タグ:イノシシ ( 3 ) タグの人気記事
Kさんのおてがみ
先日、南房総の家のある集落の会合に出ました。

平均年齢65歳、ほぼ全員男性という会。部屋に入ろうかどうしようかと迷うほどドキドキしましたが、週末田舎暮らしでも参加できる数少ない会合だったので、思い切ってがらりと戸をあけ、こっそりはじっこに座りました。娘もふたり連れて行き、目の前にはビールのかわりにカルピスがなみなみと注がれ、合いの手は柿ピーとさきいか。「早くばあさんになって、移住してこいや!」と肩をたたかれ、「いつもすみません、至らなくて」と頭を下げていました。

それぞれが世間話で盛り上がる中、さて、どうしよう、と所在なくしていたわたしに、近所のKさんが「こっちこっち」と手招きしてくれました。
わたしはあいさつのように、「今年もイノシシの被害すごかったですね」と持ちかけると、「そだなぁ~、でもイノシシにしたって、こども育てるのに必死だよなぁ~。ウリボウかっわいいしなぁ~。人間の勝手でワルモノにされてわりぃなあと思うんだどもよぉ~」と、とても素朴につぶやいたKさん。

なんだか、ハッとしました。

そうなんだよな、ウリボウかわいい。
イノシシだって愛しい。

ホントのところはそう思っているくせに、わたしはいつの間にか、「獣害」へのうすっぺらな対応について考えること、語ることのみに専念するようになっていなかったか?
獣害問題に真正面から取り組むのが「里山に住む者の使命」と思い、人間の生き方やふるまいのせいで害獣にされているという大事な認識や、イノシシの立場に立って語ることをいつの間にか脇によけて、前線で闘うぞと鼻息ばかり荒くしていっぱしの農村民ヅラを気取っていなかっただろうか?と。

人間以外の生きものの命と向き合うこと。
喰らうこともあれば、飼うこともあり、闘うこともあれば、守ることもある。
その、立場立場で矛盾を孕んだ状況を、そのまま受け止め、痛みに馴れることなく、素朴で謙虚な気持ちでいつづけることこそ、最も大事なことかもしれない。

生まれてからずっと三芳で暮らしてきたというKさんの、どこにも肩肘はらない透明なつぶやきは、心にとどまりつづけました。


その後、Kさんからいただいたメールの一部を紹介します。

『(前略)子ども達のにぎやかな声は楽しいですし、週末だけでも大歓迎です。それは田舎のことですから、いろいろ言う方もいるかもしれません。「ちゃあー飲みぃこーさ来るだけでぁねぇで、伐採もしゃっせえよ(お茶飲みにここに来るだけはなく、伐採もして下さいよ)」と言ったオヤジもいましたが、あの方は、口は悪いですが、言いたいことをはっきり言うので、私は好きなのです。でもこのまま限界集落化してゆきますと、みんながみんな、どうにもならないイジワルジジやイジワルババになりかねませんね。

(中略)ブログも拝見致しましたが、くすくすどころの騒ぎではございません。一人で大爆笑してしまいました。このような、楽しく豊かな文章に触れましたのは久しぶり、というか初めてかもしれません。また、背景の風景なども含めまして、生あるものへの温かいまなざしを感じました。
 
 ただ、当地がパラダイスのごとく描かれております事に、何やら後ろめたさも感じます。昔の話しをしてもせんないことですが、田んぼの隅(上の田んぼから水が落ちてきますから、そこだけ深くなっていたのです)やコンクリート化されていなかった水路には、フナやエビなどがいました。また田んぼ自体も暗渠排水の仕掛けがなかった湿田でしたので、稲刈り後、ひと鍬いれるだけでドジョウが何匹かにょろにょろと湧き出てきました。そして蛍もふーわりふーわりとたくさん飛んでおり、雨戸も閉めずに寝ておりました蚊帳の中に放して遊んだものです。

 下の平群川ももっともっと綺麗で、川辺でまっすぐでしなりのよい篠竹(布袋竹なら最高ですが)を見つけ、釣り竿を作り、一杯いたフナやハヤを釣り、母親が唐揚げやてんぷらにしてくれたものです。また、モクゾウ蟹が、もそもそと川底を歩き、手長エビもひょいひょいと泳いでおりました。

 馬場さんのお便りを拝見しながら、そんなことも思い出されましたが、そのような自然が段々と失われてきた代わりと言っては変ですが、私が小さい頃の、赤牛で田んぼを耕していた頃から比べれば、農作業が格段に楽になってきたことも事実です。でもそれで生活が楽になったかと言えば、必ずしもそうはなっていないところが、何なんだ、と思うところなのですね。(後略)』


集落の中ですれ違う時ひょいと頭を下げるにとどまる関係だったKさんからこんな話を伺えたのは、本当に嬉しいことでした。
というか、もっともっとこういう話が聞きたい。昔の三芳について知りたい。長い時間の流れを知る中でこそ、未来に目指す姿が見いだせるんじゃないか。

南房総ってすばらしい、ここでこれがやりたい、あれがやりたい、と、「自分がやりたいこと」ばかりが先に立ってしまいがちですが、地域の方々の言葉にじっくりと耳を傾け、心を通わせていくプロセスをもっと大事にしたいと、心から思いました。週末の限られた時間の中で、どうやって絆をつくっていくかが、今後の大きな課題です。

えいやっと参加した会合で、Kさんとお話できてよかった。
3月最後にある水路掃除も、息子らを連れて参加しよう。

今畑では、花をつけたソラマメが日々背を伸ばしています。
いいことだってたまにはある。
b0128954_0183085.jpg

[PR]
by babamiori | 2013-03-19 00:24 | 週末の出来事
イノシシと対峙する、苦悩と恍惚。
きのうの夕ご飯はなんでしたか?
お肉だったヒトー。

チキン?
ポーク?
ビーフ?

・・・ちがーう!
ちがうちがうちがう!
そんなんじゃなくて、食べてほしい肉があるの!

ぜひ、毎日食べてってください。
タダで食べ放題だから。
その前に獲り放題だから。


ぜんぶ獲ってってうちのイノシシ!!

だってヒトをバカにするにもほどがあると思わない?
こどもたちが丹精した、我が家の留守の守り神の直下を、がさーっとやってくれたワケ。
b0128954_14282862.jpg


めっちゃくちゃにほじくりかえされて、目を被いたくなる惨状。
一面に咲き誇っていた水仙も、どろどろにひっくり返っています。
ヤツら、根の下にいるミミズを食い漁ったに違いない。

・・・ってか。

かかしって、非力なのね。。。

イノシシにも腹が立つが、切ない顔で土手を見下ろすかかしのアホづらにも腹が立ってくる。


ここだけでなく、もうあらゆる土手を土砂崩れ寸前までほじくりかえすイノシシども。この被害に、週末田舎暮らし始まって以来最大の危機を迎えています。

思えば2年ほど前、うちの集落の田畑にイノシシネットが張られはじめ、そこらじゅう金網という景色になった時「ああなんて風情が減じらてしまったんだろう」とビジュアル重視の感想を持っただけだったのが間違いでした。
同じ集落のできごとなのに我が事とは思えず、自分の敷地は「まーたいした畑もやってないし、被害っていっても知れてるよねきっと」とそのまま囲わずに過ごしてきてしまった次第。
去年はたまに出没しては、なぜか畑以外のところをイタズラするだけで去っていたので、さしたる痛手には感じなかったんです。それが、ぼちぼち斜面を削りはじめ、それからあっという間に土手という土手が崩壊するに至り、今では来るたびに広がる被害を目の当たりにし、「今宵もイノシシがやってきてるだろうか」と考えるだけで夜も眠れない。

早く手を打てばよかったなあ。。

いつも今頃の季節は、山菜の萌芽に胸膨らむブログを書き連ねていましたが、今年はそんなワケで、山菜の圃場ともいえる土手環境が大きく損なわれてしまったため、春の喜びも半減です。。。

ブログを書く気もおきないし、おひなさまを飾る気もおきません。。。(エヘ^^)

つくづく、がっくりきてしまったわたし。
b0128954_14325197.jpg


それを見て、原状回復を試みる健気なマメ。
b0128954_1433259.jpg


たとえ大サジ1杯ずつでも、役に立とうとがんばるポチン。
b0128954_14332074.jpg


かかしより非力な協力隊です。

ここで頼りになるのは長男ニイニ。
「よーしそれならば」と、イノシシに渾身の一撃ッッ!

b0128954_14334447.jpg


コワい顔のニューかかしを増設。。。。。
これでイノシシが尻尾まいて逃げるのか?

あーこどもたちよ、ありがとう。
しょぼくれていても仕方ない。本腰入れて、イノシシ対策に乗り出しますよ母は。

これまでかかしはもちろんのこと、トウガラシの粉を撒いたり、練りカラシの粉を撒いたり、人間のマーキングを施したり、いろいろ手元でできることはやってみたが意味なしと分かったので、きっちりとイノシシ防護柵をつくるしかなさそうだと観念しました。
もう、やるっきゃないな。



・・・うちにかぎらず、イノシシ被害は里山保全の大敵です。
先日行われたNPO「南房総リパブリック」の里山勉強会@洗足カフェでも、里山の抱える問題のひとつとして害獣に関する話があり、みんなでお勉強しました。
b0128954_14373841.jpg


房総はここ数年、ウナギのぼりにイノシシが増えているそうな。
そして、その大半はイノブタだそうな。
b0128954_14372570.jpg


人里に獣がおりてくる環境をつくってしまったわたしたち人間は、これから、何倍ものエネルギーをかけて共生の環境を作りなおすか、その環境を捨ててしまうか、どちらかを選ばねばならない。

大変だけど・・・よし。
がんばって、新しい環境をつくろうっ!

そのためにも「敵を知る」ことは重要だ。
ゆっくり、じっくり、味わって熟知しようじゃないか。

これで分かるか!!
b0128954_14594149.jpg

「イノシシのラグー、手打ちパッパルデッレと共に」。

トレビア~ン♡
あの里山ディストロイヤーが、こんなに美味しい一品に大変身。

ちなみに前菜はこんなにビューティフルなの!
b0128954_14455944.jpg

b0128954_14461113.jpg


シェフは、幼稚園からの幼馴染みで出張料理人の、マカロン由香さん。
どこに髪の毛があるか分からないくらい日焼けしてテニスに励み、底抜けに明るい(だけの)女子高生だった由香ちゃんが、いつの間にか世界に羽ばたくフレンチシェフになっていたのにびっくり!!
再会を祝して南房総にお招きし、勢いあまって南房総の食材をつかったフレンチ料理をお願いした次第。
(彼女のブログにも紹介されています)

本当に美味しい料理は、ヒトを元気にし、大きな山に挑む力を与えてくれるのです。
b0128954_14452218.jpg

b0128954_14493991.jpg

b0128954_1445176.jpg



と、いうわけではありますが。
喰ってばかりでは埒あきまへん。

南房総リパブリックでは、さまざまな里山活用の試みに加え、新たに「狩人枠」で参入メンバーを募集することにします!!

だれか、狩人はおらんかね~?

いなけりゃわたしがやるしかないじゃないよう・・・・・・(殺生苦手)
[PR]
by babamiori | 2012-02-20 15:10 | 生き物について
イノシシ退治はきみらに任せた。
昔から、殺生は苦手でね。

えらそうに「生き物を喰らう」とか言ってるわりには、殺すという行為がどうしても恐ろしくて、しじみやあさりを熱湯に入れる瞬間も「なんまんだぶなんまんだぶ」とつぶやいてしまう。

・・・思えばこれは、母の影響かと思います。
小さい頃、どこぞから生きた伊勢エビが家に届くと、父が嬉しそうに湯を沸かす傍らで、母は「きゃー!わたしダメ!かわいそう!!」と奥の部屋に逃げ込んで布団をかぶって念仏を唱えてたもんな。
高級なんだから喜べ!とこどもながらに思いました。

そして父は「だって茹でたらおいしいおいしいって食べるでしょ。お肉も食べるでしょ。おかしいですよ」と、いつも失笑していました。わたしもそれに激しく同調しながら、でももみ殻の中でキシキシいう伊勢エビの関節の音が怖くて、なんでわざわざこんなにかわいい生き物を茹でて食べるんだろう?と心の奥底では抵抗感がふくれあがっていたのを覚えています。

今のじぶんはというと、いつも自分がしていることとの整合性なんか爪の先ほども考えないで、感情に正直に「きゃー!」という母の愚かしさへの反発から、生き物を殺し、喰らうことを直視する教育をしてきているわけだけど。

自分自身は、実はたいへん弱いです。。。

子供の頃は蚊も殺せないで、はたいて追い払っていました。
殺すのが好きなのも壊れてると思うけど、あまりに殺せないのも壊れてると自覚してる。


だけどね。
生きるためには、闘わなきゃいけない場面もあってね。
やられっぱなしってワケにいかないのよ。死活問題として。


去年あたりからたまーに敷地内を荒らされることがありましたが、ここ半年は明らかに被害が拡大しているんです。

ってか、たぶんうちを食堂がわりにしているヤツが、複数いるんだと思う。
あいつですよ、あいつ。

イノシシ。

だって道のわきの土手の部分に、イノシシの幅の獣道がしっかりできていて、その踏み固められかたを見ると、ひょっとしたらわたしたちより頻繁に来てます?というかんじだし。
裏山から滑り降りてくるときのヒズメの跡もしっかり残っているし。
夜中に車で到着した時、1m以上の子イノシシが3頭、まさにうちの敷地に入ろうとしていたところに出くわして、しばらくじーっと見合ったこともあるし。
ついこないだも、かわいいサイズの大人イノシシが、アプローチの道端にたたずんでいるところに車でご対面して、そのあどけない顔つきにウッカリなごんでしまったし。


でも、こやつらのビヘイビアは、ぜんっっっぜんかわいげない。

そこらじゅうを質の悪いトラクターみたいにほじくりかえして、タンパク質を探すんです。
ミミズがいそうなちょっと饐えた匂いのする土が好きらしく、木の根もと、枯れ草の積んである下、土手なんかがめちゃくちゃ。
きちんと耕してある畑は意外に興味がないみたいで、カブも小松菜もタマネギもまったく手つかずなのですが、その周囲は歩くことができないくらい、でっこぼこです。

b0128954_19175486.jpg


そして何より、土手をやられるのはコワい。
急勾配ながら何とか保たれている土手面をざくざく掘り返してくれるため、土が流出して崖崩れが起きかねない状態なのです。毎度スコップで土を戻し、踏み固めているけれど、範囲と深度がどんどん増えるのでもうやってられない。


じつはうちの周辺の専業農家さんたちの敷地の周りは、数年前から鉄の柵がはりめぐらされています。トウモロコシ畑や水田のイノシシ被害が甚大になったため。
わたしたちが土地を買った頃のようにどこの田んぼにでも入っていけるようなフリーなかんじはなくなり、害獣からの保身のため、ゲイテッドエリアをつくらざるを得なくなってしまったのです。

しかしながら。
うちは、まだ、柵つくってない。
ってか、言ってみれば、イノシシ居住区内にある我が家。。。

そりゃあ、やられるわな。



つい2週間ほど前には、うちに入る道のすぐ脇に、こんなものがセッティングされていました。
b0128954_19181011.jpg

・・・罠だ。
行政が置いたものらしい。
b0128954_19182954.jpg

檻の中には米ぬかが敷かれていました。
匂いでおびき寄せる算段です。

おっそろしいものが置かれたなあ、この中に入ってしまって半狂乱のイノシシと出くわすことになるのか?と考えていると、こどもたちは「あーイノシシかからないかなあ!」「本間さんのつくるイノシシ肉の煮つけ、めっちゃおいしいよね!」などとわくわく話してる。
タフなもんだ。


でも実際は、なかな罠にはかかからないそうです。

だいたいイノシシってやつはとても賢くて、人間の罠なんて視覚的に警戒して入らないらしい。
その上、慣れてしまうと電柵であっても乗り越える図太さがある。鼻の先っちょはびりびりに弱いけど、剛毛の生えている部分は大丈夫らしいのです。しかも、牙は重さ70キロ程度のものならひっくりかえせるほどの力があり、いわば4つ足のユンボ。
また、他の獣はブタの血を凝固させたものなどをまいておくと身の危険を感じて逃げていくらしいけれど、イノシシは自分の子でも死んだらすぐ食べるくらい獰猛で強欲なので、まったく効果がないんだって。
(↑イノシシ本、買って読んじゃったよ)

で、まあつまるところ、知れば知るほど打つ手なしと分かるのよね。
「週末田舎暮らしで困ることとか、ありませんか?」と聞かれると、以前は「スケジュール管理とか~、草刈りです~」と答えていた気がしますが、今では「イノシシっす!」と即答するわきっと。


・・・こうして親が、やられっぱなしで方策もなくシケシケと落ち込んでいるとき。

こどもたちは、こどもたちの考えで、できることをしようと思ったらしく。

寒がりのくせして朝から外に飛び出して、得意ののこぎりでジコジコジコジコはじめた。
b0128954_1922541.jpg


次にニイニが、竹に怪しげな切りこみを入れはじめた。
b0128954_19222537.jpg


んで、切りこんだ部分をばりっ、ばりっ、と掻き取り、そこにもう1本の竹を十字に組み嵌めて、紐でぐるぐるぐると縛ってった。
b0128954_19224197.jpg


・・・古典的な手段だな。
そんなもん意味あるの?

「あるよきっと!だってこれ、ママそっくりじゃん」

b0128954_19231435.jpg


あっは。
ちょっと似てるかも。肩が張ってるかんじとかぽきぽきしたかんじとか。
ってかその服、わたしが着倒したユニクロのボロフリースじゃん。
これ着てるだけでママにしか見えないよなあ。

ただ、いくらママがコワいからって、ママみたいなかかしでイノシシが退くか?

「これ、まっじ最強だよ!!!つよそ~~!」

そうか?顔はちびまること思うけど。
b0128954_19232968.jpg


マメもたいそう気に入って、かかしにまとわりつきます。
「ママ―♪」
b0128954_19233974.jpg


ママじゃないって。


・・・ただ、もしこれでイノシシがびびってこなかったら、かなりステキなことじゃないか?
畑の真ん中に突き刺したかかしは思いのほか存在感があり、こりゃあひんぱんに服を着替えさせれば、けっこうイケるかしら♡と気分が盛り上がります。


気を良くしたニイニは、翌日もうひとり増産。
b0128954_1924090.jpg


悲惨なかんじに崩されている土手の真ん中に、ぐさっと突き立てておりました。
b0128954_19243161.jpg


どうせならドスのきいた怒り顔にすりゃいいのに、なぜかまたイイ人風の顔。
b0128954_192412100.jpg


しかし、楽しいもんだなかかし。
この調子で毎週かかしを増産して敷地内にかかしが林立してれば、イノシシ来なくなるかいな?

帰り際に車の窓をあけて「じゃ、よろしく頼むよ!」とかかしに声をかけると、心なしかこくっとうなずいた気がしました。

よし。魂入ったな。


追:家に落ちていた、ポチンのかかし設計図。
b0128954_2324423.jpg

[PR]
by babamiori | 2011-12-22 19:29 | 週末の出来事



ひょんなことから、南房総に8700坪の土地を手に入れてしまいました。平日は都心で建築ライター・コーディネーターとして働き、週末は南房総で野良仕事。ちょっとムリして始めてみた二重生活ですが、気付けば主客転倒で、どっちがメインの住まいかわからなくなっています。田舎暮らしの衝撃と感動、苦悩と快感をそのまま綴ります。 ニイニ中3、ポチン5年、マメ1年。

by babamiori
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
フォロー中のブログ
古今東西風俗散歩(町並み...
妄想ファミリー、房総に住む!
amane
土橋陽子の design...
カテゴリ
全体
田舎暮らしのこと
週末の出来事
南房総のこと
食べ物のこと
東京にて
生き物について
ニイニ
建築について
お知らせ
産後について


未分類
タグ
以前の記事
2017年 01月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
検索
最新のトラックバック
地元で獲れた地魚寿司です..
from 出張先
山越うどんのかまたま山が..
from 口コミ情報ライフ
草を刈る人、、国土交通省..
from 背面飛行がとまらない
スイマーバ
from スイマーバ
亜麻仁油 効果/効能
from 亜麻仁油 効果/効能
レンジで簡単!!たまごっ..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
カビ防止・カビ対策で防カ..
from カビ防止・カビ対策で防カビ快..
貸し別荘コテージレンタル..
from 貸し別荘コテージレンタル情報..
家電製品家具レンタルリー..
from 家電製品家具レンタルリース情..
手作りジンジャーエール
from From a smallto..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧