<   2011年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
妊活?
ずいぶん前に掲載された当方の記事が、ムックで再出してました。

フラウ「妊活 スタートブック

b0128954_16164567.jpg


妊活ってはじめて聞きました。。

最近、同級生のキャリアウーマンが結婚、妊娠する話をやたらと耳にします。
出産後、きちんともとの職場に戻り、さらにパワーアップして仕事に邁進している友人も多く。
みんな、ちゃんと「妊活」してたからなんだろうな。

それに引き替えわたしは、ろくすっぽキャリアも積まずにワワワ~と3人もこどもをつくってしまい、妊活スルー。無痛分娩とかも調べず近場でだらっと出産したし、その病院ってばポチン妊娠34週目くらいで倒産しちゃったし、仕事復帰も保育園の手配も後からのそのそと進めただけ。育児と仕事の楽しさを同時に知るような成り行き任せの生き方をしておる次第。
あー、もっと出産とか育児と仕事の両立とか、いろいろ考えて足もと固めてからこどもつくればよかったなー、なんて思っても時すでに遅し。あまりに遅すぎる。ぜんぶ過ぎてしまった。

そういえば。
まだ結婚もぼんやりとしか考えていなかったような時期に、今の夫(って昔の夫はいませんが)に「次の設計コンペでもしうちの事務所が仕事をとったら、担当者になるだろうから、そしたら結婚や出産はその仕事が落ち着いてからになるかな」と話したら、やたらと怒られたのを覚えています。

「こどもなんてタイミングを待ってたら絶対つくれないよ。仕事はあとからあとから出てくるもの。落ち着くことなんてずーーーっとないよ。つまりそんなこと考えている人とはこどもはつくれない」と。

ほえ~~~すごい剣幕~~~とびっくりして、若かったわたしは殊勝にも引き下がったワケですが、今になって「なんじゃその強引な理屈は。相手の立場を少しは考えろってんだ!」と言えばよかったと臍を噛むわけです。
くやしい!!

それに今はこどものいない人生など考えられないけど、そりゃ既成事実のなせる業で、こどもがいなかったらいなかったでぜーんぜん違う可能性が開けているかもしれないじゃないか!!


・・・までも。
こども、かわいいしな。


改めて思うのは、こどもを生むということで失うものを恐れる必要はあまりないかな、ということです。失ったら失ったで、違うものを手に入れればいい。

残業手当なしのかわりに、こどもとの楽しい夕食を。
飲み会断るかわりに、ママ友との深いつながりを。
女らしい物腰のかわりに、母たる強さと包容力を。
たるんだお腹のかわりに、優しい眼差しを。

あーなんてキレイゴト。ハハハ。
わたしったらどれも手にいれてないじゃない。

・・・でも、これだけは言える。
人生、いくら計画たてても、何がどうなるかなんて分からないってコト。

たとえ、考え得る最高レベルの用意周到準備万端状態で結婚妊娠出産に臨んでいたとしても、おそらく「里山のセカンドハウスに、週末せっせと通う」というコンテンツは計画に盛り込めなかったはず。小さいコトで言えば「野良キジを育てる」だって計画外だったはず。
しかもマメの誕生なんて論外!!レストランでも車でもホテルでも家族5人っていうのは大変おさまりが悪い。しかもいつまでも続く子育ては仕事を制限する。こどもは2人がちょうどいい、って考えを死守してたら、マメはこの世にいなかった。

さあ!!
図らずも生まれてしまった第3子マメの、この逞しい姿に「これでええ、これでええ」と現状肯定し、何事も誤差の範囲と許容して、何の反省もせぬまま、今日も五里霧中の人生を歩もうではありませんか!!

b0128954_1551108.jpg


・・・こんなブログはいいから妊活したほうがいいですよ、未来あるみなさんは^^
[PR]
by babamiori | 2011-07-27 16:18 | 産後について
海のキモカワ。
海開きの日。

今年も、また会えたね・・・!
b0128954_17132179.jpg


去年の秋からずーっと、この風景を心に抱きながら過ごしてきた気がします。

南房総の低い低い山にへばりついて住んでいるわたしたちにとって、緑の中に身を沈めるように暮らす豊かさは何よりの誇りです。でも、夏に通うこの海も、南房総での日々の中ではそれと同じくらい重要な存在。

草木ふかしーとかキジ卵みっけーとか、自慢といえば自慢・・・?苦労自慢?みたいなコトはいろいろあるけど、これくらい真っ正面からエバれることってないぞ。「あー、暑いから海にいこう!」と思い立ったら、ぶーんと走ってこの海に来られるってすごくないかい?!

・・・じゃあ、ビーチの近くに住めばって?
アハハ。むりむり。
ざ・高級別荘地帯。
目の前にこの海が広がる家がここ数年にバカスカ建っていて、まるでプライベートビーチみたいに優雅に使っている方々もよく目にしますが、わたしたちはそーいうんではない。せっせと車転がして、駐車スペースがあるかドキドキして行くわけだけどね。
東京から行く違いがあるとすれば、日中2時間だけ海で泳いでサクッと帰る、みたいな贅沢な楽しみ方ができる距離だというコトくらいかな。(←せこくエバる)

でも、今回は台風6号の影響で、ちょっと荒れ気味の海。
砂がまいて魚があまり見られないため、シュノーケリングはお預け。磯遊びで妥協しました。
b0128954_9213091.jpg

ろくに泳げないマメも、とりあえずみんなの真似をして覗く。
b0128954_21525115.jpg


波打ち際でちゃぷちゃぷしながら潮だまりにぎゅっと目を近づけると、ヤドカリやカニ、ウメボシイソギンチャクがいてチョーたのしい。
b0128954_21515865.jpg

手のひらにヤドカリをてんこもりにして遊んでいると、ニイニが「ウニとったどー」と持ってきてくれました。
b0128954_17135341.jpg


ををっ!カワイイ!
とげとげ~~
うちのビニールハウスにもこんなのがいっぱいあるぞ。

「ママ、刺が動いてるでしょ」
手に乗せて見てみると、ほんとだあ・・・とげとげが、ゆっくりと動きます。
風の国のナウシカにでてくる王蟲の触手風情。(いや、王蟲がウニ風情なんだよな・・・いや、王蟲はオウムガイ風情か・・・じゃウニがオウムガイの触手風情か・・・まーいいや)

無機質に見えるものが実はカワイイというのは非常にそそられるなあ。

しばらく手の上に置いておくと、なんか手が吸われているみたいになる。
うっへ、ちょっと気味悪いな、とニイニにウニを返すと、「管足の吸い付かれてるんだよ」とのこと。
ウニは刺と管足(足)からできていて、管足で移動するんだって。

「見ててごらん。ぷちぷちって小さい吸盤みたいなのがニイニの手にくっついてるでしょ」
b0128954_1714859.jpg


ヒエ~~~~~!!!
あるあるあるある!!!
吸盤あるある!!!
なんか先端がクロマルポチみたいになってて、それがぴとっとくっついてるよっ!!!

もういっかい吸い付かせて~~
「ほれ」
きゃーーーっ!!

もいっかい!!
「何度もやってると吸着力が弱くなってかわいそうだから、もうダメ」
アホな母親のアンコールを無視して、さっさと海に返しにいくニイニ。

あーあバイバイ。
ほんとにウニ、キモカワ!
お寿司で何度となく食べているのに、こんな基本的な生態も知らなかったなんて、命を喰らうことへの冒涜だよなあ。ずいぶん長いこと、漫然と生きてきたからなあ。


・・・きっと、今年の夏もこの海で、わたしレベルでの大発見がいくつもあるはず。
悪いけどママは、こどもたちの付き添いじゃあなくて、自分が楽しむからね!
b0128954_1734513.jpg

ママにいろいろ教えなさいよ。
[PR]
by babamiori | 2011-07-18 17:15 | 生き物について
サマーフード。
暑さが鬱陶しいのは梅雨の話。

夏でしょ?
夏になったんでしょ?
ならばじゃんじゃん暑くてもよし!

確かに、日中外を歩くのは勇気がいるし、日傘を差そうが長袖着ようが一瞬で照り焼き、いやフライドスキン化は免れないし、畑仕事でどうやってスーパークールビズ?と疑問だらけになるけれど、それだって梅雨よかマシ。

だって、、今だから笑えるけど、コレですもの。
この恐ろしい棒が、うちの湿度計。
b0128954_11253089.jpg


週末にセカンドハウスに到着したら、まずは息を止めて勝手口から入り、台所にぶら下げておいたこの菜箸をしげしげと見つめる。
すると、6月中旬までは変化なしの菜箸が、7月頭には写真のように、表面が綿毛状になっているんです。それが白かったり緑だったり。キャーーーー!

「みんな、今回はヒドい状態です。まだ家に入っちゃダメ。今からカビ退治するから外で待機していること!!」

そう叫んで、マスクをしてアルコールと雑巾を手に家中を拭きまくる。
布団もぜんぶ出して、たたいて、干して、日光消毒。
どんなに通風を確保していても、廊下の床板とかトイレのドアとか、カビカビなんだよね。

この作業の時だけは「あ~~高気密高断熱の家がいいな~」とげんなりします、正直。


しかーし!
すでにその悪夢の期間(だいたい1ヶ月)は過ぎ去った!
これからは、三芳村の家のもっとも気持ちの良い季節のはじまりです。
b0128954_11264750.jpg

今年は何して遊ぼうかな~~~


そういえば、この間収穫したジャガイモはそのまま茹でて塩振って、お好みでバターや味噌や味噌マヨをつけて食べるという王道の楽しみ方を経て、キンキンに冷えたビールのお供に。

b0128954_11273598.jpg

これは、フレンチフライに最適なトヨシロという品種と、アントシアニンたっぷりのシャドークイーンという新品種の2種盛りです。
トヨシロはホクホクしていて、マックのポテトくらいおいしかった!(じゃあマックで食べれば?と思うのはやめてみる。)シャドークイーンは鮮やかな紫がめちゃめちゃ美味しそうで、ものすごく甘いんじゃないかと期待して食べたニイニが「・・・うん、フツウ」と言葉少なにほおばっていました。アハハ。

ジリジリ音がしそうなほど揚げたてのポテトって、それだけで夏のイベント!
揚げた先からこどもたちが手をのばしてどんどん食べてしまう姿もまた、幸せです。


もひとつ、これもウマい。
b0128954_1127559.jpg

ビシソワーズだね。
キタアカリを使ったら、何とも言えない深い味わいになりました。
ブラウンマッシュルームとパセリをちらし、つめたーーーく冷やすと、どんなに食欲のない時でもするするっと飲めちゃう。

ちなみにわたしは、粒コショウをたっぷりかけたビシソワーズを冷えたご飯にトロッとかけてかきこむのが大好きです。
お行儀的にどうだかはしーらない!アハハ。
[PR]
by babamiori | 2011-07-11 11:30 | 食べ物のこと
いいよね、こどもは。
「わーいわーい、おいもほるー!!」と、スコップを持って外に飛び出すポチンとマメ。
・・・いいよね。こどもは。

「ほら、ぼこぼこある!あっちもこっちもめちゃめちゃでてくるよ~」
「めちゃめちゃでるよ~~」
b0128954_10521363.jpg

うん、ホントだ。今年も豊作だ。

「ホラこれ1等賞の大きさの、2こ目!!」
b0128954_10523323.jpg

そりゃどっちか2等賞でしょ。

「これっくらいの、おべんっとばっこに、おーにぎーりおーにぎーりちょっとちゅーめて♪」
b0128954_10534069.jpg

いやジャガイモだってば。

あーホントいいよね、こどもは。
収穫作業を心から楽しんでる。
ジャガイモだけじゃない。途中でごろっと出てきた赤いさなぎを「うごかないやさしい虫」と名付けて手のひらで転がして遊んだり、ヘビほど太いミミズを追いかけて素手で掘り進めたり、何もかもやたらと楽しそうだ。
本当に、田舎暮らしをさせてよかったと思う瞬間。

しかしその、本当に一瞬ぽっきりのキラキラした体験のために、ママはがんばってるのだ。
ママが思うほど、あなたたちのキラキラはひとところで持続しない。
こればっかりはどうしようもないことと諦めつつ。


・・・10分後。
「ちめたーい!!」
「もっとおみずいれてー!!」
b0128954_10535430.jpg



・・・20分後。
「ぬるくなったからでるー」


・・・30分後。
「アイスおいし~」
「ちめたいね~」
b0128954_10546100.jpg

・・・なにこの早い展開。

畑には、堀りかけのジャガイモがころがりっぱなしなのに、2人ともどうとも思わないのかい?
きっとチラリとも思わないんだろうな。
掘ったら掘りっぱなし。暑くなったら全部忘れる。
それでいいのか?教育的に。辛くても、部活的に最後までやらせるべきか?
・・・でもまあな、女の子だしな。まだ2歳と7歳だし。
表面的にでも楽しんでもらえれば、よしとせねばな。


でもキミには、しっかり背負ってもらおう。
5年男子。働き盛りじゃないか。
「チビたちの掘り残し作業、ママと半分ずつだからね。頼むよ」
「あいよ~~」
b0128954_10542452.jpg


「あぢ~~。まじつれ~~」
「いいじゃん。どんなに働いても腰痛くなったりしないんだから」
b0128954_1055892.jpg


「オ!シャドークイーンも豊作!ママ、こんどシャドークイーンのカレーつくって」
「あいよ」
「ニイニそれだけが楽しみでこんな頑張ってるんだから」
「わかったよ」
b0128954_10554946.jpg


「今年獲れすぎ~こりゃ毎日イモ料理だな」
「・・・だね」
「ポテチもつくってよ」
「ツートンカラーでつくってあげるよ」
b0128954_1056596.jpg



・・・そして10分後。
b0128954_1059232.jpg


たいして働いてないぞ?実働小一時間。
まあ、でも、倒れた直後に意識不明になるくらいのがんばりがあったことは認めよう。
b0128954_1059204.jpg


ハア。あたしも倒れたい。
が、そうはゆかぬ。
ママは、またがんばってきまーす。

「はーい、がんばってきてねー」

・・・あ、そういえばポチン?
楽しい草抜きを一緒にやるのと、洗濯物たたむの、どっちがいい?

「洗濯物、超キレイにたたんどいたげるー」

やっぱりいいよねこどもは。。やりたいことだけ。
それにひきかえ、ママの作業は青天井。
帰る時間まであと2時間半なのに、最後の1分まで厳しい闘いが続くのさ。

土の恵みに深く感謝して、しばしジャガイモに心を寄せたあと、
b0128954_1133812.jpg


こんどはこっちだ・・・
b0128954_1135773.jpg


これ、元ショウガ畑・・・涙。
2週間前にぜんぶ草抜いたのに。

ウォーリーくんのようなショウガの芽をこの中から見つけ出し、あとは草刈り鎌で刈る。
そんな作業。
これ成功例。
b0128954_1143113.jpg


間違って刈っちゃうと、ショウガの匂いがうわっと立ちのぼるんだよね・・・
たぶん半分くらい刈っちまいました。。


がんばってるよ。
深い充実感もある。
けど、、自然との闘いにやぶれそう。。。
[PR]
by babamiori | 2011-07-04 11:49 | 田舎暮らしのこと



ひょんなことから、南房総に8700坪の土地を手に入れてしまいました。平日は都心で建築ライター・コーディネーターとして働き、週末は南房総で野良仕事。ちょっとムリして始めてみた二重生活ですが、気付けば主客転倒で、どっちがメインの住まいかわからなくなっています。田舎暮らしの衝撃と感動、苦悩と快感をそのまま綴ります。 ニイニ中3、ポチン5年、マメ1年。

by babamiori
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
フォロー中のブログ
古今東西風俗散歩(町並み...
妄想ファミリー、房総に住む!
amane
土橋陽子の design...
カテゴリ
全体
田舎暮らしのこと
週末の出来事
南房総のこと
食べ物のこと
東京にて
生き物について
ニイニ
建築について
お知らせ
産後について


未分類
タグ
以前の記事
2017年 01月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
検索
最新のトラックバック
地元で獲れた地魚寿司です..
from 出張先
山越うどんのかまたま山が..
from 口コミ情報ライフ
草を刈る人、、国土交通省..
from 背面飛行がとまらない
スイマーバ
from スイマーバ
亜麻仁油 効果/効能
from 亜麻仁油 効果/効能
レンジで簡単!!たまごっ..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
カビ防止・カビ対策で防カ..
from カビ防止・カビ対策で防カビ快..
貸し別荘コテージレンタル..
from 貸し別荘コテージレンタル情報..
家電製品家具レンタルリー..
from 家電製品家具レンタルリース情..
手作りジンジャーエール
from From a smallto..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧