タグ:カブトムシ ( 4 ) タグの人気記事
男子の狩猟本能。
いる木には、いるんです。

砂糖と焼酎とリンゴジュースとお酢を適当に混ぜてぐつぐつ煮立ててドロドロですっぱクサい褐色の液体をつくり「このトラップならミヤマクワガタだっておびきよせられるぞ」「くっせ。。最強の匂い!!」と息巻いてあちこちにべたべた塗りたくったり、
b0128954_16153042.jpg


「ライトトラップつくったら最強じゃん?!」「オレたちでつくってみるか!」「懐中電灯をつけっぱなしにすりゃいいんじゃん?!」「・・・でもお父さんは300ワットとか必要で、発電機とかも必要だって言ってたよ」「・・・オレ、そんなの買うおかねないし」「・・・オレも妹の誕生日プレゼント買っちゃって今超びんぼー」と勝手に盛り上がって盛り下がった挙げ句、けっきょく夜道の電灯下探しでデカモノを仕留めようと話がまとまって、夜釣り用のヘッドライトを光らせて歩き回ったり、
b0128954_16161836.jpg


そんなやみくもな努力は、1本の電話にあっさり負けました。


「三芳の堰の近くに、有名な木が1本あるって。遠くから車で来る人もいるくらい、よくいるんですって」

村上さんの奥様に教えていただいた地元情報は、どんなトラップよりも確実。
この木か?と狙いを定めて近寄れば、
b0128954_16214797.jpg


ニイニの、飛び出た目ん玉の先に、
b0128954_16165156.jpg


ヤラセのようにカンペキな構図!!
b0128954_16181825.jpg


「こんな風に樹液がじゅわーっと染み出している木なんて滅多にないよ!」


今年初のカブトムシ♂♀、ゲット~~~!!
b0128954_16191857.jpg

こちらリリースせず、お持ち帰りです。


もちろん、海でも網を振り回すハンターたち。
b0128954_16194464.jpg


マヌケな順にひっかかっております。
ハゼ、イソスジエビ、カニ。
b0128954_16263995.jpg

モクズショイ。
b0128954_1619574.jpg

ハコフグ。
b0128954_1620918.jpg

でも容易に食えないし飼えないのでリリース。
b0128954_16203371.jpg



4年男子、ろくでもない夏の行脚はつづきます。。
[PR]
by babamiori | 2010-08-09 16:22 | 生き物について
出生届も、カブトムシも、夜。
生まれてから10日間も名無しの権兵衛だった、マメ。
b0128954_16285989.jpg

今回は本当に悩みました。

候補の名前は30くらいあって、そのうち8つに絞られたのですが、そこから先がどうにも決まらなくて。
「よし、これにしよう!」と思った名前があると、とりあえず1日その名前で呼んでみるのですが、「うーん、この名前ほど可憐なかんじじゃないなあ」と却下したり「やっぱり、一昨日呼んでいた名前の方がいいかもな」と戻してみたり「ある意味この子っぽいけど…結婚できなそうな名前だなあ」と揺れてみたり。

ポチンは完全に混乱してしまい、保育園でお友達のママから
「赤ちゃんのお名前決まったの?」
と聞かれると、
「○○じゃなくて~△△じゃなくて~□□じゃなくて~、えーとー、わすれちゃったー。
だってさあいろいろあってわかんないんだもん!!」
と半分怒って答えていたそうです。

とはいえ、いつまでも名前がないと呼ぶに呼べなくて結構辛いものがあり、「赤ちゃん」と呼び続けるのにも限界があり、ついに先日「これでいこう!」と腹をくくって決めました。
その名前は、生まれる数か月前から候補にはなっていたのですが、周りの人たちに打診すると極端に賛否両論分かれるので、ずっと躊躇していたもの…
でもま、ニイニとポチンが最終的に諸手を挙げて賛成してくれたので、えいやっとふんぎりをつけて出生届にその名を記すことに。
b0128954_162945100.jpg

書いてしまえば早いもので、その夜、家族5人で区役所に出生届を出しに行きました。
そう、我が家はいつも出生届を夜に提出するのです。
区役所の「時間外受付」という世にもしょぼい裏口からこそこそっと入って、薄暗い廊下の手前にある窓口をこんこんとたたき、中でテレビを見ている夜勤のおじさんに「すみませ~ん、あのー出生届だしたいんですけど」とちょっと恐縮して声をかけるというおきまりコース。
b0128954_2005333.jpg

どうして夜行くかというと…あれ?なんでだろう。理由は特にないかも。何となく、家族でわくわくしながら夜出かけるあの風情がけっこうイイ、としか言いようがありません。

でもまあ、特別ドラマチックなことも起こらず(窓口の人に「そんな、親のエゴでつけたような名前、受け付けられません!」と突き返されることも、「このご時世に、ずいぶんとまた平凡な名前にしちゃったんですね」と冷笑されることもなく)、淡々と事務処理をこなして、さっさと出てきました。

帰りにコンビニでアイスを買って帰るのも、恒例。
b0128954_19555474.jpg

ニイニはクーリッシュのバニラ、ポチンはスイカバー、夫はレモンのかき氷、わたしはパピコ、そしてもちろんマメは、おっぱい。

スイカバーを食べながら、ポチンがニイニに聞きました。
「ねえ、カブトムシにこれあげたら、食べるかなあ」
ニイニは心底バカにした言い方で「食べるわけないじゃん」と一蹴。
「でもさ、食べるかもしれないよ。あげてみよっか」とめげないポチン。
「そんなことしちゃダメだよっ、カブトムシが死んじゃうだろ!せっかく増やしてるのに!」
目くじらをたてて怒るニイニに、わたしはすかさず横やりを入れました。
「ニイニ、あなたせっかくうちで羽化したカブトムシを三芳村に返してやったのに、新しいやつをまたとってきちゃったでしょ。今年も卵産んだら、どんだけ増えちゃうと思ってるの??去年はつがい1組だけで8匹かえったんだよ、今5匹もいて、それが交尾したら、どんだけの卵を育てなきゃいけなくなると思うの!?」

そうなんです。
先日、パパと一緒に三芳村に行った時に、うちで成虫にしたカブトムシ8匹のうち4匹を、去年この子たちの親を捕獲した場所に戻しに行ったのです。セカンドハウスから、車で10分くらいのところ。
b0128954_19561825.jpg

これでやっとうちのカブトムシが減ったわ、と思ったら、ニイニってばその後続けて、新しい個体を探しはじめたらしい。
電灯の下、自動販売機の近辺などを、うろうろうろうろ。
b0128954_19564774.jpg

「もう今日は見つからないから、帰ろう」と促す夫の声を無視して、しつこく探しまくり、とうとう、チビクワガタを1匹ゲット。
b0128954_1957220.jpg

しかも、夜セカンドハウスに戻ると、なんと玄関に1匹、カブトムシがくっついてたんだって。もちろんそれも、お持ち帰り。

というわけで目下我が家には、
8(カブ)-4(カブ)+2(カブ1、クワ1)=6(カブ5、クワ1)在住という状態なのです。
しかも、今年の夏は、まだまだ長い。今後増える可能性、たかっ。
「もう、しらないよ。さすがにママは面倒みきれないからね」
と釘をさすわたしの横で、夫がぼそっとつぶやきます。

「でもな、同じ親から生まれた子供同士で交尾させるより、違う個体が1匹入った方が、血が濃くならなくていいんだよな。だから、ニイニが捕まえたカブトムシは、うちにとって必要なんだよな」

ニイニの肩もって言ってるんだろうけど…そういう問題じゃないでしょうが!
[PR]
by babamiori | 2008-07-23 23:34 | 南房総のこと
陣痛と羽化、早かったのはどっちだ?
もう、いい加減、待ちくたびれています。

おととい、自分の予感としては「生まれる」という手応えがあったんです。
赤ちゃんの頭がぐっと下がった気がしたと同時に胎動も少なくなり、さらに腰の痛みとお腹の張りが同時に起きる前駆陣痛らしきものもあり、「お!いよいよか!?」と思ったのですが、どうもそれ以来、気配が消えてしまって…しーん。
とってもつまらないです。

今日あたり出産かもと思ってからというもの、妙に元気が出てしまって、入院の準備はもちろんのこと、家の大掃除やら粗大ゴミの処理やらめったに洗わない大物の洗濯やら冷蔵庫の整理やら貯蔵品の買い出しやらオウムのミリィちゃんの鳥かごの掃除やらカメラの修理の手続きやら子どもたちへの手紙やら振込やら挨拶メールやらすべてすべてすべて、ものすごい勢いでこなしたわたし。
昨日は、授乳を始めたら絶対に食べられない、山椒とトウガラシ満載の四川料理のランチも食い納めちゃったし。

で、今日はもう、いよいよやることがなくなってしまいました。
目下、手持ち無沙汰です~~~

しかも、早まって親族友人各方面に「今日あたり生まれるかも!」と連絡してしまったため、メールや電話で「まだ?」「そろそろ?」「産んじゃった?」と問い合わせが相次ぎ、バツが悪いことこの上ない。

極めつけは今朝の産婦人科の検診。
「先生!お腹張ってきました!そろそろでしょうか?」と勢い込んで聞くも、「うーん、まだどうも熟していないようですね~」とのこと。がくっ。
「赤ちゃん大きいですから、1週間後の検診までに生まれなかったら、促進を考えましょうかね」だそうです。
いっしゅうかんごって、いっしゅうかんごって、気が遠くなるほど先のことじゃないですか!
なーんてこった。
3回目の出産なのに、わたしの「予感」ってまったくあてにならない代物だということか。

仕方がないから、自分の力でできるだけ促進しよう!と思い、やたらと軽快に散歩したり、雑巾がけをしたり、スクワットをしたり、あぐらをかいたり、うんこ座りをしたりと、「陣痛促進によい」とされるあらゆることを盛り込んだ生活に切り替えてみました。
今夜もこどもたちと遠くのコンビニまで散歩しようと計画していたのですが、さすがに張り切りすぎたツケがまわってきて、突如ダウン。ソファにぐったりころがっていたら、赤ちゃんがバンバンお腹を蹴るのが伝わってきて、「ああ、まだ生まれないのか」とがっかり。
あまりに陣痛を待ち焦がれて想像陣痛なんてことになりかねないわたしのことを、赤ちゃんが小バカにして「まだ生まれてやるもんかーへっへっへのへー」とせせら笑っているのかも。
(大きい赤ちゃんだと聞いているため、なーんかふてぶてしい性質なんじゃないかと根拠なく勘繰ってしまっているなあ。)

というわけで、こちらがこんな埒あかない状態である一方、傍らでは順調に育って見事に変貌を遂げた子たちもおりまして。

そう、ニイニが去年の夏に三芳村で捕ってきたカブトムシのつがいが交尾・産卵し、この子たちがぐんぐん大きくなり、1年後の夏を迎えたのです。
無事に幼虫から蛹になったのが8匹。ビンの中に1匹ずつ入れて育てていたのですが、土が足りなかったようで蛹室をうまくつくることができず、すべて土の上でごろんと仰向けの蛹になってしまいました。
そのままだと羽の部分を下にしたまま過ごすことになるため、羽化不全を起こす危険があるということで、慌てて段ボールで筒を作って人工蛹室をこしらえてあげました。
b0128954_0514096.jpg

これが功を奏したのか、これまでのところ、無事に3匹羽化しました!!
ご立派!!
b0128954_0515568.jpg

飼育下のカブトムシの羽化は6月下旬~7月と聞いていたので、「ママの出産とどっちが早いかねえ」なんて話していたのですが、どうやらわたしは、負けたようです。
(でもまだ蛹の子があと5匹いるから、全部羽化する前には生みたいなあ。)

女子校育ちで妹しかいないわたしは、カブトムシを捕まえて卵を産ませて育てたのは初めて。ニイニと一緒に暗中模索で育て方を調べながらやってきたのですが、こうやってちゃんと羽化してくれた子と対面すると、じーんとくるものがあります。
ニイニなんて、泣かんばかりに感動していました。
「かわいいなあ~。よく出てきてくれたなあ~。こんなに立派になって。」
手の上にそっと乗せて相好を崩している様は、まさにわが子の誕生を喜ぶ親。
b0128954_0521527.jpg

生き物を飼うって、本当に大変だけど、本当に面白いです。
わたし、ひょっとしたら、その感覚の延長で子供を増やしているのかも…
[PR]
by babamiori | 2008-07-05 01:09
うちには子宝の神が宿るのか?カブトムシもオイカワも。(そしてわたしも)
カッと太陽が照りつけるともう夏を思わせる陽気になる昨今。
そろそろ、この子たちのメタモルフォーゼが始まります。
この子たちって?
そりゃ、カブトムシの幼虫だわよ。
b0128954_10234053.jpg

去年の夏、三芳村の家の近くで苦労して捕ってきたカブトムシのオスとメスがしっかり交尾なさって初秋に卵を産み、ちゃんと幼虫になった8匹がうちの子供部屋ですくすくと育っているんです。
(これね、捕るのホントに大変だったんです。ニイニの執念にひきずられて夜な夜な家族でうろうろ。電灯の下という下をすべて見て廻り、何とか2匹みつけました。夫なんて、木の上にいるカブトムシを捕ろうとしてスズメバチに刺されたんだから。)
b0128954_10243187.jpg

1匹1匹を別々の容器に入れて、その中に昆虫マット(くぬぎやナラの腐木のフレーク)をいっぱい入れて飼っています。2週間もすると容器の中の昆虫マットの量が半減し、かわりにコロコロのうんこがたーくさん。こんな土みたいなもんだけでよく大きくなっているわな、と驚きます。
2週に1回マットを取り替える作業はけっこう大変。ニイニはいいんです、「うわ、でけー!成長してるよママ!」と感嘆の声をあげながら嬉しそうにやっているだけなんだから。その後始末が、ホントに悲惨なのだ。どんなにがんばっても部屋中に土状の昆虫マットがばらばらと落ちてしまうわけで、それを足の裏にくっつけて歩き回るニイニに「コラ!動くな!」と怒声を飛ばしながら掃除機で吸いまくるわけ。
わたしも虫は嫌いじゃないから、ニイニと一緒にほのぼの作業したいのはやまやまなんだけど、最低限の生活秩序を死守するためにしばしば目を三角に吊り上げねばならない。‘清潔’とか’整頓’とかどーでもいいと思っているニイニにとって、わたしは鬼でしかないでしょう。ママ業というのは因果なモンです。

でもね、誰も褒めてくれないから自分で言うしかないけど、わたしはかーなーり理解のある親だと思いますよ。
こんだけの生き物を飼わせてあげてるんだから、感謝してほしいよ。

ちなみに、うちにいる「子供達」はこれだけじゃありません。
東京の家の近くを流れる多摩川で捕ってきたオイカワが産卵して、その稚魚も育てているんです。
まったく、うちはどいつもこいつも子沢山で参るよ。(あ、わたしもか。)
b0128954_10283086.jpg

先日は、この子たちの親を、ニイニが放流してきました。発情が激しくてこれ以上水槽の中で飼えなくなってしまったため。(他の同居魚を追い回す・餌を独り占めする。)発情しているから色が綺麗でしょう。
b0128954_1029279.jpg

去年、1センチくらいの稚魚の状態で多摩川から捕ってきたものだったので、よく育ったな、子供まで産んで・・・と感慨もひとしおでした。
初めての外界で、ちゃんと育ってくれるといいんだけど。
b0128954_10321068.jpg

ついでだから暴露すると、今年のGWは、ワケあって三芳村にいけませんでした。かわりに八王子の秋川にピクニックに行き、ここでもガサガサをして魚を捕ってきました。ニイニと夫がね。
どう思います?このふたり、クローンか?
b0128954_10334788.jpg

しかもこの日は大漁。シマドジョウ、ムギツクやアブラハヤやタモロコの稚魚の他に、
「ママー、超めずらしい魚がとれた!!アカザだよ!!」
b0128954_10342362.jpg
・・・もちろん、この方達も、我が家で飼っています。
もう、うちには生き物が何体いるのか把握できません。
わたしに休日をください・・・
[PR]
by babamiori | 2008-05-09 10:07 | 東京にて



ひょんなことから、南房総に8700坪の土地を手に入れてしまいました。平日は都心で建築ライター・コーディネーターとして働き、週末は南房総で野良仕事。ちょっとムリして始めてみた二重生活ですが、気付けば主客転倒で、どっちがメインの住まいかわからなくなっています。田舎暮らしの衝撃と感動、苦悩と快感をそのまま綴ります。 ニイニ中3、ポチン5年、マメ1年。

by babamiori
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
リンク
フォロー中のブログ
古今東西風俗散歩(町並み...
妄想ファミリー、房総に住む!
amane
土橋陽子の design...
カテゴリ
全体
田舎暮らしのこと
週末の出来事
南房総のこと
食べ物のこと
東京にて
生き物について
ニイニ
建築について
お知らせ
産後について


未分類
タグ
以前の記事
2017年 01月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
検索
最新のトラックバック
地元で獲れた地魚寿司です..
from 出張先
山越うどんのかまたま山が..
from 口コミ情報ライフ
草を刈る人、、国土交通省..
from 背面飛行がとまらない
スイマーバ
from スイマーバ
亜麻仁油 効果/効能
from 亜麻仁油 効果/効能
レンジで簡単!!たまごっ..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
カビ防止・カビ対策で防カ..
from カビ防止・カビ対策で防カビ快..
貸し別荘コテージレンタル..
from 貸し別荘コテージレンタル情報..
家電製品家具レンタルリー..
from 家電製品家具レンタルリース情..
手作りジンジャーエール
from From a smallto..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧