タグ:梅シロップ ( 1 ) タグの人気記事
だれる夏。冷やし梅。
あれは軽く四半世紀前のこと。

「あついよう・・・」「暑くて死にそう」とぶうぶう言いながら下敷きでスカートの中をあおいでいると、教室に入ってきた学校イチ厳しい国語の先生に「心頭滅却すれば火もまた涼し。暑い暑いって言ったからって涼しくなるわけではありません。もう授業中に、暑いと言わないこと!」と叱られ、ムカついたので「あーさむい」「こごえそう~~~」とアホな切り返しでぶつぶつ言うと「暑いも寒いも禁止!言わずにいられないなら教室から出て行きなさい!」とさらに怒られた中1の夏。

そして実際、教室から半数くらい出された。。

未だに夏が来ると、友達と下を向いてぞろぞろ廊下に出たときのことを思い出します。


でもさ。
暑いときに、集中して勉強するって拷問だよねえ。
「火もまた涼し!」って言われてもさあ、火は涼しかないよやっぱり。
暑いと脳も精神もブヨブヨに弛緩するもんで、そこから文句の汁も垂れて当然。


特に、梅雨の晴れ間はやりきれないね。
そこいらへん全体が、ショワ~~~~~ッと湯気出すカンカン照り。
b0128954_18415269.jpg


お隣りの牛舎の牛だって、暑いとやる気でないモーん。
目がうつろ。
b0128954_18421630.jpg

やる気のある牛ってのも見たことないけど。

それから、いつもはもうちょっとこそこそ隠れているやつも、だらっと出てくる。
(以下不快写真あり)



b0128954_1843056.jpg

わたしは目がとてーも悪いので、あれ?洗面所にピン留めが落ちてるのかな?と思って顔を近づけ、途端に背筋が凍った。(以下危険写真あり)


ぎょエッッッ!!!
b0128954_18432263.jpg


以前オオゲジ擁護の記事を書いた気もするが、やはり友好的な風貌ではない。

まあ、何日もヒトのいないセカンドハウスで気ままに過ごしてたら、突然人間が訪れて大声出されたわけで。オオゲジにしてみれば。驚いて排水口の中にぞろっと逃げていきました。

そんなとこに逃げられたら、水使いにくいじゃないか・・・

と思っていましたが、すっかりそのことを忘れた頃、手を洗おうと水を流したら、オーバーフローの穴からこのオオゲジが「やばいやばい」という風情でまた、ぞろぞろっと出てきて、ギェッッッと横っ飛びに飛び跳ね叫んで逃げた次第。
結局、洗面ボウルで足が滑ってわしゃわしゃして出られないオオゲジを、「・・・割り箸?」「やだね短すぎる!」「でも菜箸はだめ!」「つかむ身にもなれ!」ともみ合った結果、菜箸でつまんで外に出す羽目に。


いやー。
クーラーのない三芳の家で涼をとろうと思ったら、稲川淳二かオオゲジか。ってなもんだね。


までも、クーラーがあるはずの東京の家も、今夏は節電であちい・・・

ぴょんは、主のいない鳥かごの上で、お腹の下も通風確保。
b0128954_18454253.jpg


くろは意志のない水袋みたいにでれーっとのびきり。
b0128954_18455878.jpg


なーんかに似てるかと思ったら、ニイニのだらしないランドセルだ。。
b0128954_18461217.jpg


もちろん人間だって、過ごしにくいことこの上ない。
窓全開、ほとんど裸みたいな格好で過ごしたとしても、うだうだと暑さにのまれて集中力が持続せず、仕事がはかどらないったらありゃしません。

そんな時、昼間からビール!をこらえ、こんなものを用意してみる。

冷やしウメ。
b0128954_1848140.jpg


今年とれた梅でつくったものです。

2か月以上漬けてるとエキスが出きってシワシワになってしまうのですが、漬けてまだ2週間程度なので、梅シロップができてもなおプリプリの状態をキープ。
これを少々のシロップと共に冷蔵庫で冷やし、氷と一緒に食べる。
b0128954_18465044.jpg


すっぱくてつめたくて、おいちぃ~~♪

食感は、カリカリ小梅。
脳に刺激がいく酸味と、ちょっぴりのほろ苦さと、とろけるようなシロップの甘味。
ん~、スーパーリフレッシュ!

うちのこどもたちはこれが大好きで、学校や保育園から帰ってくると暑くて火照った真っ赤な顔のまま冷蔵庫から梅を出して、カリカリと何粒も囓っています。
そういえば昔、蜂蜜に漬けたレモンを部活の夏練に持って行って囓ってたっけな。
あんなもんだ。


作り方はカンタンです。
ホシ(なり口の黒いところ)をとって洗ってふいた梅と、氷砂糖を、瓶の中に交互に入れておくだけ。分量は梅と砂糖が同量程度。そして常温保存。
10日くらいでシロップができて、梅も食べられるようになります。
シロップはジュースとか、多分かき氷にかけても美味しいかも。
いや、絶対美味しかろう!こりゃすぐにでもやってみよう!


・・・とはいえ、さ。
こんなおやつでごまかしながら湿気や熱気をやり過ごしてみるものの、梅たべようがオオゲジと対面しようが根本的にはこの蒸し蒸しムシムシ、身体にこたえるわけで。

極端に暑さに弱く、炎天下にいるとすぐ干からびてしまうポチンが書いた作文からは、今はひたすら水に漬かることしか考えられないという切実な状況が伝わってくるわな。

b0128954_18481533.jpg


「さいきん、たのしかったこと」という命題だけど、なんか命の叫びに聞こえる・・・
[PR]
by babamiori | 2011-06-27 19:09 | 食べ物のこと



ひょんなことから、南房総に8700坪の土地を手に入れてしまいました。平日は都心で建築ライター・コーディネーターとして働き、週末は南房総で野良仕事。ちょっとムリして始めてみた二重生活ですが、気付けば主客転倒で、どっちがメインの住まいかわからなくなっています。田舎暮らしの衝撃と感動、苦悩と快感をそのまま綴ります。 ニイニ中3、ポチン5年、マメ1年。

by babamiori
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
フォロー中のブログ
古今東西風俗散歩(町並み...
妄想ファミリー、房総に住む!
amane
土橋陽子の design...
カテゴリ
全体
田舎暮らしのこと
週末の出来事
南房総のこと
食べ物のこと
東京にて
生き物について
ニイニ
建築について
お知らせ
産後について


未分類
タグ
以前の記事
2017年 01月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
検索
最新のトラックバック
地元で獲れた地魚寿司です..
from 出張先
山越うどんのかまたま山が..
from 口コミ情報ライフ
草を刈る人、、国土交通省..
from 背面飛行がとまらない
スイマーバ
from スイマーバ
亜麻仁油 効果/効能
from 亜麻仁油 効果/効能
レンジで簡単!!たまごっ..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
カビ防止・カビ対策で防カ..
from カビ防止・カビ対策で防カビ快..
貸し別荘コテージレンタル..
from 貸し別荘コテージレンタル情報..
家電製品家具レンタルリー..
from 家電製品家具レンタルリース情..
手作りジンジャーエール
from From a smallto..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧