<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
変わらないもの。育ちゆくもの。
世の喧噪など意に介さず、生まれるものは生まれ、育つものは育つ。
そんな、変わらないモノと接する時間の大切さが、ひときわ強く感じられる昨今。

b0128954_1714282.jpg


茶色く濁った不気味な煮こごりのような卵のうの中で、すでにビクンビクンと動いているサンショウウオ。今年もいつもと同じところに、いました。
これを「キャーかわいい~~」と思うかどうかは、かなり個人差があるわな。
ニイニやわたしはある意味狂っているので、胎児のエコー写真を愛でるように見るわけだ。

サンショウウオは、水たまりの中の枝や石などに卵のうを産み付ける習性があります。
拾い上げれば、一目瞭然。
見事に串刺しになってます。

b0128954_17144579.jpg


例年は水たまりに卵がいくつもボヨボヨ浮かんでいるのに、今年はこの1対しか見あたらず。
3月になっても気温の低い日が続いたからかなあ・・・
「アーこれ持って帰って飼いてぇ」とつぶやくニイニに「今年はダーメ!」と申し渡し、その場にそおっと戻しておきました。
3年前の春、初めてであった卵のうを持って帰って孵化させましたが、あれはわたしが妊婦で暇だったからできた業だということを忘れないでもらいたいね。全長2㎝くらいの幼生に、スポイトで、生きたイトミミズを1匹ずつ食べさせて育てたんだぞ?生きたイトミミズなんて滅多に売ってなくて、遠くのデパートの屋上とかまで買い付けに行ったりしたんだぞ?(ま、好きでやってんだけど。)

いいよいいよ、こんどはヘビつかまえて飼うもんねーだ、そんでもってママには誕生日にヤドクガエルをプレゼントしてやるよーだと本気なのか嫌がらせなのか(たぶん本気)ぶつぶつぶらぶらぶらつくニイニに、落ちている竹を意味なく振り回して遊ぶポチンとマメ。

b0128954_171574.jpg


春の日差しの中の、どってことない、メリハリもない、単なる野遊び。
土の匂いのたちのぼる畑に、しんしんと過ぎる時間が沁み入る、静かなひととき。

これが、こどもたちにとってもわたしにとっても、どれだけ安らげたか。

三芳村の空気を吸うとリフレッシュするなあという感覚は今までもありましたが、こんなに明確に「癒されている」と感じたのは、たぶん初めて。
痛むところに手を当ててもらったように楽になる実感に、思わず、長いため息をつきました。
そして、どこかにものすごく力が入り続けている生活だったのだと気付きました。

今日は暖かかったから、今頃もう、孵化しているかな。
あのボヨボヨした卵のうの感触は、わたしの心に定点をつくっているようです。


もうひとつ、我が家で育ちゆくもの。
地震の翌日に予定されていた卒園式が延期となり、ようやく本番を向かえた先週。
ポチンは、6年間お世話になった保育園を、巣立ちました。

b0128954_1715223.jpg


なにかあったらすぐに吹き飛んでしまいそうな「かそけき娘」と言われてきたポチンが、細い足でもしっかりした足取りで園長先生の前に進み、6年もの想い出の詰まった場所での「保育証書」を受け取りました。

まっすぐと前に進んでいく娘の健やかさを、誰に、感謝すればいいんだろう。

たぶん、この存在を守るために、生かされているんだなあ。
湧き出る馬鹿力や、大きすぎる不安、願い、何もかも、そのためのものなんだろうなあ。
こどもたちが少しでも遠くまで健やかに歩み続けられるよう、道をつくりつなぐアスファルトになってもいい。

そんなことを大まじめに思える1日でした。
この日だけは、わたしたちを取り巻くこの状況を忘れて、心のすべてでポチンをお祝いした次第です。
[PR]
by babamiori | 2011-03-29 17:23 | 週末の出来事
2週間後。
震災から、2週間が経ちました。
なんだか、時間の密度が妙なことになっている日々でした。

先週は、ニイニの誕生日でした。
どうにも落ち着かない中で、それでも奇跡的に家族が全員揃った夜で。
b0128954_17133278.jpg

みんなでケーキを食べる時間の、ありがたさ。
2桁になったニイニの肩を揺さぶり「日本の未来を背負う男になれ!」と激励しました。
ロウソクを消してもなお、節電で暗く寒い部屋で食べたローレルのケーキ。
変わらずおいしかったな・・・


これまで何度もブログに向かっても、どうしてもうまく綴れず失語症になっていました。
みなさんから、日本を再建する方向へと心を向かわせようという力強く前向きなコメントをたくさんいただいて、よし!と顔を前にあげてはみるものの、何にどう接続して、何を根拠として、がんばっていけばいいのか、定まらない感じがずっとしていました。
また以前のように、日常のささやかな出来事に目を向け伝えるところにすんなり戻れず。

「あー、日本の本当の姿を、見ちゃった」という衝撃を喰らった、余波が続いていたようです。

でも、ちょっと覚悟ができました。

目をつぶっていたことを、見ざるを得なくなった。
この際、しっかり見ようという覚悟。

地震、日本の半分を襲った。
津波、街ごと破壊した。
原発、安全じゃなかった。
電気、止まった。
水、汚染された。
生活、混乱した。

これ全部、あるはずがないということになってました。2週間前まで。
「いや~あるかもよ」と真剣に心配したら「そんな最悪な事態をいちいち考えてたら生活できないよ」と一蹴されてた。2週間前までは。

これから必要なのは、「もっともっと強いものを作る!」ことではない気がする。
誤解を恐れずに言うならば「失うことを、想定した生き方」なのではないかと思います。
誰もが、何もかもを失う可能性のある土地に住む、という自覚を持って。


ところで。
ニイニに「ママ、小学生の立場から、被災者支援って何が出来る?」と、聞かれました。

うーんボランティアもまだ無理だし、なけなしの貯金を寄附するくらいじゃない?と答えましたが、ちょっと考えて、ひとつ聞いてみました。
「被災者の家族と一緒に生活することになったら、協力する。ってできる?」

ニイニは「もちろんだよ」と、あっさり。

わたしとしては、重い決断だったんだがなあ。。
まずは三芳村の家を、被災者のホームステイ先として登録するということ。
需要があれば、被災したこどもを東京の家で受け入れることも。
わたしたちが今すぐ支援できる、数少ないことのひとつとして検討中です。
(リンクに「仮住まいの輪」追加しました)
[PR]
by babamiori | 2011-03-25 17:02 | 東京にて
震災。
まずは、今回の震災により被災なさった東北地方の方々に、心よりお見舞い申し上げます。

いつも読んでくださっている皆さまは、ご無事でしょうか?

地震の日は平日だったため、わたしたちは東京にいました。
それなりに恐ろしい思いをしたし、こどもたちも学校や保育園で怖い思いをしたようですが、今に引きずるような事態がない程度です。(あるとすれば、温室の植物たち・・・ドミノ倒しに。)

ニイニは、花粉症についてひーひー辛がる言葉が少なくなりました。
ポチンは、地震の翌日に予定されていた保育園の卒園式が延期したことに涙しました。
マメは、ママが立ち止まるごとに「よしん?」と聞きます。
また、節電で寝冷えして風邪をひきました。

三芳村の家には行けていないので、どうなっているか分かりません。
でも、地震の翌日に三芳村のお隣さんから電話があって伺ったところ、揺れも被害もさほどではなかったようなので、多分大丈夫だろうと思っています。


それなのに、何というか、ことばがうまく出ません。
頭の中が、まとまっていません。


「無事だった者たちは、日々を粛々と過ごしながら、節電と義援金で支援する」というのが最も妥当な過ごし方なのだと思いますが、どうもうまくいっていない。
見たところは元気だしいずれもこなしている気がするのですが、根底にどうしようもない無力感というか、脱力感があります。


たぶんそのひとつは、「粛々と生活する」ことへの理由なき抵抗感。
アフリカで飢えている子供がいることに心を痛めるといいながら日々を楽しく過ごせてしまっていた自分とは、ぜんぜん違う当事者感がある。同じ揺れを経験したからか。ある程度のところで想像を止めることがうまくできないみたい。
福島にご実家のある友人が「水を飲むのにも罪悪感を感じる」と言っていましたが、まさにそんなかんじです。
そんな自分を「無意味に落ち込むな、やるべきことをやるのが復興への貢献だよ」と相対化する機能も不調です。


被災者の方々に、この無力なわたしに何ができるのかと心を砕きながら、正直まだ呆然としています。ずーっとめまいが続いているみたいで。

わたしが価値としてきたものの多くの部分の胡乱さを見せつけられたような気もしています。


書き出せば頭も整理されるかと思ったけれど、どうもうまくいきません。
もうちょっとしゃんとしてから、出直します。
世界や、日本や、自分が、あの日を境にどう変わっていくのか、見定めたい。
[PR]
by babamiori | 2011-03-16 16:40 | 東京にて
ニイニのブログ④ 花粉症の恐怖
こんにちは。ニイニです。
久しぶりに割り込ませていただきます。

今年は、花粉凄いらしいですね。実は、僕も今年とうとう花粉症デビューしてしまいました。
目が充血して、痒くてかきまくったら周りが炎症をおこして、大変なことになってしまいました。勝手に涙があふれ出してきて、目の下が真っ赤で、疲れているわけでもないのにクマみたいなのが出来て、別人みたいでした。写真なんて撮りたくなかったので、写真がなくてすみません。
(その日の夜は痒くて眠れなくて、翌日学校でも、「ニイニじゃないみたい。目の下どうしたの?」と言われました。)

結局、3月7日は学校を遅刻して目医者さんにいって目薬と軟膏をもらいました。その薬がまた効いて、午後は結構良くなりました。市販の薬は一時的にしか良くならないけど、処方せんで出してもった薬はずっと効いて、違いに驚きました。
(全国の花粉症に悩む皆様。どうか受診はお早めに。)

花粉と言えば、房総の杉の色を思い出します。
今年は花粉が多いから杉の色がまっちゃだね、とN田さんとほんまるさんが話していました。
b0128954_20365762.jpg


コレは、房総でサイクリングしているときの写真です。まっちゃっちゃで、いかにも花粉の色というかんじです。

このときは花粉症の症状なんてでてなかったのに。今は、房総に行くのが、楽しみなのとコワいのと、両方です。どちらかというとコワくて行きたくない。

アア、いつか、杉の交配と人間の花粉症にならないこと、両立出来る日が来ると良いですね。
[PR]
by babamiori | 2011-03-08 20:42 | ニイニ
房総の春は移住したいほどウマい!
草が伸びようと、虫が出ようと、カビが生えようと、春が来るのは絶対嬉しい。
やっかいなこともあるけど、嬉しいことはその何十倍もあるもんな。
「フキノトウ嬉しい×1」=「草刈り面倒×30」くらいの比率かな。
(・・・いや、ウソだな。「フキノトウ嬉しい×1」=「草刈り面倒×0.7」だな実際は。。嬉しいからってやっかいさが減るわけじゃないもんな。。。)

365日たつと、それがさんじゅううん回目の経験であったとしても色褪せることなく感動できるわけで、1年って長さはよくできたものだなと思います。

南房総の春は、今年で5回目。
もうこどもたちは、いつ、どこに、何がどれくらい生えてくるのか知っている。
b0128954_13425076.jpg


「今週あたりからはセリが出てるよ、ママ」と、ニイニ。
b0128954_134379.jpg


知ってるよママだって。
地域の水路掃除に参加した朝、溝さらいしている足もとにあったもん。
b0128954_13432561.jpg


かじかんだ手にはめた革手袋をこっそりはずして、ぽきっと折って、口に入れたもん。

・・・せ~~り~~だ~~~

どうしようもなくいい風味。
あ~はるだ~~~おいち~~~と、作業の手を止めてぼんやり味わっていると、「慣れねえと疲れんべ。ゆっくりでいいかんな」と一緒に作業していたおじさんに心配されてしまいました。「おれらがやっから」って。
b0128954_13434493.jpg

やさしい・・・ありがとうございます!
でもなにはなくとも体力はあるんで^^

セリは「競り勝つ」に通じ、生命力が強く一箇所から群がって競り合いながら育つことからついた名前のようです。薬草としても重宝させていたらしい。以前は可食とはつゆ知らず、なんでもかんでもウィーーーンと刈って、干して燃やしてたなあ。

マメは、ママの腰ぎんちゃくでありながら独自の仕事をこなしてました。2さいの識別力をフル回転して雑草の中からふきのとうを探し出す。
「しってるよーマメちゃん。これがぁふきのとう!」
b0128954_1345357.jpg

コンビニ袋いっぱいのふきのとうを手にぶらさげて、「これぜぇーんぶマメちゃんのだから。ママのじゃなくて。とったのはーマメちゃんだからあ、ぜぇーんぶマメちゃんだけのだから」としつこく確認し、袋が重くなる快感でニタニタ。
ぜったい好きな味じゃないはずだけどね。

こうして採った山菜は、その場で食べるのが正しい!!と前回書いておきながら、野良仕事で慌ただしい房総の食卓には並ばず^^;東京に帰ってからゆっくり味わうことに。
ふきのとう、セリ、つくしの3点盛りです。
b0128954_13515233.jpg


今だから言いますが。
前回外で揚げたふきのとうは、実はさほど美味ではなかった…ごめんねみんな!
なぜなら、コックを気取ったニイニさんが油が熱されるのを待ちきれずに低温の状態で揚げ始め、じとーっとねっとりべっちょり揚げあがったから。噛めば油がじゅわわわっと染み出す出来映えでございました。
ちゃんと揚げればもうちょっと美味しいはずなのよ。

ニイニ、揚げ物は油の温度が勝負よ。わかった?
カリッと!!
b0128954_1352666.jpg


サクッと!!
b0128954_13523992.jpg


マメは、自分のとったふきのとうを囓り、衣のサクッに顔をほころばせた後、微妙な表情を浮かべ、迷った挙げ句咀嚼した薄緑のものをべろべろべろと口から出してました。アハハ、苦かろう。
大人にはたまらん味だけどね。ご飯もお酒も進んで、太る。

まだまだ残っているふきのとうは、刻んでアーリオ・オーリオにしていただくことに。
セリはおひたし、つくしは煮付けて豆腐にのっけて食べようかね。
しばらくは山菜中心のメニューがつづく我が家です。


そうそう、房総のスーパーでは今、魅力的な春の食材がいろいろ出始めています。
上記の「慌ただしい房総の食卓」に並んだのはコチラ。
b0128954_13525989.jpg


富浦産の「サバ子」。
白子みたいなものと一緒に入ってた。
生たらこと同じで、甘辛く煮付けるとコクがあってとてーも美味しい!しかも安いっ!

もうひとつは岩井産の「生わかめ」。
とんでもない量(お味噌汁の具にして20杯分くらい)でこのお値段。熱湯にくぐらせると、この茶色のわかめがさああああっっ!!と鮮やかな緑色に変わるのがたまらなく面白いです。コリコリの茎もとても美味しい。
日持ちせず、冷蔵庫に入れておいても数日でぬるぬるになってしまうので、無理やりわかめ三昧の食卓にするのを覚悟で購入。(うちの場合は家族が多いため2日で完食でした。)

こんなものがざくざくあるから、カンタンでも豊かな食事が可能なのよね。
だから春って、いっそ南房総に移住しちまいたいと思うんだよなあ・・・
[PR]
by babamiori | 2011-03-01 14:30 | 食べ物のこと



ひょんなことから、南房総に8700坪の土地を手に入れてしまいました。平日は都心で建築ライター・コーディネーターとして働き、週末は南房総で野良仕事。ちょっとムリして始めてみた二重生活ですが、気付けば主客転倒で、どっちがメインの住まいかわからなくなっています。田舎暮らしの衝撃と感動、苦悩と快感をそのまま綴ります。 ニイニ中3、ポチン5年、マメ1年。

by babamiori
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
フォロー中のブログ
古今東西風俗散歩(移転し...
妄想ファミリー、房総に住む!
amane
土橋陽子の design...
カテゴリ
全体
田舎暮らしのこと
週末の出来事
南房総のこと
食べ物のこと
東京にて
生き物について
ニイニ
建築について
お知らせ
産後について


未分類
タグ
以前の記事
2017年 01月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
検索
最新のトラックバック
地元で獲れた地魚寿司です..
from 出張先
山越うどんのかまたま山が..
from 口コミ情報ライフ
草を刈る人、、国土交通省..
from 背面飛行がとまらない
スイマーバ
from スイマーバ
亜麻仁油 効果/効能
from 亜麻仁油 効果/効能
レンジで簡単!!たまごっ..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
カビ防止・カビ対策で防カ..
from カビ防止・カビ対策で防カビ快..
貸し別荘コテージレンタル..
from 貸し別荘コテージレンタル情報..
家電製品家具レンタルリー..
from 家電製品家具レンタルリース情..
手作りジンジャーエール
from From a smallto..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧