タグ:水仙 ( 2 ) タグの人気記事
2011・・・運はないがウンはあった年明け。
2011年、あけました!

お正月といえばやっぱり、おみくじでしょう。
ということで、2日にはニイニとポチンが近くの不動尊でガラガラポン。
去年、まさかの凶が出たニイニは、「今年こそ!」とかなり気合いが入っておりました。

が。

がーん!

b0128954_16225111.jpg

まさかの2年連続凶。
去年は「ニイニ、今年死んじゃうかもしれない」とべそをかいていましたが、今年は凶に慣れたもんで、ちぇっという顔で内容を精読した後「悪いことがあっても待っていればよくなるらしいよ」といいように解釈し、高いところに結んでいました。

ポチンはもちろん、何が書いてあるかぜんぜん分からず。
ママが読んであげると、
b0128954_16231324.jpg


ぽ、ポチンも凶だ。
「きょーって、よくないの?ニイニとおなじ?」
ニイニと同じならいいやと薄ら笑いのポチン。意味が分からなくてホントよかった。
それにしてもふつうひかないだろ凶なんて。どんだけ運の悪い兄妹なんだろう。
しかも就学前の女の子に「今年は待ち人は来ないし、失せモノは出ないって」とは言えるまい。


そんなわけで我が家は5人中2人が凶。
おみくじひいてない(凶が出るのを恐れたため)3人の運を合わせたってたいしたことにはならん。とはいえ、去年、凶男だったニイニも毎日へらへらと楽しそうに生きていたので、今年もまあ、なんとかいけるでしょう。年末に「あの、足の小指ぶつけたのが凶だったね」「あとほら、やった宿題を家に忘れて怒られたのも凶でしょ」なんて振り返っていますようにと、望みは低く!のスタートです。


運はないが気合いは充分のわたしたち。
今年初の三芳村では、冬の収穫に追われました。

まずは丹精したサトイモ。

ポチンが全体重をスコップに乗せてがんばる。
b0128954_16234074.jpg


「そのままぐいっと、スコップを手前に持ち上げてごらん」

そこでずぼーっっっとイモが持ち上がって抜ける感覚が快感なはず!

が!!

b0128954_16235251.jpg

ずべ~~~。。

年が変わったからといっていきなり力持ちになっているわけもなく、2010年に引き続き非力なポチン。ママがぬいてあげよう。
b0128954_16241142.jpg


抜くのはね、いいんですよ。
どちらかというと派手な作業で楽しい。
ここから、いわゆる売っているサトイモのように泥を落としてヒゲをとり、丸く整えなければあまりに使い勝手が悪いわけで、この作業がまことに面倒。
他の農家もこういうことしてるのかしら?すごい手間かかった状態のものが売ってるなんて、初めて知りました。

寒い寒い中、みんなでイモ洗いです。
手が冷たくなってじんじんしてきてもがんばる。
だから、食べるときには滅法ありがたく感じるのです。
b0128954_1624236.jpg


年越し前にもおせち料理用に収穫していましたが、これがほんっとおいしかった。ねっとりホクホクの上モノで、年末年始は毎日サトイモ料理。筑前煮にもお雑煮にも入れ、蒸かして塩をつけて食べ、飽きるとサトバターとかいって、ちゅるんと剥いたイモに塩とバターをつけてぱくっと食べたら、素朴な甘さがきわだって悶絶モノのおいしさでした。
(今年も、料理の写真は撮り忘れていく予感。想像で補ってね。)


次に収穫したのは、丹精したみかん。
というのは真っ赤なウソで何の手入れもしないのにざくざく実をつける立派なみかん。
無農薬ノーワックス、酸味も甘味も強くて大変けっこうなお味ですが、収穫後4~5日で皮がかたーく縮むのが難。ワックスってすごいんだな。毒だけど。

斜面に生えていて、毎年道路に向かって枝を伸ばしているのをそのままにしていたら、ここを車で通るたびにボッコボコぶつかるようになっておりました。「枝を切れば?」とまわりからさんざん言われていたのに「だって・・・みかんもったいないし」と車よりみかんを優先させて枝を切らずにいたところ、洗車したときにみかんの枝の傷が無数についていることが発覚。
やむなく今年は下の方を剪定したんだけど、まだにょきーとせり出しています。

収穫は大胆に。
わたしが上からみかんを投球し、それを下でこどもたちが受けるというキャッチボール方式。
b0128954_1854193.jpg


マメも参加するが、
b0128954_16253180.jpg

当然、キャッチしたのは0こ。
ごろごろと坂道をころがるみかんを「まてまてー」と追いかけておりました。


本来なら、期待をこめて育てていた激甘感動ほうれん草も収穫のはずが、今年の干支が畑にぴょんぴょん来やがったらしく、甘くておいしい葉の部分はシャキンと切り取ったようにすべて消滅。草刈り後みたいな畑になっていました。
そして黒豆みたいなンチを肥料がわりに置き土産。やってくれるよ。

となりで育てていた小松菜は豊作でしたが、食べてみて分かったのはこれが素晴らしくおいしいわけではなかったということ。売っているものと同じかやや固いくらいで、味に感動がない。グルメな干支に脱帽ですが、それでもって残された小松菜を人間が食べているんだからなんか納得いきません。


そんなこんなで収穫物はこんなもんだ。
b0128954_16254992.jpg


イノシシ避けに植えっぱなしにしていたショウガや、去年の掘り残しから芽を出しイモをつけたジャガイモなどもおまけでくっついてきました。

水仙は今、南房総に咲き乱れています。
b0128954_1626966.jpg

切ないくらい、よい匂いです。
b0128954_16262522.jpg


わたしにとって水仙の匂いは、卒業式の想い出と連動しています。
みんなですすり泣きながら校歌を歌い、先輩の制服の第2ボタンをもらった甘酸っぱい想い出が・・・(ってわたし、卒業後メンバーが変わらない附属の女子校だったっけか?)


さて。
今年もこんななんちゃって農家を続けつつ、さらにワイドにワイルドに生きてまいります。
デコボコとおぼつかない足取りで未来へ向かう南房総リパブリック!を、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
(でももうシカブタネズミなどには手を出さないから見捨てないでね^^)
[PR]
by babamiori | 2011-01-07 16:30 | 南房総のこと
冬だって、宝の山。
朝。
7時の音楽が外で鳴っている。
ほっぺたがきーんと冷たい。鼻筋が凍る。
電気毛布がなかったらたぶん家族5人並んで固く凍り、マグロの競り状態だろう。

隣りのマメの手が布団から出ている。
その手でおっぱいをまさぐってくる。

ち、ちべたぁーーーっ!!!

マメ、手がグーのままアイスになっている・・・

外気温2度、家の中の気温も2度。
こんなに寒かったらバナナで釘が打てるんじゃないか?
誰か頼むから隣りの部屋に行ってコタツの電源入れてきてください。
どうかどうかお願いします。100万円あげるから電源入れてきて。
そうじゃないとわたしこの部屋に西日の入る午後2時まで起きませんからね。
ええ起きませんとも!
っていうか、やば、ト、トイレ行きたい・・・誰かポータブルトイレを・・・


冬だけは、南房総という名前を呪いたくなります。
東京よりぜんぜん寒いじゃないか!ここに永住したら冬は絶対東京に避寒してやる!

それでもまあ、ひとたび日がのぼると、日中はけっこう暖かかったりするから不思議です。寒がりのわたしは朝はジーンズの下にスパッツはいて、フリースの下にセーター着て上にもこもこ上着を羽織ってだるま状態なのですが、昼間はTシャツとフリース1枚で汗ばむほど。

しかも、この季節けっこういろいろ収穫物があるんです。
まずは、自慢のみかん。
b0128954_16103751.jpg

すごいでしょう。なーんにも世話してないのに、たわわに実るんです。
今年は特に実の味が濃くて、糖度も高いし酸味もしっかりあってとてもおいしかったです。去年はイマイチぼけた味だったので、年によってこんなに味が違うのかと驚きました。
これらの実は、高枝切り鋏でがんばって全部とります。首が痛くなってもこらえて全部切る。
b0128954_1692971.jpg

「あとでとればいいや」と放置しておくと、次来たときこんな惨状を目の当たりにすることに。
b0128954_16123713.jpg

食べ散らかすんじゃない!ママはこんな態度許しませんよ!
と叱咤したいところだが、犯人はハクビシン。(うちの屋根裏に入った輩と同一犯の可能性大。)
おいしいものは、人間と動物が取り合って食べるのです。

あとは暖かい気候を生かしてつくったキウイ。
b0128954_16125214.jpg

えらいなあ、今年もちゃんと食べられる大きさになりました。といってもペットショップで売られている子ハムスター程度の大きさにしかならないけど。まあ何にも手をかけていないから文句言う筋合いではないな。
木で熟したキウイは甘くてとてもおいしいです。とろ~り。
b0128954_1613269.jpg

道の駅にもキウイ売ってますが、やっぱりうちのと同じくらいどれも小ぶりでした。

食べられるものもいいけど、わたしがこの季節に一番うれしいのは、これ。
b0128954_1613137.jpg

今、我が家は水仙が花盛り。
他の草木が全部枯れて茶色っぽい風景の中で、この花だけは美しく咲き誇っています。うちのアプローチや斜面には水仙がたくさん咲いていて、胸がきゅんとするほどよい匂いをふりまいています。・・・ああ、これって卒業式の匂いだわ。だから胸がきゅんとするのね。
b0128954_1614733.jpg

帰る日には必ずたくさん切って持って帰ります。家に飾ると、2部屋むこうからでも香るほど。冬だからこそ、この強烈な春の匂いは心に沁みるのかもしれません。

もうひとつ。
先週はこんなだったのに。
b0128954_16141972.jpg

今回見たら、こんなにきれいに咲いていたよ。
b0128954_16142793.jpg

5月になると実を結んで、また梅酒と梅干しを漬ける季節が巡ってきます。
「もうちょっとだよ、そこまで来てるよ」と春の予兆にわくわくするこの季節。春の到来の早い南房総は、これからゴールデンウィークまでが旬です。
(住む者達は「あと2ヶ月で草伸びはじめるぞ-。げ~」と今から指折り数えて恐怖する日々)
[PR]
by babamiori | 2009-01-14 16:14 | 週末の出来事



ひょんなことから、南房総に8700坪の土地を手に入れてしまいました。平日は都心で建築ライター・コーディネーターとして働き、週末は南房総で野良仕事。ちょっとムリして始めてみた二重生活ですが、気付けば主客転倒で、どっちがメインの住まいかわからなくなっています。田舎暮らしの衝撃と感動、苦悩と快感をそのまま綴ります。 ニイニ中3、ポチン5年、マメ1年。

by babamiori
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
フォロー中のブログ
古今東西風俗散歩(移転し...
妄想ファミリー、房総に住む!
amane
土橋陽子の design...
カテゴリ
全体
田舎暮らしのこと
週末の出来事
南房総のこと
食べ物のこと
東京にて
生き物について
ニイニ
建築について
お知らせ
産後について


未分類
タグ
以前の記事
2017年 01月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
検索
最新のトラックバック
地元で獲れた地魚寿司です..
from 出張先
山越うどんのかまたま山が..
from 口コミ情報ライフ
草を刈る人、、国土交通省..
from 背面飛行がとまらない
スイマーバ
from スイマーバ
亜麻仁油 効果/効能
from 亜麻仁油 効果/効能
レンジで簡単!!たまごっ..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
カビ防止・カビ対策で防カ..
from カビ防止・カビ対策で防カビ快..
貸し別荘コテージレンタル..
from 貸し別荘コテージレンタル情報..
家電製品家具レンタルリー..
from 家電製品家具レンタルリース情..
手作りジンジャーエール
from From a smallto..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧