<   2011年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
イメージとのギャップについて。
心惹かれるのはどんな男性?と聞かれたら、迷わず「見かけのイメージと中身にギャップがあるヒト」と答えますね、わたしは。
別に聞かれることなどないけど^^

たとえば、脳味噌まで筋肉に見えて実はフランス文学専攻だったり、線の細い草食系に見えて実はマグロの1本釣り漁師だったり、ごっつい顔してるのにケーキ職人だったり、女たらしの酒豪に見えて下戸だったり。

どんなパターンでもいいから期待を裏切ってほしい!

そういえば先日、原発の話題から放射線照射のジャガイモを使ったポテトチップスについて話が及んだとき「あーわたしポテチ大好きなのになあ・・・」とつぶやいたら、「えぇ?みおりさん、、ポテチ食べてるの?田舎暮らししてて無農薬野菜つくってて、こどもが3人もいて、食に対して神経質なんじゃなかったの?イメージと違う・・・」と驚かれました。
これはギャップといっても、ほぼ幻滅に近い反応だったなあ。ハハハ。

でも実際わたし、ポテチは大好きなんだよなあ~
毎日とは言わないけど、昨日も今日も食べてるなあ~
特に好きなのはフラポテトのハワイアンサワークリーム味。
あの味は麻薬だよなあ・・・
(そうか、こんどジャガイモ収穫したらじぶんでポテチつくればいいんだ!)


というわけで、最近、わたしの期待を大きく裏切ってくれたものの話をいくつか。

まずは三芳村の家のデッキ付近にある、甘夏です。
b0128954_17442835.jpg


地元では「かわの」と言われています。
(大分県の川野さんの畑で見つかった種類の甘夏だからという命名。)
これが、わりと季節を問わず、いつもたわわに実をつけているんです。
毎回、両手では抱えきれないくらい収穫できます。

そこで、農作業の疲れを癒す「かわのジュース」をつくることに。
市販のジュースを飲むたびに「濃縮還元ジュースじゃなくて、ストレートジュースが飲みたい!!と騒ぐニイニのために買った昔ながらのレモン絞り器で、大量の甘夏をぐりぐりぐり。
5人分のジュースをつくるのに、ずいぶんぐりぐりしたなあ!(夫が。)

そうしてできた、ストレートフレッシュ甘夏ジュースがこちら!
b0128954_1745269.jpg


ん~!本当に美しい橙色。
透明感のあるきりりとシャープな甘夏の香りが、鼻孔をくすぐります。
こどもたちも「わ~おいしそう!」「はやく飲みたい!」とやんややんや。

ほら、じゃ、手間暇かけてつくったんだから感謝して召し上がれ。

「ぅわーい!いただきまーす!」

・・・ね、ね、どう?

「・・・。」

おいしいでしょ?
絞りたての、ストレートの、甘夏ジュースだよ。

「・・・これ、、すっぺ」
「ママ、あとはあげる」
「おさとう、いれて、ちょーだいな」

えーーー、なにその反応。
あのね、果物は砂糖なんかかけないで味わうもんだよ。よーく味わえば自然の甘味があるんだから。グレープフルーツやいちごに砂糖かけて食べるのは果物が今より甘くなかった時代のヒトのすることよ。そのままがおいしいはずよ!そのまんまが。

と、ひとしきり説教垂れて、わたしも飲む。

・・・ん~~~すっぺ。。

てか、果てしなくすっぺえぞ!!
舌がひりひり痺れるほどだ。
酸っぱいもの大好きのわたしでも、、、え~~、さ、さ、砂糖がいるかな。。

うちの甘夏、本当に本当に酸味が強いんだよなあ。
果肉がプリプリしていてジューシーで、申し分のない状態なんだけどなあ。

デッキのたもとにたわわに実る甘夏にそそられて、何度も食べては「すっぺぇ!」となり砂糖漬けにして食べるんだけど使う砂糖の半端ない多さに嫌気がさす、の繰り返しで5年。砂糖漬けにするとフルーツっていっても体に悪いかんじでどうも苦手です。ジュースにすれば爽やかでいいかなと思ったけど、味が変わるもんでもなし。そういえば、以前テレビで、「かわの」の実をくり抜いて甘夏味の羊羹を皮に詰めたお菓子が紹介されてたけど、それを見て「あ~~外見だけ利用してるよやっぱり!」と家族で笑ったものです。
ちなみに性格の悪い美人はろくなもんじゃないと分かっていても手を出して、案の定痛い目に遭ったってよくある話。でも、どうして美人は一般的に性格が悪いってことになってるんだろ?どうでもいいけど。


次に、昨年秋に友人達と植え付けをしたタマネギですが。
b0128954_17473484.jpg


すごいでしょ!!!
冬の間はワケギより細かったのに、3月後半にきて突然むくむくと大きくなりました。(まわりの雑草は見ないでください。一緒に大きくなってますけど)

で、これを見よ。
b0128954_17483467.jpg

茎の根元が2㎝超の太さで、そこから地中に向かって期待させるふくらみが見えます。

うーんすばらしい!
諦めずに毎回たっぷり鶏糞をやったおかげだと思われる。(生育がいいとすべて鶏糞のおかげだと思っているわたし。)
これ、地中ではどれくらい育ってるんだろう!?
収穫までもうちょっと日数が必要なのは分かっているが、あのふくらみの先がどんなにボイ~ンとしているか?考えるだけで、どうしても確かめずにはいられないじゃないか?

・・・ということで、そーっと、そおおおっと、周囲を掘ってみることにしました。

ざく。ざく。

ざく?

あれ?

b0128954_17494493.jpg


ふくらみ、以上?

(・・・以上ですが何か? byたまねぎ)

期待して損したぜベイビーたまねぎ。
寄せて上げてブラあるいはヌーブラにより期待をハズされた男性諸君はきっとこういう失望感を持つのだろうな。どうでもいいけど。


そして、最後にこれも。
b0128954_1751895.jpg


ニイニ、竹入りタケノコご飯にリトライ。
去年、みんなにバカにされながらも予想に反して上出来の仕上がりだったことから、今年はでっかく出て青竹切り出し2本分用意、しかも貴重な初掘りのタケノコ満載。

火加減とか、加熱時間とか、よくわかんないらしい。
でも「去年うまくいったから!」と、テキトーなかんじで。

仕上がりは、こちらでございます。
b0128954_17515587.jpg


すっごーい!
うまくできてるじゃーん。
完全にマスターしたじゃん。

「まーね。いただきまーす」

・・・がつっ。
ごりごりっ。

「ママ、これ、下のほうぜんぶ焦げてる・・・」

どうやら火加減と加熱時間を間違えたらしく、3㎝くらいの器の中で、2,5㎝くらいのおこげができていました。
味と風味は以前同様すばらしいが、如何せん、食べにくい。
というかほとんど食べられないじゃないか。


そんなこんなで、わたしの周辺は負方向へのギャップに満ちているのでした。
(つまり見かけ倒し?)
[PR]
by babamiori | 2011-04-25 17:53 | 食べ物のこと
金銀財宝以外がざっくざく。
「そろそろいい季節だな。いっちょ、ウマいもんでも探してやるか!」
「うっす!」

なるべく薄暗くてじめじめした木陰に、有志が集合。
石や落ち葉をどけて、腐葉土をスコップでほじくります。
そして凝視。

じぃーーーーーーーーー。
b0128954_1625215.jpg


「・・・ぅおーっと。長いの出た!こいつゲット!」
「ほい来た!この中に入れて!」

小さなタッパーを開けて、ぽいっと放り込む。

「およよよよ、このエリアめっちゃ多い!あ~、でも、ぜんぶもぐっちゃうよう!」
「手袋じゃ動きが鈍いって。素手だよ素手。かたまりごとつまむんだよ」
「だってぴんぴん跳ねるんだもんこいつ!トビムシ!!」

目が馴れてくると、土をほじくり返した直後、彼らが明るさに動揺しているタイミングで捕まえることができるようになります。

b0128954_1634849.jpg

「これはデカすぎるかな」
「どれ?ああそれくらいならいいよ。喰えらぶるよ」
「おー、こりゃ柔らかそうだ。まだ殻が透き通ってるよ。脱皮したばっかりだよ多分」
「そう、そういうのいっぱいお願い。ワラジはいいけどダンゴは喰わないからね」


ニイニとわたしで30分くらい格闘して集めたのが、コチラ!

b0128954_164272.jpg


・・・ぜんぜん写ってないや。
直径1~2ミリ程度の赤ちゃんミミズ、3ミリ程度の柔らかそうなシロワラジムシ、活きのいいトビムシ、小さなクモやアリなどおいしそうなのが無数に入っている宝箱なんだけどなー。
かさこそとタッパーをゆすると、虫たちの挙動で土の表面が地殻変動みたいにうわっと動く。このタッパー内の充実感、たまりません。

あー。虫探し、楽しい。
童心に戻るとかいうレベルじゃなく楽しい。

海の魅力は潜らないと分かるまいと力説するダイバー同様、普段はヒトの足の下にある不可視な土の中にえいやと飛び込んでみると、そこには奇妙なヤツらがひしめき合っているパラレルワールドが存在することが分かり、どうにもワクワクが止められなくなる。
ついには「みんな!掘ってみようよ!」と爽やかに誘ってしまいそうになる。

なーんて楽しげに言ったところで、虫嫌いの心はそうそう動かないって分かってるけどね。
斯く言うワタシも、コックローチマニアのHP見てゴキブリ嫌いを克服しようと思ったけど無理だったし。あんな小さな黒いヤツを見るだけで、いまだに命の危機を感じる。なんでだろ?

・・・それにしても、ワラジもミミズも、んまそうだぞ。
冬場は地中の小昆虫が捕れないので、釣具屋で売っている生きアカムシしか食べていなかった彼らの、喜ぶ顔が早く見たい。
ピンセットまでくわえこんでぶら下がるほど、勢いよく食いつくだろうなー。
ここんとこ1週間くらい、いつのぞいても同じ場所で同じ格好してるから、きっと最近ずっと動いてないんだろうなー。春だってことも、気付いてないよなー。

産地直送便がいくから、待っててハニー!!


(・・・よんだ?)
b0128954_1616377.jpg

(寒かろうが暑かろうが活性低いけど、なにか?)
[PR]
by babamiori | 2011-04-18 16:30 | 生き物について
フェロモン系。
地震があろうがなかろうが、芽吹き、花咲き、土薫るスプリングイズカミング!

今年はなぜか、うちのソラマメはとてもいい塩梅に育っています。
若干背丈が低い気がしますが、葉の色が青く濃く、花がみっしりついていて、期待大!
やっぱり鶏糞をうんとこさ蒔いたのがよかったのかな。
去年は黒いマルチを敷いて育てたのですが、収穫後にマルチを剥がす手間に泣いたため(ちぎれたマルチがぼそぼそと残っている畑ほど情けないものはない)、今年はそのまま植え付けてみました。
b0128954_143938.jpg

・・・これから雑草との闘いだぜ。

ソラマメの花って、見かけはわりと地味で、華がありません。
でも、顔を近づけると、え?と驚くほど、ものすごく甘いよい香りがするのです。
図書館司書の銀縁メガネお姉さん、付き合ってみたらフェロモン系。ってかんじ。

それでもってひっかかるわけ。ハチも人間男子も大差ないのだな。
b0128954_11431771.jpg

受粉受粉受粉、ハチがとぶ♪ 

本当になんというか、目をつぶって深く深呼吸すると、息苦しくなるほどの甘さです。
なんかオナラくさいからイヤ~とこどもたちが敬遠する実の匂いとは、雲泥の差。
花の生殖活動ツール、人間にもじゅうぶん官能的だわ・・・
わたしもフレグランスお姉さんになろうかな・・・むふ・・・

と思いながら、ソラマメの根元に鶏糞をまたうんとこさ蒔いたら、あまーい花の匂いと鶏糞のかぐわしさが相まって、強烈なお便所みたいなことになってしまいました。
・・・毎日マメのンチに同行している身分のわたしが香水ふりかけたって、こうなるのがオチさという暗示だわね。


ところで、ハチは嗅覚だけではなく視覚能力も優れているため、きれいだけど無臭なお姉さんにも反応します。
b0128954_1144035.jpg

「蒔いた覚えないけど・・・菜の花?」と思ったら、収穫しそびれたまま放置した葉から、薹(とう)が立って花が咲いた、小松菜でした。
同じアブラナ科なので菜の花そっくり。
爽やかな濃いイエローです。
この花とつぼみの部分は、菜の花より苦みが少なくて風味が強く、すごく美味しいそうな。


ちなみに、ネコも小松菜系美人を好むらしい。
b0128954_11441427.jpg

特にクロは、背中が黒いので日なたではすぐ熱くなるらしく、かといって寒いのも苦手ならしく、花の影くらいのチラチラした影が非常に心地よいようです。
でも花にはぶんぶんとハチやらちょうちょやらが飛んでくるため、どうしてもそれをキョキョキョ、キョキョと目で追ってしまって落ち着かない。(この写真の時もハチを狙って思わず二足スタンディング!)

というわけでクロさん、落ち着ける場所を探して移動。
肥料の入っていたビニール袋の上やママの麦わら帽子の上などに試乗しながらうろうろとした後、ジャガイモの種芋を半分に切ってたニイニの姿を見定め、直進。

どさっ

「ちょっとぉ!暑いよう!重いよう!苦しいってばクロ!」
ニイニ、本気で迷惑そうでした。

(オレもあちーぜ。)
b0128954_11443993.jpg



・・・地震があろうがなかろうが、スプリングイズカミング。
人間のためだけの地球じゃない。
[PR]
by babamiori | 2011-04-13 11:52 | 週末の出来事



ひょんなことから、南房総に8700坪の土地を手に入れてしまいました。平日は都心で建築ライター・コーディネーターとして働き、週末は南房総で野良仕事。ちょっとムリして始めてみた二重生活ですが、気付けば主客転倒で、どっちがメインの住まいかわからなくなっています。田舎暮らしの衝撃と感動、苦悩と快感をそのまま綴ります。 ニイニ中3、ポチン5年、マメ1年。

by babamiori
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
フォロー中のブログ
古今東西風俗散歩(町並み...
妄想ファミリー、房総に住む!
amane
土橋陽子の design...
カテゴリ
全体
田舎暮らしのこと
週末の出来事
南房総のこと
食べ物のこと
東京にて
生き物について
ニイニ
建築について
お知らせ
産後について


未分類
タグ
以前の記事
2017年 01月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
検索
最新のトラックバック
地元で獲れた地魚寿司です..
from 出張先
山越うどんのかまたま山が..
from 口コミ情報ライフ
草を刈る人、、国土交通省..
from 背面飛行がとまらない
スイマーバ
from スイマーバ
亜麻仁油 効果/効能
from 亜麻仁油 効果/効能
レンジで簡単!!たまごっ..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
カビ防止・カビ対策で防カ..
from カビ防止・カビ対策で防カビ快..
貸し別荘コテージレンタル..
from 貸し別荘コテージレンタル情報..
家電製品家具レンタルリー..
from 家電製品家具レンタルリース情..
手作りジンジャーエール
from From a smallto..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧