タグ:こども ( 30 ) タグの人気記事
9さいポチンの房総生活
南房総の土地に来てから、6年半経ちました。
当時2歳だったポチンも、生意気盛りの3年生。

相変わらずのシティガールぶりで、「ママ、渋谷行きたい」「ママ、六本木行きたい」と、ごちゃごちゃにぎやか華やかなところ大好き。ゆいちゃんか?と言いたくなります。(ゆいちゃん=朝ドラ「あまちゃん」に出てくるアイドル志望の北三陸の高校生。行ったことのない東京に憧れている)

までも、親が週末南房総だよと言えば、ついてくるしかないワケ。
フン、というかんじで拗ねているときもある。
b0128954_10514061.jpg

手にはパパのおさがりのガラケー。オフラインなため「目覚まし」と「メモ帳」しか使えないのですが、未送信ボックスに架空のメールがたくさん入っています。「今日はヒマ?ヒマだったら遊ぼうよ、メールして♡」とか「ごめん、おくれちゃった。もうすぐつくから待ってて!」とか(笑)

なんですが、ほどなく外に出てきて、房総大好きな妹のマメの生き生きした様子につられて楽しくなってきて、「あ~~~この空気が好きだなー。ずっとここにいるとここがいいって思えるんだよ~~」と正直です。
b0128954_10553660.jpg

オトナと違って、いつもいる場所にいる安心感がいいのかなあ。
何しろ、一番落ち着く場所が「学校の教室と、うち」という子ですから。
東京にいちゃうと、東京の方がいいって思うようです。

しかしながら、人は、入れ替り立ち替りでもへっちゃらみたい。
NPOの活動でこどもたちが来ると、初対面でも一瞬で打ち解けて、川へ行ったり畑で遊んだり。
この「馴染み方」ってすごいと思う。ポチンの性格もあるかもしれませんが、自然のなかでわーわー遊ぶっていうカッコつけようのない状況がいいのかもと思います。
b0128954_1056121.jpg

b0128954_1056337.jpg


ふらっとひとり消えたかと思うと、気ままに写真を撮ってたりもする。
b0128954_15405288.jpg



そして夜は、「あー今日は幸せだった、もうサイコーだったよママ・・・」と甘い吐息と共にコタツで寝てしまい、ほどなくタケノコと一緒に転がり出てくる。
b0128954_111375.jpg


この、気まぐれで正直なポチンが、房総生活の影響をどう受けてどう育つのかは目下最大の関心事です。
年頃の女子にとって、週末田舎暮らしって、どんなもんなんだろうな・・・ドキドキしながら見守っています。
「ね、こんど花の種蒔きたい」と言っているので、ポチンの花壇でもつくってやろう。
[PR]
by babamiori | 2013-05-29 11:12 | 週末の出来事
花の子ルンルン。
マメ、将来の夢を「おそうじやさん」から「おはなやさん」に変えたらしい。

たしかに、3人のこどもの中でいちばん花に興味を持ち、道を歩けば花を探し探し下向いてふらふらするマメ。
「きれいだねえ、いいにおいだねえ」といちいち感動して立ち止まり、保育園にゆく時などこちらがじれてしまうこともあります。

上の2人は、自然に対しての興味の持ち方が違うので(ニイニは博物学的な知識と食えるかどうかという価値を求めるし、ポチンはどれだけハードな道中が楽しめるかと地形や倒木や藪をアスレチックの障害物として捉える)、この子は花に特化して興味を持つ感性をもってるんだなあ、へえ、と新鮮に受け止めています。
4さいの花の子ルンルン誕生です。

先日は「ママー、種貸してくんない?蒔きたいんだけど」と娘に言われましたが、小銭じゃあるまいし種は持ち合わせてないので一緒に買いに行き、蒔きました。
「ママは野菜が好きなんだよね」と種蒔き作業に誘ってくれませんでしたが。
b0128954_16292575.jpg


今週末は、畑のふちどりにヒマワリの種を蒔いていました。
「大きな花が咲きますように」
b0128954_16435839.jpg


畑で仕事をしていたら、「きょうのおやつとったー」とホトケノザを手にいっぱい!
b0128954_16312830.jpg

小さな小さな花の蜜を、まめったくちゅうちゅう吸うのが彼女のおやつ。
飽きたぶんは花束にして、そのへんにころがっていた竹に挿してくれました。
b0128954_16331537.jpg


そのあと、ろくに相手もせずまた畑仕事をしていたら、マメはわたしのまわりをひよひよ漂い、お花摘みを勝手に楽しんで、「ヤマブキ、ヒメオドリコソウ、オオイヌノフグリ、カラスノエンドウだよ」と花束をくれました。
b0128954_16361012.jpg


名前を覚えると愛が生まれるみたい。
でもニイニが「オオイヌノフグリって意味知ってっか?」と余計なことを教え、4さいドン引き(。-_-。)

わたしもマメに触発され、この土地にやってきて7年目でやっと重たい腰をあげて、目につく草花の名前をかたっぱしから覚え始めています。
そうするとあれだよね、雑草ってホントは美しいと改めて思う。種類によってコロニーがあり、ランドスケープの微妙な色彩をつくってるんです。刈払い機でざぐざぐと刈りゆくと、管理できた安心感とともにその美しさを壊しているようなちょっとした悲しさも感じます。
でも刈らないとえらいことになるしなあ。そしてすぐのびるんだよなあ。
だいたいのびるのが早すぎるんだよ南房総。。。(7度目の春もまたぼやく)
[PR]
by babamiori | 2013-04-15 16:45 | 週末の出来事
ニイニ、卒業。
三芳の土地に来た春に小学校1年生になり、いつもブログにアホをさらしてきたニイニ。
この春、卒業しました。

b0128954_23493316.jpg


もう、セミがとまってるみたいにちっちゃくなっちゃったランドセル。
声もひくーくなって、足もでかーくなって、いろいろうっすら生えてきて。
背はほぼわたしと同じ。体重も同じ。
これが自画像。
b0128954_001053.jpg


4月から制服を着てネクタイして。
部活、何にするんだろう?
何時ごろ帰ってくるんだろう?
週末はどうするんだろう?

いつまで一緒に、三芳に来てくれるだろう?

ふたつの場所を行き来する暮らし方をしてきたわたしたち家族にとって、ひとつの大きな変化の時を迎えそうです。ひとまず、ライフスタイルは変えないつもり。ニイニに来いと強制もしないつもり。休日の部活後に来たかったら高速バスなのはな号で合流してもらおうと思っています。


なんかあるとすぐ、ママ!ママ!とさけび、「ママ、ニイニはちば好き!」って黄色い長靴はいてそこらじゅうの生きものをかたっぱしからつかまえて、喜んで転げまわっていた頃が懐かしいな。
本質的には変わってないけどね。なんかさびしいぞ。
[PR]
by babamiori | 2013-03-30 00:07 | ニイニ
消えたニイニ。
こないだわたしに腕相撲で勝ってから、息子の態度がデカくなった気がするのよね。

今日は、薪割りを頼んだのにぐずぐず文句をいい、チェーンソーのエンジンがかからず往生しているわたしを大変不愉快な言葉でののしり、あろうことかばしっとはたいてきたで、「そんなに偉いなら自力で生活しろ」と動かぬチェーンソーを振り上げ家から追放しました。

お昼の食事にも戻らずどこに行ったかまったく見当つかず。3時のおやつにも戻らず。三芳の家からだと徒歩で行けるのは裏山か川か。上着なし、お金なしでほっつき歩いているのか。

こちらから探すまいと心に決めるものの、目は勝手に遠くの農道なんかを探してしまう。妹2人がかたまるほどの迫力で叩き出したので、思い詰めてやしないかと嫌な想像が膨らんだり。

日が傾きかけ、いよいよ出てこなかったら息子を置いて東京に帰ることになるかと覚悟。親と子の真剣勝負だから下手におろおろしちゃいけないんだ。

と、悲壮な決意をしながら眼下に見え隠れする、南房総リパブリックの拠点「三芳つくるハウス」(という名前のビニールハウス)を見るともなくぼんやり眺めると、なーんか、積み上げた角材の上にくの字に折れたヒトみたいなやつが転がってるのよ。
b0128954_1327682.jpg


…あれはなに?

「にいにハウスでぐーすか寝てるよー」と、さっそく見に行った娘が叫んだ。

…寝てるだと?
ぐーすかだと?

もう~~~!なによ!(´Д` )
心配して超損した(´Д` )(´Д` )(´Д` )


というわけで暗くなるまで薪割りやらせました。
b0128954_13273643.jpg


「やり始めると楽しいんだよなー」とひょうひょうとしてるし。
暖簾に腕押したぁこのことです。ちかれた(*_*)

息子はポカポカのハウスで日中ずっと爆睡してたらしい。


子らとの関わりはいちいち面白くて発見の連続なのですが、ちっこくて弱い子どもを守ってあげるという分かりやすい立場から「わたしより図体がデカく強い子ども」に向き合う立場に転じる緊張感が出てきました。大型犬との付き合いみたいな部分もある一方、どんどん精神世界も成長する存在を一人前として認めていくプロセスがすごく重要だと思っています。ドキドキ!!
ってかわたしもたいしたことねぇからなあ。基本は体当たりしかねぇなあ。

ちなみに、父親との親子関係はいまんところ変化なし、盤石なんだよね。男の子にとっては物理的な力関係ってけっこう重要みたいだな。

だけど母はまだ、負けないぜ!!
[PR]
by babamiori | 2013-01-16 13:31 | 週末の出来事
クリスマスイブに。
昨日は我が家のクリスマスパーティでした。
ありがたいことに、今年も家族や親族が集まり笑顔で過ごすことができました。みんなで賛美歌を歌い、プレゼント交換をして、夜遅くまで笑っていました。

でもふと思う。

世界には食べるものがなくて死んでいくこどもがいることや、虐待されクリスマスなどの日ほど孤独を深めるこどもがいることや、友達からいじめられて今日にでも生きていることをやめたいと思うこどもがいること。

自分のこどもたちがイブをわくわく過ごす様子を見るにつけ、こうして個人的な幸せに酔っていていいんだろうか?と思う。

ヒトって本当に、不平等ですね。
何かひとつくらい平等ならいいのにと思う。

自分が勝つこと、自分が豊かになること、自分探し、自分を好きになる、自分自分自分。
自分の延長の家族。友達。そこさえハッピーならオッケー。
が、正しいとは、やっぱり思えない。
でも、そんな風に思ってしまったら最後、自分の幸せは罪悪感との背中合わせになる。
こんなのってひねくれているでしょうか?

クリスマスという日が、幸せな子の更なる幸せを際立たせるだけの日にならないよう。
世界中のあらゆる環境に生きるこどもたちが、一瞬でも笑顔になる日になりますよう。
自分はそのために、何ができるだろう。
そんなことを考える日だといいね。


サンタさんも、今夜はだれひとり、漏れのないようお願いしますよ。
どんな環境にあるこどもたちにも、わくわくとサンタを待つ権利を。
b0128954_10374669.jpg


・・・そして、いつも読んでくださるみなさまへ。
メリークリスマス!
[PR]
by babamiori | 2010-12-24 10:57 | 東京にて
ニイニのブログ②
こんにちは。ニイニです。
今回は、僕の育てているサボテンについて書かせていただきます。

b0128954_22272849.jpg

カブトです。これらは直径は2センチくらいのまだ小さいものです。
カブトは、アメリカテキサス州東南部やメキシコタマウリパス州などの限られた場所にしか生えていない珍しい植物です(人間の土地開発で自生地を奪われた)。僕が育てているのは、改良品種×改良品種でとれた種を実生したものです。

カブトは全部で30本ほど育てています。その中で将来が楽しみなのはコレです。
b0128954_22284569.jpg

この個体は綴化しています。綴化というのは成長点が横に広がってしまう変異です。
カブトの綴化はとても価値があり、珍しいそうです。しかしその多くは、横に広がった成長点から成長点のまともな仔が出てきて下のが隠れてしまいます。隠れると価値がなくなってしまうので、この個体はそのようにならないで欲しいです。

そしてもう一つ楽しみな個体がコレです。
b0128954_22293926.jpg


比べると分かりますが、普通のカブトはこんな感じです。
b0128954_2234297.jpg


点の数が明らかに違うのに気がつきましたか?
この個体は、極上個体×上個体という素晴らしい親を持っているのです。同じ種の個体はまだたくさんいるのですが、この個体が一番綺麗だと僕は思います。

また割り込ませていただきます。

(文・写真/ニイニ)
[PR]
by babamiori | 2010-11-10 22:35 | ニイニ
嫁にはやらん。
ついこの間仕込んだばかりなのに、こんなに大きくなって。
感無量です。
b0128954_1759348.jpg


・・・おーっとと。
あまりに似ててウッカリ間違えやした。こっちのコトだ。
b0128954_2226599.jpg


生まれた時はマメだったのに、今やイモと見紛うほど大きく成長しました。
「あっ」という間もないほどすぐに、マメ、2しゃいです。
b0128954_17594410.jpg


ニイニとポチンの間にごにょごにょ割り込んできて「ニイニ、どきなしゃい!」「ポチンちゃん、あっちいってくだしゃい!」とふたりを蹴散らしてママの膝をゲットする生命力の持ち主であり、「まっあーまっ。だっこっしてー。だっこっしてー。だっこっしてー。まってっるよ-。まってっるよー。じゅーっとじゅーっとまってっるよー」と妙なふしまわしの創作歌を歌い続け「ゴメン今日はママ、ギックリ腰でね。イタイイタイなの。だっこはできないのよ」と丁重にお断りしても「だいじょーぶよ!ママ、いたくないよ!ぜんぜんだいじょーぶ!だっこだいじょーぶ!がんばーれ!」としつこく励ましてくるタフネゴシエーターでありますが、何を言ってもまだまだ、ママから生えているようなだっこ虫の分際です。

寝相も1年前と変わらず。
b0128954_18032.jpg


やることの大半が、人生初体験。
b0128954_1802723.jpg


着るものの大半が、お下がり。
b0128954_1804772.jpg


在りし日の義祖母は「餅と子供は3つまで」とよく言っていました。
3歳までに、子供は一生分の親孝行をする、とも。
そんなこたーない。いくつになってもカワイイよ言いたいところですが、「やっばいほどカワイイ」のはやはりこの時期だけだよなというのが正直なところ。


だからついつい、時間よ止まれ!と言いたくなる。

b0128954_182278.jpg



イモからハナになっていく、マメであります。
[PR]
by babamiori | 2010-07-19 18:03 | 生き物について
3こどもと2ネコの春。
ニイニ:
4年生になっても、見えてるものは4歳のときとほぼかわらない春。
いつまでも寒くて、4月もまだ冬眠していた乾燥カエルを植木鉢の欠片の下から発見。
b0128954_1111941.jpg

ブローチサイズもめざとく発見。
b0128954_1113837.jpg

どろどろの水たまりから、透明なサンショウウオの幼生をさっと掬い出す神の手。
b0128954_112151.jpg

しかしカメラを持った瞬間、宿っていたはずの神が彼の手から離脱。
富山(とみさん)という地元の小さな山に、友達家族と登ってきたたニイニ。「ママ行けないから、頂上からの風景撮ってきてね!」と渡したカメラにおさめられていた写真はコレ。
b0128954_1124831.jpg

b0128954_11357.jpg

・・・いったいニイニはどこへ行ってきたのだろうか?


ポチン:
保育園の中で一番のおねえさんだが6歳にして105㎝、14,6㎏。
富山に登った同級生のおともだちは、125㎝、25㎏で、ならべるとこんなかんじ。
b0128954_1135243.jpg

一緒にディズニーランドに行っても、ひとりは何でも乗れて、ひとりは身長制限で半分ぐらいしか乗れないという珍コンビ。

それでも最近はよく食べるようになり、好物はステーキとチョコレート。
まるっきりクマの形のバースデーケーキをもらって大喜び。
b0128954_11475.jpg

すごい~~!まるでぬいぐるみ~~(もちろん市販品。)
でもいざ食べるとなると、現場には重苦しい空気が。
「どこから斬る?脚かな?腕を落とす?」
「・・・いいからひとおもいに斬り分けてくれ」
「・・・ママ、なんかかわいそうだよ」
「いいの。はい、ポチンちゃんはお誕生日だから、頭をお食べ」
b0128954_1164678.jpg

生首を差し出され、ピースなのに顔こわばるポチン。。


マメ:
生まれて2度目の春。
ぶーっ!と吹くとほやほやと綿毛が飛ぶおもちゃを発見。
b0128954_117747.jpg

常にやや液だれしている口元を近づけすぎたため、綿毛が付着、そして吸引、誤飲。
b0128954_1171929.jpg

ってか、共食い。
b0128954_112074.jpg

いつまでたっても綿毛のような髪、とくにタコ八郎のように中央しか伸びない前髪が不憫だ。


ぴょん:
外に出るとなかなか帰ってこない放蕩息子。
b0128954_1185618.jpg

また遠くに行っちゃったのかなあ。

「ぴょーんー!おしょくじよー!!戻っておいでえーー!!!」
・・・「まじ?」
b0128954_1175370.jpg

ひ、庇の上にいたのね。。


くろ:
花を嗅ぐ。
b0128954_11105245.jpg


・・・植わってみたくなる。
b0128954_11111451.jpg



春は楽しい。
[PR]
by babamiori | 2010-04-20 11:15 | 週末の出来事
対峙式の花見。
お花見お花見!今お花見しないでどうする!

みんなでわーっと集まってさ、飲んだり食べたりしてさ、たまーに顔をあげて「きれいだね~」なんて言ってさ、でもほとんどくっちゃべって酔っぱらって盛り上がるんだよね!

たぶんフツウは。

でも、うちのお花見って、こういうやつ。

じぃーーーーー
b0128954_1113868.jpg

「お花、きれいだねー」

「どのへんがきれい?」
「ええと、ええと、きいろい色がひかってるところ」

「他には?」
「え・・・ええっと、えええーと、みどりのかんむりみたいなところ」

「そうだろう?きれいだろ? はい、では次のヒト」

じぃぃーーーーーーー
b0128954_10545713.jpg

「マメちゃん、これは、サボテンの、お花」
「きーろ!」
「そう、よくわかったね。黄色くてきれいだねー」
b0128954_110314.jpg

「いたいいたい!」
「た、たしかに棘にさわったら痛いね、でもお花はきれいだねー」
「いたいいたい。あむない!」
「お花は?」
「あむない!!」

「・・・さ。マメちゃんはもういいかな? はい次のヒト」

対峙式の花見です。

サボテンも、多くは今が花の見頃。
ビニールハウスの中はお花畑です。
b0128954_1132646.jpg

宴会はできないが、花と対峙することで異次元の世界にはとんでゆけます。
[PR]
by babamiori | 2010-04-06 11:05 | 週末の出来事
この春より変更いたします。
ニイニandポチン、ママwithマメ、という構図ですが、この春より以下に変更いたします。

ポチン and マメ。
b0128954_1117320.jpg

こっちおいで!
あい!
b0128954_11172773.jpg

with クロ。
b0128954_11174468.jpg


・・・で。

ひとりぼっちのニイニ~
ひとりでつくしをとって~
ひとりで地面にならべて~
ひとりで撮影して~
only lonely ニイニ~
b0128954_11175828.jpg


・・・以降20年はこの関係に変更なしの予定です。
[PR]
by babamiori | 2010-03-15 11:19 | 週末の出来事



ひょんなことから、南房総に8700坪の土地を手に入れてしまいました。平日は都心で建築ライター・コーディネーターとして働き、週末は南房総で野良仕事。ちょっとムリして始めてみた二重生活ですが、気付けば主客転倒で、どっちがメインの住まいかわからなくなっています。田舎暮らしの衝撃と感動、苦悩と快感をそのまま綴ります。 ニイニ中3、ポチン5年、マメ1年。

by babamiori
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
リンク
フォロー中のブログ
古今東西風俗散歩(町並み...
妄想ファミリー、房総に住む!
amane
土橋陽子の design...
カテゴリ
全体
田舎暮らしのこと
週末の出来事
南房総のこと
食べ物のこと
東京にて
生き物について
ニイニ
建築について
お知らせ
産後について


未分類
タグ
以前の記事
2017年 01月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
検索
最新のトラックバック
地元で獲れた地魚寿司です..
from 出張先
山越うどんのかまたま山が..
from 口コミ情報ライフ
草を刈る人、、国土交通省..
from 背面飛行がとまらない
スイマーバ
from スイマーバ
亜麻仁油 効果/効能
from 亜麻仁油 効果/効能
レンジで簡単!!たまごっ..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
カビ防止・カビ対策で防カ..
from カビ防止・カビ対策で防カビ快..
貸し別荘コテージレンタル..
from 貸し別荘コテージレンタル情報..
家電製品家具レンタルリー..
from 家電製品家具レンタルリース情..
手作りジンジャーエール
from From a smallto..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧