タグ:八ヶ岳倶楽部 ( 1 ) タグの人気記事
脱・南房総。脱・主婦。
あーあ。
今年も去年やその前と同様、ぺろんと暦がめくれて夏が終わりました。

外に出るときは長袖を着ていたにもかかわらずなぜか真っ黒に焦げ付いた肌もちょっと前までは「小麦色」として何とか市民権を得ていたけれど、秋になったとたん、これが急速に無用で無意味な夏の残滓になっていくんだよな。しまい忘れた麦わら帽子みたいに。
「絶対近い先祖にインド人がいるんだよ、おまえ」と夫に言われるほど暑さに馴染み、辛いモノを好み、色の黒いわたしとしては、たとえ日々「もうこの気温も湿度も勘弁~~~」と思っていたとしても夏じゃなくなるのは悲しいのです。


今年の夏は、まったくホントに、ずいぶんと、南房総にはまりこんでいました。
その生活たるや、もうまったく、朝:畑、昼:海、夕:畑、の繰り返し~
変化と言えば、順番が多少入れ替わるくらい。朝:海、昼・夕:畑、とか。
体を使って生活してると、まさに脳味噌が思弁的でなくなり、活字を見るコトもなくなり、それがむちゃくちゃきもちよかった!お~、こうやって生きていく方がぜんぜん幸せじゃん。と真面目に思えたくらい。
(昔から「房州の男は肋が1本足らない」と言われるらしいですが、まあそりゃそうなるわな。この温暖な気候と恵まれた自然環境に育てばそうそう気合いもいらなそうだし、眉間に皺も寄せなくなるわな)

でも。
わたしはですね、そんな休みの過ごし方が、何もかもが満足というわけではなかった。
贅沢かもしれないけどさ。

別に、特別な思いがしたいってわけじゃなくてよ。

たまにはさ、ほれ。「休みたい」と思うワケよ。

上記の生活の中には、掃除、洗濯、食事作り、後片付け、子供の世話、生き物の世話、というまあフツウの日常生活が織り込まれているわけで、それはセカンドハウスだからって免除されない。ホテルとは違うしね。

ホテルとは、違うしね。

ホテルとは、違うしね。

「・・・ホテルに泊まりたい!!」

そういう、骨休みという夏休みが、送りたい・・・

志が低くて申し訳ありませんが、わたしは、ホテルに泊まりたかった。
おさんどんから解放される日が、1日でいいから欲しかった。
「ママに休日を!!!」と口に出してはいいませんでしたが、きっと背中にそんな字がぼわっと浮き上がっていたかと思われます。


それを家族が察してか、いや多分偶然ですが、「休みの最後のほうで、2泊くらいどこかに泊まりに行こうか?」という話になりました。去年は長いアメリカ旅行をしましたが、今年は体力と財力を蓄えるために海外はもちろん控え、近場でね。

・・・近場の旅行。
何て気楽なんでしょう!!
スーツケースもパスポートも国際免許書もなーんもいらない。
ほぼ思いつきで宿を取るだけ。
うっほほーーーい!!


で。
行った先は、八ヶ岳。
夫が小さい頃から毎年行っていた場所で、子連れでも何度か行っているということもあり、「知らない土地はしんどいしのう、やっぱり知ってるとこが落ち着くべ」「んだんだ」とわれら老夫婦は小さくまとまった次第。
しかも、高原というところがナイス!涼しいに決まってるさ。

いやー、よかったっす!
たくさん遊んで、おいしいもの、いーーーっぱい食べた!!
わたしにとっては、「他の人がつくってくれたもの」はほとんどすべておいしいんです。楽ちんなだけでおいしい!でも楽ちんをさっぴいたとしても、いろいろおいしかったぞ。

というわけで、今回は八ヶ岳で食べたレストランと食べ物をいくつか紹介します。
(前振りが長すぎた。。)

まずは、わたしが今まで食べた欧風カレーの中でいちばんおいしいと思えるのが「アフガン」のカレー。
b0128954_16332597.jpg


いの一番に、ここに行きました。
べつになんつーことのない小さな店です。でも、古い山小屋に古い小物がたくさん並べてあり、その具合がすごく心地よい。店にするためにこうしたというより、物好きな店主が好きなものを集めた結果だろうな~と思えるし、適当に埃をかむっているような雑駁なかんじも好き。
いつもは混んでいて行列だそうですが、たまたま豪雨の中駆け込んだからか、10分もしないで入れました。

頼んだカレーは、牛すね肉の煮込みカレー2、ポークカレー1、ソーセージカレー1。
値段はけっこう高い。1300円~1800円程度。
でもまあ、雰囲気代も込みで許せます。ボリューム満点だし(肉は200gくらいある)
何より、わたしはここの味付けが好きです。
いつも自分でカレーをつくっていて思うのが、「フツウにはおいしいけど、フツウだな」ということ。何が足りないのかが不明。肉が多ければよいというものではない。ここのカレーは、びっくりする味ではないのですが、思わず「おいしい!」と言ってしまうくらいはおいしいです。フツウの味付けなのにその風味があるのが、すごい。

写真が悪いんだよな。
わたしたちいつもお腹を減らしてるから、料理が来る前に写真を撮ることができない。
b0128954_16333698.jpg

・・・汚くてすみません。


次は、「八ヶ岳倶楽部」というカフェレストラン。
b0128954_16335641.jpg

いちきゅうわけで有名な元俳優の柳生博さん一家が経営しています。こどもたちにとっては、教育テレビ「モリゾー・キッコロ」の番組の柳生真吾おにいさんの方が分かるだろうな。
柳生一家が時間をかけて作っていったという素敵な雑木林の散策路があり、ギャラリーもあったりして、「南房総の我が家もこうすりゃええかな?」と思わず考えてしまうが、雑草の伸び方を見ると八ヶ岳はぜんぜん遅そうで、これだけ広けりゃ素敵な雑木林を作る以前に素敵なセイタカアワダチソウ林ができそうだななんて妄想さえ挫折。
誇りに思っていた南房総の環境に、微妙な劣等感をもつ瞬間。。

ショップに置いてある「農業用手ぬぐい」「帽子」「長靴」などもオシャレさん。
b0128954_1714583.jpg

b0128954_1635333.jpg

カインズのものを愛用しているわたしとしては、こんな洒落臭いもの必要ないわい!と思いながらも、ちょっと、草木染めの手ぬぐいを首に巻いてみたりして。
帽子もかぶってみたりして。
「こんな洒落た小物を使えば、気分変わるかな?」と想像したりして。
でもすぐ、汗だくでドロドロの自分の姿が目に浮かび、こそっと棚に返しました。

それはおいておくとして、ここの名物は「フルーツティ」です。
フルーツフレーバーのついた茶葉を利用したものではなく、ホントにフルーツを煮立ててつくったお茶。これ。
b0128954_16355137.jpg

ねーきれいでしょ?
イチゴ、メロン、巨峰、りんご、オレンジ、レモン、キウィ。
贅沢な量のフルーツが入っています。これを眼の前で火に掛けて、いただく。
うーん優雅。
(そういえば、、我が家にもこれとおんなじフルーツティーポットがある。一度も使ったことがありません。過去に夫が買ったのだろうか?それとも義母が?それとも同伴の・・・?ぶるぶる。まあどうでもいい。)

味は、とってもマイルドで上品。言い換えれば「ん?ぼんやりした味?」
・・・でもいいのです!!
これは雰囲気がよろしい。フルーツの香りがお湯にうつったくらいの、優しい味がここには合う。しかも煮出すとけっこうホントにフルーティ。
お値段はフルーティではありません。1680円。5人で楽しめたけど。

「ねえ、このポットの中のフルーツは、食べられるの?」
「これは煮出した後のだから、食べないものよ!」

そんな。中を出して食べるなんて、はしたない。
さ、帰りましょ。

・・・振り向くとニイニが。
b0128954_1636939.jpg

だから南房総育ちは。。


さて、疲れてきたので最後!
わたしたちが2泊した「萌木の村」のホテル、ハットウォールデンのレストランで食べた、フレンチです。
けっこうおいしいというので、2日目の夜は予約しておきました。
2歳という、ありえない年齢の子供も受け入れてくださいました。
ホテルに併設されているレストランなのですが、たいへんにひっそりとしていて「森の小さなレストラン」といった風情。
b0128954_1658264.jpg

ま、ホテルも「森の小さなホテル」なんだけどね。静かな小さな部屋にはテレビもなく。
ちなみにホテル敷地内には、夜までずっと動いているメリーゴーランドがあり、幻想的でした。
夜のメリーゴーランドって、どうしようもなくメランコリックなものなのです。
b0128954_1762633.jpg


フレンチのメニューは1つだけで、素材は前菜にフォアグラ、魚は舌ビラメ、肉は甲州ワインビーフといたってオーソドックスでしたが、仕立てがよくてとてもおいしかったです!東京で出店しても遜色なし。
嫌~なガキであるニイニは、「フォアグラ最高!」とほおばっていました。
b0128954_16362261.jpg


生意気だ。
キミはレバニラ炒めでまだ充分な歳なはずだ。

心配していたマメの挙動でしたが、グラスを割ることもなく、ものをひっくり返してこぼすこともなく、何とか乗り切りました。
それも、これのおかげ。
b0128954_16364519.jpg

とうもろこしのスープ。
口に合っていたらしく、小さなスプーンで1口3ccくらいずつ、30分かけてすくって飲んでいました。
あとはバターをべっとりとつけたフランスパンと、ママが分けてあげた柔らかいビーフ。「もっとおにく!」「もっとおにく!」とたびたび叫ぶのには閉口でしたが。。

やっぱりフレンチは、オトナだけで行くべきだよねえ。
子連れは子連れで楽しかったけど、わたしは始終、片手でマメのスープを押さえていたし、ニイニに「スープはずるずるしない!食べるように飲むのよ」とマナー指導もしつつなので、若干疲れました。
でも、ウェイターのおにいさんがとっても親切で、これでもかというほど気配りのある人だったので、ホント救われた。ありがとうおにいさん!

実は、ウェイターのおにいさん、夜はバーテンもしています。
寝付けなかったポチンは、パパとママがバーに行くときにひょこたらついてきて、彼にノンアルコールカクテルをつくってもらいました。
b0128954_16365917.jpg

「はい。めしあがってみてくださいね」
スイカのシロップと、オレンジジュース、炭酸のカクテル。

ポチンは、目がハートハートハートハート。。
23時にオトナと一緒にお酒飲むところにいるだけで夢みたいなのに、眼の前にはかっこよくてやさしい王子様のようなバーテンさん。
「わたし、この旅行で今がいちばんうれしい・・・」とうわずった声出してました。




あー。
外食って楽しい。
でも、書いているとそれだけでお腹いっぱいになって「夕食は粗食で、野菜中心ね」という気がしてきます。口惜しいけど主婦が染みついてるわ。。


なりゆきで食べ物の話から入ってしまいましたが、八ヶ岳ではけっこうな外遊びをしてきました。その話は、次回。
[PR]
by babamiori | 2010-09-02 16:40 |



ひょんなことから、南房総に8700坪の土地を手に入れてしまいました。平日は都心で建築ライター・コーディネーターとして働き、週末は南房総で野良仕事。ちょっとムリして始めてみた二重生活ですが、気付けば主客転倒で、どっちがメインの住まいかわからなくなっています。田舎暮らしの衝撃と感動、苦悩と快感をそのまま綴ります。 ニイニ中3、ポチン5年、マメ1年。

by babamiori
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
フォロー中のブログ
古今東西風俗散歩(町並み...
妄想ファミリー、房総に住む!
amane
土橋陽子の design...
カテゴリ
全体
田舎暮らしのこと
週末の出来事
南房総のこと
食べ物のこと
東京にて
生き物について
ニイニ
建築について
お知らせ
産後について


未分類
タグ
以前の記事
2017年 01月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
検索
最新のトラックバック
地元で獲れた地魚寿司です..
from 出張先
山越うどんのかまたま山が..
from 口コミ情報ライフ
草を刈る人、、国土交通省..
from 背面飛行がとまらない
スイマーバ
from スイマーバ
亜麻仁油 効果/効能
from 亜麻仁油 効果/効能
レンジで簡単!!たまごっ..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
カビ防止・カビ対策で防カ..
from カビ防止・カビ対策で防カビ快..
貸し別荘コテージレンタル..
from 貸し別荘コテージレンタル情報..
家電製品家具レンタルリー..
from 家電製品家具レンタルリース情..
手作りジンジャーエール
from From a smallto..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧