タグ:じゃがいも ( 4 ) タグの人気記事
いいよね、こどもは。
「わーいわーい、おいもほるー!!」と、スコップを持って外に飛び出すポチンとマメ。
・・・いいよね。こどもは。

「ほら、ぼこぼこある!あっちもこっちもめちゃめちゃでてくるよ~」
「めちゃめちゃでるよ~~」
b0128954_10521363.jpg

うん、ホントだ。今年も豊作だ。

「ホラこれ1等賞の大きさの、2こ目!!」
b0128954_10523323.jpg

そりゃどっちか2等賞でしょ。

「これっくらいの、おべんっとばっこに、おーにぎーりおーにぎーりちょっとちゅーめて♪」
b0128954_10534069.jpg

いやジャガイモだってば。

あーホントいいよね、こどもは。
収穫作業を心から楽しんでる。
ジャガイモだけじゃない。途中でごろっと出てきた赤いさなぎを「うごかないやさしい虫」と名付けて手のひらで転がして遊んだり、ヘビほど太いミミズを追いかけて素手で掘り進めたり、何もかもやたらと楽しそうだ。
本当に、田舎暮らしをさせてよかったと思う瞬間。

しかしその、本当に一瞬ぽっきりのキラキラした体験のために、ママはがんばってるのだ。
ママが思うほど、あなたたちのキラキラはひとところで持続しない。
こればっかりはどうしようもないことと諦めつつ。


・・・10分後。
「ちめたーい!!」
「もっとおみずいれてー!!」
b0128954_10535430.jpg



・・・20分後。
「ぬるくなったからでるー」


・・・30分後。
「アイスおいし~」
「ちめたいね~」
b0128954_10546100.jpg

・・・なにこの早い展開。

畑には、堀りかけのジャガイモがころがりっぱなしなのに、2人ともどうとも思わないのかい?
きっとチラリとも思わないんだろうな。
掘ったら掘りっぱなし。暑くなったら全部忘れる。
それでいいのか?教育的に。辛くても、部活的に最後までやらせるべきか?
・・・でもまあな、女の子だしな。まだ2歳と7歳だし。
表面的にでも楽しんでもらえれば、よしとせねばな。


でもキミには、しっかり背負ってもらおう。
5年男子。働き盛りじゃないか。
「チビたちの掘り残し作業、ママと半分ずつだからね。頼むよ」
「あいよ~~」
b0128954_10542452.jpg


「あぢ~~。まじつれ~~」
「いいじゃん。どんなに働いても腰痛くなったりしないんだから」
b0128954_1055892.jpg


「オ!シャドークイーンも豊作!ママ、こんどシャドークイーンのカレーつくって」
「あいよ」
「ニイニそれだけが楽しみでこんな頑張ってるんだから」
「わかったよ」
b0128954_10554946.jpg


「今年獲れすぎ~こりゃ毎日イモ料理だな」
「・・・だね」
「ポテチもつくってよ」
「ツートンカラーでつくってあげるよ」
b0128954_1056596.jpg



・・・そして10分後。
b0128954_1059232.jpg


たいして働いてないぞ?実働小一時間。
まあ、でも、倒れた直後に意識不明になるくらいのがんばりがあったことは認めよう。
b0128954_1059204.jpg


ハア。あたしも倒れたい。
が、そうはゆかぬ。
ママは、またがんばってきまーす。

「はーい、がんばってきてねー」

・・・あ、そういえばポチン?
楽しい草抜きを一緒にやるのと、洗濯物たたむの、どっちがいい?

「洗濯物、超キレイにたたんどいたげるー」

やっぱりいいよねこどもは。。やりたいことだけ。
それにひきかえ、ママの作業は青天井。
帰る時間まであと2時間半なのに、最後の1分まで厳しい闘いが続くのさ。

土の恵みに深く感謝して、しばしジャガイモに心を寄せたあと、
b0128954_1133812.jpg


こんどはこっちだ・・・
b0128954_1135773.jpg


これ、元ショウガ畑・・・涙。
2週間前にぜんぶ草抜いたのに。

ウォーリーくんのようなショウガの芽をこの中から見つけ出し、あとは草刈り鎌で刈る。
そんな作業。
これ成功例。
b0128954_1143113.jpg


間違って刈っちゃうと、ショウガの匂いがうわっと立ちのぼるんだよね・・・
たぶん半分くらい刈っちまいました。。


がんばってるよ。
深い充実感もある。
けど、、自然との闘いにやぶれそう。。。
[PR]
by babamiori | 2011-07-04 11:49 | 田舎暮らしのこと
見えざる畑。
・・・こんなんなっちゃったら、、やっぱりダメでしょ?
「いんにゃ。なーんとも!」


・・・でもこれですよ?レース以下でしょ?すでに光合成してないもん。
「ぜーんぜん!!問題ないって。大丈夫だって」


・・・ホントに?こんなんですけど。 


b0128954_17302890.jpg

枯れてますけど?


それでも私達の不安に反し、N田さんの見立ては正しかった。

掘ってびっくり!丸々太ったキタアカリ、豊作です。

b0128954_1731950.jpg

とにかく掘ればざっくざく。
しかも今年は出来がよくて、ニイニの手ほどもある大きなイモがごろごろ出てきました。

いやしかし、掘るのは難儀だった。
地上部が朽ちてなくなっちゃったためどこを掘っていいか分からないのです。
もちろん原因はこの方達。
b0128954_17305433.jpg

キラキラしたこのカワイイ卵はやがてカメムシさんとなり、雑草を食べずにジャガイモの葉をもりもり食してくださるわけです。
カメムシさんだけではなくニジュウヤホシテントウさんもバリバリ喰っているらしい。
ジャガイモを掘れば一緒にたーくさん出てきますから。

掘るのが難儀なのには、もうひとつワケがあり。
先日突然、40手前にして腰のイタい人間になってしまったわたしは、今までみたいに怪力に任せて重い荷物をがつがつ運んだり鍬を振り回すことが困難になり、這いつくばってシャベルで掘るという情けない状態に。昔からその名字のせいで「ばーちゃん」とか「ばんば」とか年寄りじみたあだ名がついていましたが、いよいよ本当の婆ちゃんになってしまいました。
(原因は、背骨が反り気味の姿勢と長年の不均衡な加重のせいですって。子供を左で抱っこして家事をすること10年・・・とうとうキタか)

見かねたポチンがめずらしく女房役を買って出てくれました。
b0128954_17304363.jpg

これを畑と言っていいのだろうか?
わたしは雑草を育てているのだろうか?

手前のモシャモシャの雑草は、それっ!と草刈り機で一網打尽にしてはなりません。
なぜならばその中に、雑草然とした様相のショウガの葉っぱがちびっと混じっているから。
これ、以前夫がトラクターで耕してしまったショウガをブチブチ文句言いながら植え直した起死回生ショウガで、なんとか健気に育ってきているのです。

つまり、草刈り鎌を手に、またまた這いつくばって、じくじくじくじく刈り取りゃならん。


ちなみに、奥にすっくと葉をのばしているのはサトイモです。
その奥に後植えのショウガ畑、サツマイモ畑も広がっているはず。
前回はいちおう土の部分が見えてたけど、、果たして、今週末の時点で、まだ畑でいてくれているだろうか?


・・・・・・うーむ。
まさにインビジブルフィールド。
[PR]
by babamiori | 2010-07-29 17:46 | 週末の出来事
こうなったら畑のまんなかで鉢植え栽培するかね。(クイズ答えあり!)
うち畑の、悲惨なインゲンですがね。

ほとんどが枯れ果てて地上部がどっか行っちゃった(枯れたものも残っていない)のですが、たったの3本だけ、瀕死の状態で生き残っていました。
3本ですよ、3本。
ニイニが小さい頃、東京の庭でインゲンをつくりましたが、それだって鉢の中に3本育ちましたよ。ひろーい畑にばんばん蒔いたものが、最終的にガーデニングレベルの収穫になってしまうなんて・・・しかも手間は何倍もかけて・・・まったく皮肉なものです。
そう言えば、同居していた義祖母が存命中に、鉢植えのインゲンを見て「インゲンってのはね、‘なりっくら食いっくら’って言って、植えりゃいっくらでもなるんだよ」と言っていました。それだけカンタンという意味だろうけど、うちの畑では枯れたのでした。
(‘なりっくら食いっくら’ってコトバ、わたし義祖母からしか聞いたことないですが、これってフツウに使うのかなあ・・・チャキチャキの江戸っ子だったから、江戸風の言い回しなのかなあ。
彼女の使うコトバは謎に満ちていて、とても魅力的でした。
「江戸から相撲がやってくるよ」=すごいことだよ。めずらしいことだよ。・・・か?
「昼間に行灯さげても見つからないね」=そう簡単には見つからないね。・・・か?
「ひゃーの足しにもなりゃしない」=冷や飯の足しにもならないほど意味がない。・・・か?)

ニイニとポチンに「やっとこさ実ったインゲンなんだから、ありがたく収穫したら?」と声をかけると「わーいとるとる!」と、収穫だけには意欲的なこどもたち。ザルとはさみを持って畑に飛んでいきました。
この様子を見ていると、例えば東京のこどもたちを相手に里山自然学校とかやったとしても、草むしりとかまわりの草刈りとか地道なことはやらずに、結果がもらえるオイシイとこだけやりたがるんだろうなあ・・・と、容易に推察できますね。あるいはうちの子たちだけが怠け者なのかね。

まるで、自分が手塩にかけて育てたかのように、嬉々として収穫するニイニ。
b0128954_13254619.jpg

「わたしもーーー!」とハサミを奪い取り、ばちんばちんと切るポチン。
b0128954_13255833.jpg

やっぱり地植えだと地力があるせいか、3本の苗から97本のインゲンを収穫!
b0128954_13261351.jpg

それでも、家族1食分にしかならないな・・・
(あ、我が家はみんな野菜をがつがつ食べるのです。レストランで出てくるサラダや付け合わせは一口で食べてしまい「これは飾り?」と思うし。カレーの具もお肉以外倍量だし。っていうかだいたいみんな大食漢なのよね。ポチン以外。)


あと、ほとんど消滅して3本だけ残ったものとしては、
b0128954_13262999.jpg

ポチンこだわりの、とうもろこし。
一応、できてます!
生き残りにはちゃんと肥料などやったけど、なんかポチンサイズでちっちゃいな。

**

さーて。
それではここで、前回の、クイズの答えです!

と、張り切って言えない・・・しょぼくれているわたしです。
しょぼくれたままお伝えします。

正解は、


  刈った草で、焼き芋をし、その場でジャガバターにしたのは・・・
  ポチンが保育園で掘ってきたジャガイモでした~!


「なんだそりゃ。分かるわけないよ」と、ニイニ。
「なんだそりゃ。出題が悪すぎるよ」と、夫。

出題がなっとらんと家族におこられました。
そうですかね。
まあ、そうですよね。

焼き芋したけど、これはうちで収穫したイモじゃないんだよなー、ジャガバター美味しそうに撮れたのになーと思ったときに「どうせバレないからうちでとったジャガイモってことにしちゃえ!」という気持ちと「小さなウソでもウソはウソ。体裁よく話を仕立てちゃマズいっしょ」という気持ちが葛藤し、じゃ、クイズにするか!と苦し紛れに落としどころを見つけたという次第。
セコくてすみません・・・

それでも正解者第一号になった方は、まっきんさんと、Gilles さんと、ばしななさんでした!
「刈った草で、焼き芋」も「その場で、ジャガバター」もしてないもんな。
しかもそういう意味では、ウソは1つでなくて2つついている。。。

恐れ入りますが、正解なさった3名様は、コメント欄にご連絡先を記載して、「非公開コメント」にチェックしてお送りいただけますでしょうか?!
お手数ですが、どうぞよろしくお願いします!

うちでとれたジャガイモ・・・虫も食べる無農薬。
b0128954_1434188.jpg

半分以上が、こんなに小さかったぞ~
これ、差し上げます^^
b0128954_1327213.jpg

まるごとフライにしたらめっちゃ美味しかったので、怒らないでね♪
(もちろん大きいのも差し上げます~)

ちなみに
●食べられる初収穫のものは、ジャガイモでした。(苦い小松菜は放棄して畝ってしまった。)
●段ボール1箱分はとれました!
●ちゃんとたくさん残っている野菜はジャガイモとショウガだけ。あとは上記のごとく雀の涙。
●ポチンは5歳にして、14キロあるかないかです。とっても小さくて、細くて、軽い。
●残りはちゃんと9列あります!
●いちおう、めちゃくちゃ美味しかったです!

以上、お騒がせクイズでした。こんどはもっといい問題考えまーす。
[PR]
by babamiori | 2009-07-10 13:33 | 週末の出来事
ジャガイモクイズ。
7月現在。
ちゃんと元気にたくさん育っている野菜は、ジャガイモとショウガだけになっちまった。

畑をはじめてからというもの、週末に三芳に行くのが以前よりもぐんと楽しみになり、まるで我が子のように成長を楽しみにしていました。東京にいる時だって、馳せる思いの強さは同じです。雨の日にも「成長してるかな」と思い、晴れた日にも「成長してるかな」と思う日々。去年までは、雨だと「家がカビてるかな」と憂い、晴れると「雑草が伸びてるかな」と憂うばかりだったのですが。(それは今も同じだけど。)

しかーし。
いくら強い思いを寄せようが、いくら汗だらだらで時間のある限り世話をしようが、ダメなものはダメ。下手なものは下手。ばったばたと枯れたり消滅したり(枯れるに至らないということ)で、まともな収穫が期待できそうなのはこの2種類だけとあいなりました。

でもね、わたしとしてはこの2種類には特に強い思い入れがあったため、これだけでもちゃんとできれいればいい!と思っていたんです。
夏休みには、みんなでジャガイモ掘るんだ。ショウガも掘るんだ。
三芳の家をあげての収穫祭をやるんだ!と。


しかーし。しかーーし。
「あら~、ここにきてやられちゃいましたね~」
先日、N田さんと一緒に畑を見て、愕然、呆然。
b0128954_17322658.jpg

葉っぱ、なぜかぼろっぼろ。
黄色く枯れはじめているところもあるという有様。
「ちょ、ちょっと、ジャガも全滅?」
わたしが焦って駆け寄ると、どうやらまだ畑の一部しか被害にあっていないようで、過半はかろうじて健康に育っているようでした。でも、日を追えば被害が拡大するのは火を見るよりも明らかです。
無農薬と決めていたし、今さら農薬をまくのは嫌だし・・・
このまますべてダメになるのをだまって見るしかないのか?

「ためしに掘ってみましょうよ。ちょっと早いけど、収穫祭やっちゃいますかね」
N田さん、唐突に掘り始めました。
b0128954_1732483.jpg

えーちょっと待って!
N田さん待って待って待ってってば!
これもし掘って収穫したら、わたしたちがつくった記念すべき第一号。
それにあたっては心の準備をしてみんなを集めておごそかに晴れがましく大々的に収穫祭をやる予定・・・なんですけど。
一掘り目は「入鍬式」もしたかったんですけど。

わたしの心の声が発声される前にN田さんてば、何の感慨もなくガンガン鍬入れていきます。
あまりにフツウに掘っているので、止めることができないわたし。
絶句しながらかろうじて、写真とるだけのわたし。(片手でマメを抱いてるし。)

「ほーら」
b0128954_1733313.jpg

「ついてるよもう。とれるとれる。小ぶりだけど」
ほじくりかえした土の中から、綺麗な色のじゃがいもがころころ出てきました。
「こりゃー、とっちゃったほうがいいね。ほれ。今日はカレーだよポチンちゃん」

N田さーん。
あのー。
我が家の初収穫は・・・もっと感動的にやりたかった・・・んですけど・・・
記念すべき初ひと堀りは、そこらへんを掘るのと同じくらい事務的にさっさと終わっちまいました。

「ほれポチンちゃん、やってみる?」
「やるやる!一緒にやるー!」

わたしの心を置き去りにして、その場でばんばん掘り始めるふたり。
「ポチンちゃんならスコップにするか。はい、せーの」
b0128954_17333937.jpg

ふたりは息を合わせてスコップを入れていきます。
「ポチンちゃん上にのっちゃっていいよ。はい、せーの」
b0128954_17341442.jpg

「う~~~ん」
ポチンが全体重14キロをかけてもびくともしないシャベル。N田さんがうまく脇からぎゅぎゅっと踏んで、あたかもポチンの仕事が成立しているかのように見せてくれています。

「すごいすごい。深くささった。ここから一気に持ち上げるよ!」

土をざくっ!と持ち上げると、中から小振りなジャガイモがいーっぱい出てきた!
b0128954_17344199.jpg

「うわーいとれたー。いっぱいあるー」
ポチンは大喜びで、ジャガイモを株からはずして並べていきます。
「1,2,3,4,5,6,7。7コだよママ!今日のお食事はジャガイモだけでいいよママ」
感動しているポチンの横でN田さんはどんどん掘ってくれて「これもだよ、どんどん獲って」とポチンにわたしてくれます。
b0128954_17374642.jpg


「もう21コだー。ねえもういいよ。こんなに食べきれないよ」
自分ひとりで食べようってか?ヘンな心配をするポチン。
「わかったわかった。じゃ、この1列だけは今日掘って、あとは次にしようか」
優しいN田さんはポチンの意見を真顔で聞いてくれて、虫食いのひどい端っこの1列だけを掘ることにしました。

それだけでも、大きな段ボールに1箱とれたよ!

まだ掘っていないのが9列・・・ひょえ~
こりゃ知り合いに配りまくって、毎日ジャガイモ食べても、余るな。
想像以上の大豊作でびっくりのわたしでしたが、N田さんには「肥料をやる時期が遅かったなあ。もっといっぱい、大きいのがとれるはずなんだけどな」と言われてしまいました。

「虫はつくけど、こうやって素朴に育てたイモは旨いよ。堀りたてを食べてごらんなさい。違いが分かるから」

N田さんにそう言われ、一番おいしい食べ方を考えた結果、やっぱりコレだなと。
b0128954_17362488.jpg

刈った草で、焼き芋。そして、
b0128954_1736358.jpg

その場で、ジャガバター。

どうだったかって?
そりゃもう、めっちゃくちゃ美味しかったです!!
丹精してつくったヒトにしか分からない美味しさですよ。この特別な美味しさは。
ほんのり甘みがあるのを感じると「あーあの時やった鶏糞の味だな」と悦に入り、、ホクホクの食感には「あーちゃんとスギナを抜いたからよく育ったんだな」と納得し、もうほとんど自己満足の世界。
(あとで我に返ると「・・・おいしいけど、特別な味か?」と思わないでもなかったけど。)

自分の畑でとれたものを食べるって、本当に幸せなことですね。単純に、それに尽きます。
一発目の大々的な収穫祭はできなかったけど、そんなことはどうでもしよくなるくらいにね。


・・・あとのジャガイモ、虫に耐えてちゃんと育っているかしらん?
今週末も、ドキドキです。行ってきまーす!

**

突然ですが、ここで第2回プレゼントクイズです。ちゃんちゃん。

今日の話の中で、わたしはひとつウソをついています。
それは、一体、どこでしょう?!

正解者第一号の方には、日頃のご愛読の感謝を込めて、我が家の無農薬有機野菜(たぶんジャガイモ。。)とクリナムの種、あとなんかプレゼントします!そして・・・できれば直接、正解者の方にお渡ししようと思います。

ふるってご応募くださいませ~
[PR]
by babamiori | 2009-07-03 17:40 | 週末の出来事



ひょんなことから、南房総に8700坪の土地を手に入れてしまいました。平日は都心で建築ライター・コーディネーターとして働き、週末は南房総で野良仕事。ちょっとムリして始めてみた二重生活ですが、気付けば主客転倒で、どっちがメインの住まいかわからなくなっています。田舎暮らしの衝撃と感動、苦悩と快感をそのまま綴ります。 ニイニ中3、ポチン5年、マメ1年。

by babamiori
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
フォロー中のブログ
古今東西風俗散歩(移転し...
妄想ファミリー、房総に住む!
amane
土橋陽子の design...
カテゴリ
全体
田舎暮らしのこと
週末の出来事
南房総のこと
食べ物のこと
東京にて
生き物について
ニイニ
建築について
お知らせ
産後について


未分類
タグ
以前の記事
2017年 01月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
検索
最新のトラックバック
地元で獲れた地魚寿司です..
from 出張先
山越うどんのかまたま山が..
from 口コミ情報ライフ
草を刈る人、、国土交通省..
from 背面飛行がとまらない
スイマーバ
from スイマーバ
亜麻仁油 効果/効能
from 亜麻仁油 効果/効能
レンジで簡単!!たまごっ..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
カビ防止・カビ対策で防カ..
from カビ防止・カビ対策で防カビ快..
貸し別荘コテージレンタル..
from 貸し別荘コテージレンタル情報..
家電製品家具レンタルリー..
from 家電製品家具レンタルリース情..
手作りジンジャーエール
from From a smallto..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧