<   2010年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
見えざる畑。
・・・こんなんなっちゃったら、、やっぱりダメでしょ?
「いんにゃ。なーんとも!」


・・・でもこれですよ?レース以下でしょ?すでに光合成してないもん。
「ぜーんぜん!!問題ないって。大丈夫だって」


・・・ホントに?こんなんですけど。 


b0128954_17302890.jpg

枯れてますけど?


それでも私達の不安に反し、N田さんの見立ては正しかった。

掘ってびっくり!丸々太ったキタアカリ、豊作です。

b0128954_1731950.jpg

とにかく掘ればざっくざく。
しかも今年は出来がよくて、ニイニの手ほどもある大きなイモがごろごろ出てきました。

いやしかし、掘るのは難儀だった。
地上部が朽ちてなくなっちゃったためどこを掘っていいか分からないのです。
もちろん原因はこの方達。
b0128954_17305433.jpg

キラキラしたこのカワイイ卵はやがてカメムシさんとなり、雑草を食べずにジャガイモの葉をもりもり食してくださるわけです。
カメムシさんだけではなくニジュウヤホシテントウさんもバリバリ喰っているらしい。
ジャガイモを掘れば一緒にたーくさん出てきますから。

掘るのが難儀なのには、もうひとつワケがあり。
先日突然、40手前にして腰のイタい人間になってしまったわたしは、今までみたいに怪力に任せて重い荷物をがつがつ運んだり鍬を振り回すことが困難になり、這いつくばってシャベルで掘るという情けない状態に。昔からその名字のせいで「ばーちゃん」とか「ばんば」とか年寄りじみたあだ名がついていましたが、いよいよ本当の婆ちゃんになってしまいました。
(原因は、背骨が反り気味の姿勢と長年の不均衡な加重のせいですって。子供を左で抱っこして家事をすること10年・・・とうとうキタか)

見かねたポチンがめずらしく女房役を買って出てくれました。
b0128954_17304363.jpg

これを畑と言っていいのだろうか?
わたしは雑草を育てているのだろうか?

手前のモシャモシャの雑草は、それっ!と草刈り機で一網打尽にしてはなりません。
なぜならばその中に、雑草然とした様相のショウガの葉っぱがちびっと混じっているから。
これ、以前夫がトラクターで耕してしまったショウガをブチブチ文句言いながら植え直した起死回生ショウガで、なんとか健気に育ってきているのです。

つまり、草刈り鎌を手に、またまた這いつくばって、じくじくじくじく刈り取りゃならん。


ちなみに、奥にすっくと葉をのばしているのはサトイモです。
その奥に後植えのショウガ畑、サツマイモ畑も広がっているはず。
前回はいちおう土の部分が見えてたけど、、果たして、今週末の時点で、まだ畑でいてくれているだろうか?


・・・・・・うーむ。
まさにインビジブルフィールド。
[PR]
by babamiori | 2010-07-29 17:46 | 週末の出来事
クサい花の報告。
いくら忙しかろうと、クソ暑かろうと、どうしても立ち会わねばならないことが、人生まれにあります。

37度などという凶器のような熱射にさらさることが分かっていようとも、その場で確かめねば一生後悔する・・・と思えば、万難を排して行くわけです。

何が確かめたいかと言えば、それはもうただひとつだけ。
「どんだけクサいのか?」

腐った肉の臭いがする植物なら我が家にもいくつかありますが、あれだけ巨大な花なら、オエーーークセーーーッッッ!!となるんじゃないか、と。
炎天下の中でその腐肉の臭いを嗅いで、卒倒しそうになったり、気分が悪くなってトイレに駆け込みそうになったりしたら、それはもう、一生の記憶に残る素晴らしい体験になるに違いありません。「この臭いに、シデムシが寄ってくるのか・・・」と身をもって知ることで、人生がより豊かになるに違いありません。

そもそもは「ニイニのために見せに行ってやるよ」と恩着せがましく言っていたのですが、開花を待つうちにニイニは合宿でいなくなってしまい、やむを得ずわたしの欲望が露出した次第。
「こんなに暑いのに?わざわざ行くわけ?ばかだねー」「他にやることあるでしょ?」「そんな花見てどうすんの?」と言われようとも、見に行って感動してしまえばこっちのもの。「いや~やっぱり嗅ぎに行く価値あったでしょうこれは」と鼻高々に言えば、わたしの勝利です。


あぢーあぢーと文句言いながらもキラキラした期待を胸に、いざ、小石川植物園へ!!!

b0128954_1194526.jpg


やっぱり混んでるなー。
実家の近くなので小さいころから何度も行っていましたが、この植物園が混むなんて今までいちども見たことがない。
さすが、世界一大きくてクサい花、ショクダイオオコンニャク!
期待感は一気に高まります。

でもなぜか、なんかみんな、行こうとしないで帰ろうとしているぞ。
そしてなぜか、警察が来ている。
しかもなぜか、消防車までやってきた・・・熱中症で倒れたヒトがいたのかしら?
それとも花から強烈なメタンガスかなんか出て中毒者続出?

「んだってこっちは、とーくからわざわざ来てるんだからよう。そらないでしょあんた」
「いやでも、これ以上お待ちいただいても、この暑さなのであぶないですよ」
「そんなこと大きなお世話だ!!」

「ひでーな」

「明日もくる?」
「まさか!7時から並ぶなんてバカバカしい!」

「まったくどうしましょう」
「このへんでおいしいとこ探して入りましょうよ」

「あづいよ~ママ~~」
「ごめんねえ、ひどいわねえ」
「やだよう!あるきたくないよう!」
「でもしょうがないの!がんばって歩くしかないのよ!!」

・・・なんだなんだ???

人混みを掻き分け門までたどりつくと、
b0128954_119596.jpg

えーーー、入場制限?

クサい花をかいでみたいヒト、そんなにいるのか?
これじゃまるで、高齢者の多いディズニーランドだ。。
わざわざ行くヒトなんてそんなにいないだろと思っていた・・・甘かったか。
「どんだけクサい?」と寄ってくるヒトがこんなにいるとは。
みんなシデムシか?


にしてもあぢーー。あぢすぎる。
何分くらい待たされるんだろう?

門にへばりついているヒトの隙間に滑り込み、中を見ると、
b0128954_11111634.jpg


・・・しゅ、しゅうりょう?
まだ13時だぞ?
もう入れないの???

「あのー、どうして入れないんですか?」
警察官に聞いてみる。
「それはこちらでは分からないんで、園の中で聞いてください」

・・・って中に入れてよじゃあ!!


結局、わたしの見た花は、これですよ。
b0128954_1110453.jpg

みーんなこの看板、写メしてました。。
「せっかく来たんだけどさ!」という証拠を残すだけという無意味な行為。

門のところで、フン、フン、フンと一生懸命、漂ってくるかもしれないクサい臭いを感じようとしているおじいさんがいました。
失笑しつつも、もしや?と自分もクンクン嗅いでみましたが、人いきれの臭いしかせず。。
あーあ、どんだけクサかったのかなあ・・・
次に咲くときはわたし、アラ還だわなあ・・・


がっくりしながら帰る道すがら。
渋滞ドハマり。
壮大な時間の無駄にがっくりきながらテレビをつけると、やってました。

b0128954_11113246.jpg


そうそう!!で、で、で、混んでて入れないヒトがいーっぱいいたっていう話題は???

「・・・19年ぶりに咲いて、みんなにクサいクサいって言われる花がかわいそうですね^^
 はい、では次です」

え?
以上?
入園できなかったわたしたちの悔しさなんて、ワイドショーの話題の価値すらない、と?


徒労感で一気に老けた、真夏の昼下がりでした。

おそまつさまで悪かったね。
[PR]
by babamiori | 2010-07-25 11:22 | 東京にて
嫁にはやらん。
ついこの間仕込んだばかりなのに、こんなに大きくなって。
感無量です。
b0128954_1759348.jpg


・・・おーっとと。
あまりに似ててウッカリ間違えやした。こっちのコトだ。
b0128954_2226599.jpg


生まれた時はマメだったのに、今やイモと見紛うほど大きく成長しました。
「あっ」という間もないほどすぐに、マメ、2しゃいです。
b0128954_17594410.jpg


ニイニとポチンの間にごにょごにょ割り込んできて「ニイニ、どきなしゃい!」「ポチンちゃん、あっちいってくだしゃい!」とふたりを蹴散らしてママの膝をゲットする生命力の持ち主であり、「まっあーまっ。だっこっしてー。だっこっしてー。だっこっしてー。まってっるよ-。まってっるよー。じゅーっとじゅーっとまってっるよー」と妙なふしまわしの創作歌を歌い続け「ゴメン今日はママ、ギックリ腰でね。イタイイタイなの。だっこはできないのよ」と丁重にお断りしても「だいじょーぶよ!ママ、いたくないよ!ぜんぜんだいじょーぶ!だっこだいじょーぶ!がんばーれ!」としつこく励ましてくるタフネゴシエーターでありますが、何を言ってもまだまだ、ママから生えているようなだっこ虫の分際です。

寝相も1年前と変わらず。
b0128954_18032.jpg


やることの大半が、人生初体験。
b0128954_1802723.jpg


着るものの大半が、お下がり。
b0128954_1804772.jpg


在りし日の義祖母は「餅と子供は3つまで」とよく言っていました。
3歳までに、子供は一生分の親孝行をする、とも。
そんなこたーない。いくつになってもカワイイよ言いたいところですが、「やっばいほどカワイイ」のはやはりこの時期だけだよなというのが正直なところ。


だからついつい、時間よ止まれ!と言いたくなる。

b0128954_182278.jpg



イモからハナになっていく、マメであります。
[PR]
by babamiori | 2010-07-19 18:03 | 生き物について
一線を越える。
畑の師匠N田さんのこと見てて、つねづね、いーなーと思っていたものがありました。

それはまだまだわたしなんかの分際で手を出してはいけない、と、ずっと思っていました。

ホームセンターに行くたびに、高いものではないし買ってしまうかなと逡巡しては、「まだ畏れ多い」と棚に戻したり。もう一度、手に取ったり。春頃からうじうじ。

b0128954_10241412.jpg


でもとうとう、思いあまって買ってしまいやした!
似合うかね?

b0128954_10263857.jpg



あー、もっと早くから使えばよかったよ。
これさえあれば、斜面やぬかるみでも、長靴の中で足がヨレずふんばりがきくぞ。
どこでも素足感覚で足の裏に力が入る。
惜しむらくは、昼寝から起きてしまったマメが家で泣き始めたのを聞きつけたとき、「はいはい!」と靴を脱ぎ捨てて室内に入ることができず、片足につき12枚もついているこはぜ(金属のホック)をいちいちぜーんぶはずさなきゃならなくて、その間にマメの機嫌が指数関数的に悪くなることくらいかな。

うーむ。

あとはチェーンソーだな。
ゼノアの「こがるmini」さえあれば、ある程度はじぶんで山を整理できるぞ!


「ママー、サンダル履くなら、お爪に色つけた方がいいよ」
そ、そうかなあ?
地下足袋に萌えてる場合じゃないかなあ?

「手もおばあさんみたいでやだ。伸ばしてキラキラつけてよ!」
・・・ママ、ネイルアートには程遠い人生になってきたよポチン。
ごめんねこんなママで。よよ。
[PR]
by babamiori | 2010-07-13 10:26 | 田舎暮らしのこと
過失致死ショウガ
ちょうど2ヶ月前になりますかね。

そうそう、あれは記念すべき日でもありました。
草むらからキジの卵が出てきて大騒ぎした、あの日です。

わたしはあの日、あの時、せっせせっせとショウガの種芋を植えていたのでした。去年大成功だったショウガに気を良くし、今年はもっといっぱい収穫して、また自家製ジンジャーエールをどっさりこしらえよう、と胸を膨らませてね。

GWの真っ只中でした。
海外で羽を伸ばすでもなく、温泉で骨を休めるでもなく、ただひたすら丸々と太ったショウガを収穫する日を夢見て、おいしいジンジャーエールをつくる日を夢見て、畑で汗みどろになって黙々と作業するわたし。
b0128954_17111327.jpg

この写真を撮ったのは、夫。
「精が出るな」と笑いながら。

これから植えようとしているショウガの種芋の、むっちりと可能性を孕んだ姿も、夫は同時に撮影していました。
b0128954_17112421.jpg

畑仕事に精を出す真面目で禁欲的で健気な妻への思いやり、あるいは夫自身のショウガへの期待もこもった写真に見えます。

見えますよねえ?

しかも、こんな写真撮ってたら、わたしがショウガを植えていて、わたしがショウガを愛していて、わたしがショウガに夢を膨らませていて、というか本当は、優雅な優雅な、台所にいちども立たないような、リラックス&コンフォート&ビューティ的連休を味わいたいものだと深層心理では願っているけれども田舎暮らしに二股掛けた人生になっちまってるもんだから野菜の植え付け時期に畑をほっぽり出すわけにいかず「ショウガが楽しみ!という私」ということにして日々頑張ってる、ということくらい、分かるはずですよね?


それがこうよ。

b0128954_17104651.jpg


いやあ、ありがとう夫。
トラクターで畑、耕してくれたんだね。
ジャガイモ畑んとこはよけて。

って、ジャガイモ畑の隣は、ショウガ畑だぞ?
なんかフレッシュに茶色くないか?
まさか、トラクターで耕してないよね?
知ってるよねそこ、ショウガ畑だってこと。
わたしが頑張って植えてたってこと。
ショウガは芽が出るのが遅いけど、まさか植物に詳しいあなたが「芽の出てないところは何も植えてないところ」なんて保育園児みたいに軽率な判断、しないよね?

だって、写真も撮ってたもんね?

「え??知らなかったよー。そんなの言ってくれなきゃ、わかんねーよ。ジャガイモは芽が出てたから避けたけど、あとは何にも植えてないと思っちゃったよ。だって、だって、ショウガ植えたのずいぶん前だろ?どこに植えたかなんて、、、覚えてないよ!」


あ、あ、あ、ありえない。。

たった1ヶ月前のことだぞ?
あなた脳味噌はどうなっているんだ?
海馬は存在するのか?


畑に近寄って見ると、白い芽がやっと芽吹いてきて、これから地上にぐいーんと頭を突き出そうとしているいたいけなショウガの種芋が、そのへんにグジャグジャのバラバラになって、放り出されていました。

あまりの怒りに、眼圧が変わって視界がゆがむわたし。。

その形相にビビって、謝ることもままならず、ひたすら言い訳しながらもオドオドの夫。。

「も、も、もう、もう知らん!!!!」

そのまま言い合いになったら確実にDV妻になってしまいそうだったので、えーんと泣き始めたマメを小脇に抱え、どすどすと地団駄のように足を踏みならしながら歩いて、その場を去りました。


ちきしょー、ちきしょー・・・

ひどすぎる、あまりに無頓着すぎる・・・

ぜったいにゆるさん。

ニイニとポチンが「ママ、どうしたの?」とおそるおそる尋ねるので「パパが、ママのだいーじなだいーーーじなショウガをほじくりかえしたのよ!トラクターで!!」と吐き捨てるように言うと「ひど~い・・・」と小さな声で同調してくれたあと、わたしの剣幕にしーんとしてしまいました。

もー許さん、一生許さん、わたしのショウガを返せ!と悪態をつきながら、ちきしょー、ちきしょー、とそのあたりに生えていた若竹や笹を、力まかせにへし折っていきました。

「ママー、手伝うよー」

何となく集まってきたこどもたちと、「パパひどいよねー」「しんじらんない!」と言いながら、道端の竹掃除へと発展。いつもはだらだら言うことをきかないニイニが手鋸まで持ってきて手際よく竹刈りし、ポチンはそれをせっせと運ぶという連携プレー。
ママの様子に生命の危機でも感じたのでしょうか。

ふと見ると、こっちをちら、ちら、と見ながら、引き続きトラクターで畑を耕し続けるしょんぼり風味の夫が見えました。

まあ、、畑はわたしの部門だし、手伝ってくれてる中での落ち度だからなあ・・・

わたしもオトナになったもので、怒って直接対決せず、自分で自分の感情をコントロールすることができるようになってきたかも。そういえば土地探しのときは、えらいバトルでお互い血を見たなあ・・・



後日。

「かくかくしかじかで、ショウガがなくなっちゃったんですー」と、畑の師匠のN田さんにこぼすと、「まだ植え付け間に合いますって」と、N田家製の種芋をもってきてくださいました。
ちょっと時期はずれですが、「どうか、これだけは、大きくなりますように」と願いをこめて植え付けました。
肥料係はマメ。
鶏糞ペレット(けっこう臭う)を素手でつかんで、ぱらぱらぱら~
b0128954_17132583.jpg


「もうね、離婚の危機かと思いましたよ」とN田さんに話すと「そんなんで離婚しちゃダメですよ!」と一応なだめつつも「いやでも、ざんーーーーねんだった気持ちは分かるけどね。そりゃあ、スゴーーーくよく分かりますよ」と、激しく同感してくれました。

そうでしょ?そうですよね?!とまたまた怒りが再燃。

ショウガ畑が再び立ち上がって一件落着の後、「あのときのパパは、ひどかったね。自分がされたらめちゃめちゃ怒るようなことを、しちゃったんだよ。ねえ、どう思ってる?」とこどもたちに聞かれた夫は、「まあ、、悪いことをしたと思わないでもないな」と不遜な言い方をし、それでまたまた全身の血液が沸騰。

でもねえ、怒りの感情は溜めちゃいけないんです。
女の怒りは溜めると恨みに変わり、それが何年経っても自然消滅することなく、変質してドロドロの石油となり、よくわからないタイミングで突然噴出してメラメラメラメラと燃え上がり、辺りを焼き尽くしてしまうことがあるからね。

う~ら~め~し~や~~~
[PR]
by babamiori | 2010-07-08 17:27 | 週末の出来事



ひょんなことから、南房総に8700坪の土地を手に入れてしまいました。平日は都心で建築ライター・コーディネーターとして働き、週末は南房総で野良仕事。ちょっとムリして始めてみた二重生活ですが、気付けば主客転倒で、どっちがメインの住まいかわからなくなっています。田舎暮らしの衝撃と感動、苦悩と快感をそのまま綴ります。 ニイニ中3、ポチン5年、マメ1年。

by babamiori
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
フォロー中のブログ
古今東西風俗散歩(町並み...
妄想ファミリー、房総に住む!
amane
土橋陽子の design...
カテゴリ
全体
田舎暮らしのこと
週末の出来事
南房総のこと
食べ物のこと
東京にて
生き物について
ニイニ
建築について
お知らせ
産後について


未分類
タグ
以前の記事
2017年 01月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
検索
最新のトラックバック
地元で獲れた地魚寿司です..
from 出張先
山越うどんのかまたま山が..
from 口コミ情報ライフ
草を刈る人、、国土交通省..
from 背面飛行がとまらない
スイマーバ
from スイマーバ
亜麻仁油 効果/効能
from 亜麻仁油 効果/効能
レンジで簡単!!たまごっ..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
カビ防止・カビ対策で防カ..
from カビ防止・カビ対策で防カビ快..
貸し別荘コテージレンタル..
from 貸し別荘コテージレンタル情報..
家電製品家具レンタルリー..
from 家電製品家具レンタルリース情..
手作りジンジャーエール
from From a smallto..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧