ってイメージ悪い?)
でも菜の花って新緑にちょっとだけ先駆けて咲くんですよね。周囲はまだ、冬の名残の色味でしょ?摘んだ菜の花の色が蛍光イエローみたいに浮いて見えます。
b0128954_17214583.jpg

それから、妙にかわいいのがツクシ。見つけると嬉しいんですよね。しかも美味しい。この話は、またこんど書きます。
暑くも寒くもない、そして雑草もまだそんなに生えていないこの季節が、房総の天国かもしれません。ああまだ火曜日。早く週末にならないかな〜。
[PR]
by babamiori | 2008-03-25 17:21 | 南房総のこと



ひょんなことから、南房総に8700坪の土地を手に入れてしまいました。平日は都心で建築ライター・コーディネーターとして働き、週末は南房総で野良仕事。ちょっとムリして始めてみた二重生活ですが、気付けば主客転倒で、どっちがメインの住まいかわからなくなっています。田舎暮らしの衝撃と感動、苦悩と快感をそのまま綴ります。 ニイニ中3、ポチン5年、マメ1年。

by babamiori
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
フォロー中のブログ
古今東西風俗散歩(町並み...
妄想ファミリー、房総に住む!
amane
土橋陽子の design...
カテゴリ
全体
田舎暮らしのこと
週末の出来事
南房総のこと
食べ物のこと
東京にて
生き物について
ニイニ
建築について
お知らせ
産後について


未分類
タグ
以前の記事
2017年 01月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
検索
最新のトラックバック
地元で獲れた地魚寿司です..
from 出張先
山越うどんのかまたま山が..
from 口コミ情報ライフ
草を刈る人、、国土交通省..
from 背面飛行がとまらない
スイマーバ
from スイマーバ
亜麻仁油 効果/効能
from 亜麻仁油 効果/効能
レンジで簡単!!たまごっ..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
カビ防止・カビ対策で防カ..
from カビ防止・カビ対策で防カビ快..
貸し別荘コテージレンタル..
from 貸し別荘コテージレンタル情報..
家電製品家具レンタルリー..
from 家電製品家具レンタルリース情..
手作りジンジャーエール
from From a smallto..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧