タグ:花 ( 6 ) タグの人気記事
花の子ルンルン。
マメ、将来の夢を「おそうじやさん」から「おはなやさん」に変えたらしい。

たしかに、3人のこどもの中でいちばん花に興味を持ち、道を歩けば花を探し探し下向いてふらふらするマメ。
「きれいだねえ、いいにおいだねえ」といちいち感動して立ち止まり、保育園にゆく時などこちらがじれてしまうこともあります。

上の2人は、自然に対しての興味の持ち方が違うので(ニイニは博物学的な知識と食えるかどうかという価値を求めるし、ポチンはどれだけハードな道中が楽しめるかと地形や倒木や藪をアスレチックの障害物として捉える)、この子は花に特化して興味を持つ感性をもってるんだなあ、へえ、と新鮮に受け止めています。
4さいの花の子ルンルン誕生です。

先日は「ママー、種貸してくんない?蒔きたいんだけど」と娘に言われましたが、小銭じゃあるまいし種は持ち合わせてないので一緒に買いに行き、蒔きました。
「ママは野菜が好きなんだよね」と種蒔き作業に誘ってくれませんでしたが。
b0128954_16292575.jpg


今週末は、畑のふちどりにヒマワリの種を蒔いていました。
「大きな花が咲きますように」
b0128954_16435839.jpg


畑で仕事をしていたら、「きょうのおやつとったー」とホトケノザを手にいっぱい!
b0128954_16312830.jpg

小さな小さな花の蜜を、まめったくちゅうちゅう吸うのが彼女のおやつ。
飽きたぶんは花束にして、そのへんにころがっていた竹に挿してくれました。
b0128954_16331537.jpg


そのあと、ろくに相手もせずまた畑仕事をしていたら、マメはわたしのまわりをひよひよ漂い、お花摘みを勝手に楽しんで、「ヤマブキ、ヒメオドリコソウ、オオイヌノフグリ、カラスノエンドウだよ」と花束をくれました。
b0128954_16361012.jpg


名前を覚えると愛が生まれるみたい。
でもニイニが「オオイヌノフグリって意味知ってっか?」と余計なことを教え、4さいドン引き(。-_-。)

わたしもマメに触発され、この土地にやってきて7年目でやっと重たい腰をあげて、目につく草花の名前をかたっぱしから覚え始めています。
そうするとあれだよね、雑草ってホントは美しいと改めて思う。種類によってコロニーがあり、ランドスケープの微妙な色彩をつくってるんです。刈払い機でざぐざぐと刈りゆくと、管理できた安心感とともにその美しさを壊しているようなちょっとした悲しさも感じます。
でも刈らないとえらいことになるしなあ。そしてすぐのびるんだよなあ。
だいたいのびるのが早すぎるんだよ南房総。。。(7度目の春もまたぼやく)
[PR]
by babamiori | 2013-04-15 16:45 | 週末の出来事
対峙式の花見。
お花見お花見!今お花見しないでどうする!

みんなでわーっと集まってさ、飲んだり食べたりしてさ、たまーに顔をあげて「きれいだね~」なんて言ってさ、でもほとんどくっちゃべって酔っぱらって盛り上がるんだよね!

たぶんフツウは。

でも、うちのお花見って、こういうやつ。

じぃーーーーー
b0128954_1113868.jpg

「お花、きれいだねー」

「どのへんがきれい?」
「ええと、ええと、きいろい色がひかってるところ」

「他には?」
「え・・・ええっと、えええーと、みどりのかんむりみたいなところ」

「そうだろう?きれいだろ? はい、では次のヒト」

じぃぃーーーーーーー
b0128954_10545713.jpg

「マメちゃん、これは、サボテンの、お花」
「きーろ!」
「そう、よくわかったね。黄色くてきれいだねー」
b0128954_110314.jpg

「いたいいたい!」
「た、たしかに棘にさわったら痛いね、でもお花はきれいだねー」
「いたいいたい。あむない!」
「お花は?」
「あむない!!」

「・・・さ。マメちゃんはもういいかな? はい次のヒト」

対峙式の花見です。

サボテンも、多くは今が花の見頃。
ビニールハウスの中はお花畑です。
b0128954_1132646.jpg

宴会はできないが、花と対峙することで異次元の世界にはとんでゆけます。
[PR]
by babamiori | 2010-04-06 11:05 | 週末の出来事
朝だけの、夜会服。
こってこてのニッポンの里山風景の中に、三芳村の我が家はあります。
b0128954_13223831.jpg

その敷地の一角にたっている小さなビニルハウスの中で、地球の裏側にある南米はアンデス山麓の風景のほんの1ピースを、見ることができます。

b0128954_1050145.jpg

これは Lobivia marsoneri の花。
鮮やかすぎる黄色。ロウでできたような花びら。目が釘付けになります。


b0128954_10501719.jpg

こちらは Lobivia jajoiana 。
風がふくと、中のおしべがひよひよひよと動き、それで虫を誘います。


b0128954_10503332.jpg

ショッキングピンクの Lobivia backergii 。
この地味なサボテンが、こんなにビビットな花を創造するなんて。


b0128954_10505046.jpg

大輪の Lobivia (Echinopsis) obrepanda 。
造花と見紛うほどの、完璧なフォルムです。朽ちることが想像できない。
このまま時間が止まってしまいそうです。

これらはみな、アンデス山麓の標高2000~3000mという高地に生育するサボテンです。
花という花の中でもっとも艶やかといっても過言ではない見事な花たちですが、咲いているのは1日だけ、しかも午前中の数時間だけです。
b0128954_10521553.jpg

午後にはもう、この姿は跡形もありません。あれは幻だったのか、と思うほど。

神様とはずいぶん贅沢なものです。
ボリビアやアルゼンチンの、誰に見られることもないような高い高い場所で、こんなに艶やかな花を一瞬だけ咲かせるのですから。
[PR]
by babamiori | 2009-06-08 10:54 | 週末の出来事
秋、雑感。
ついこの間までポチンがお花摘みするのに事欠かなかった三芳の野山にも、いよいよ花がなくなってきました。

それでもニイニがうろうろ歩いてみつけてきたのは、サラシナショウマです。
竹林の足もとの薄暗い茂みの中で、ハッとするほど白かった。
b0128954_11104979.jpg

「ねえニイニ、もっとお花はないの?」
無理無体をいう天然マリーアントワネットのポチンに、家臣のニイニが捧げたのは、コレ。
b0128954_1927264.jpg

ハコベで切り絵とはね。
葉っぱの裏にざりざりの毛が生えているから、ちょっとやそっとじゃ剥がれないみたい。
これにはポチンもイチコロでした。


ちなみに…
うちのカキは今まさに食べごろ。
b0128954_11112267.jpg

キウィはもうちょっと。
b0128954_11113444.jpg

みかんはあと1か月!フライングでもう食べ始めちゃってるけどね。
b0128954_1111435.jpg


…思えば去年は、コタツでみかんを食べながら、つわりをしのいだものでした。

当時、子宮の住人だったマメは、今ではすっぱいみかんをチューチュー吸い、当たり前のように我が家に君臨しています。
ポチンアントワネットは王座を奪われてブーブーキーキー文句タラタラ。女王からブタザルへと転落です。

どうやらわたしは今、人生の旬みたいだけど、この1年の早さを考えると人生って「あ」という間だわホントに。
[PR]
by babamiori | 2008-11-17 12:02 | 南房総のこと
「サボテンのようなヒトだ」とは褒めコトバか否か。
実は、先週末はいろいろと不運が重なり、三芳村のセカンドハウスには行けませんでした~涙。(夫の仕事が多忙・土曜日の強風で東京の家にある温室のガラスが割れる・疲れが溜まってお腹がハリハリ、など。)せっかくいい季節なのになあ、もうタケノコもニョキニョキ出まくっているだろうし、ぜんまいもたくさん出ているだろうし、あああああー残念。
毎週、なるべくがんばって予定を空けて行ってはいるものの、こういうときもあるんです。
今の季節、南房総はお花に満ちていて、1年で1番アクアラインと館山自動車道の混む時期。テレビでも房総特集が毎日どこかでやっているでしょ。1週間行かないだけでも、旬を楽しみ損ねた気分になります。
というわけで、体は東京でも心は房総へ。去年の今頃訪れた、房総半島南端にある「南房パラダイス」のポピー畑に思いを馳せておりました。
写真を見てあの景色を思い出すだけで、脳ミソの中だけはつかぬ間のパラダイス~♪
b0128954_0442254.jpg

でも、東京でもお花は楽しんでいます。
夫の育てるサボテンも、今が開花のピーク。いつもはトゲだらけで愛想のないサボたち(というと「お前は何もわかってない」と夫は嘆くけど)も、突然びっくりするような大きな花をつけて、発情期を迎えます。
b0128954_045897.jpg

まだまだ子供の個体も、本当に綺麗な花を咲かせます。こんな小さな体でこんな花をつけるなんて、どれだけ体力を使うんだろう。と、その健気さにほろりときちゃう。
b0128954_045559.jpg

「君はサボテンのようなヒトだよね。」
そういえば以前、開花したサボテンを前に、夫はわたしにこう言いったことがありました。
は?それどういう意味?
サボテンになぞらえて何が言いたいのか分からず、キッとなって彼を睨むと、
「いや、いつもつんつんしているけど、ハッとするほど美しい瞬間があって、それを見ると虜になる、っていう意味だよ」とあたふた。
なあんだ、やだぁ、と夫をばしっとぶって照れたりしたんですが、よく考えるとこれってホントに褒めコトバだったのだろうか?
単に「1年中ほぼトゲトゲしい」って言いたかっただけか?むむむ。
[PR]
by babamiori | 2008-04-22 00:52 | 東京にて
2度目の春
東京在住、そして南房総にも在住の、Mioriです。
生まれも育ちも今の家も、東京都心。死ぬまでこのへんで生活すると思っていました。
ところが、植物蒐集・栽培・研究マニアの夫が「家に植物を置く場所がない!植物広いビニルハウスが欲しい!」と駄々をこねたことが引き金となり、未知の南房総に広大な土地を買い、‘畑付き民家’をセカンドハウスとして持つ人生を歩み始めることに。
(これまでの紆余曲折は、
「ボクのママはいつか地主」http://www.realtokyoescape.jp/tochiba
でご覧になれます)

そして今、南房総の三芳村にて2度目の春を迎えています。

 いちめんのなのはな いちめんのなのはな いちめんのなのはな

南房総はどこもホントにそんな風景です。さわやかな黄色い風が吹き抜けて、鼻の穴の中まで黄色くなりそう。(ってイメージ悪い?)
でも菜の花って新緑にちょっとだけ先駆けて咲くんですよね。周囲はまだ、冬の名残の色味でしょ?摘んだ菜の花の色が蛍光イエローみたいに浮いて見えます。
b0128954_17214583.jpg

それから、妙にかわいいのがツクシ。見つけると嬉しいんですよね。しかも美味しい。この話は、またこんど書きます。
暑くも寒くもない、そして雑草もまだそんなに生えていないこの季節が、房総の天国かもしれません。ああまだ火曜日。早く週末にならないかな〜。
[PR]
by babamiori | 2008-03-25 17:21 | 南房総のこと



ひょんなことから、南房総に8700坪の土地を手に入れてしまいました。平日は都心で建築ライター・コーディネーターとして働き、週末は南房総で野良仕事。ちょっとムリして始めてみた二重生活ですが、気付けば主客転倒で、どっちがメインの住まいかわからなくなっています。田舎暮らしの衝撃と感動、苦悩と快感をそのまま綴ります。 ニイニ中3、ポチン5年、マメ1年。

by babamiori
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
フォロー中のブログ
古今東西風俗散歩(町並み...
妄想ファミリー、房総に住む!
amane
土橋陽子の design...
カテゴリ
全体
田舎暮らしのこと
週末の出来事
南房総のこと
食べ物のこと
東京にて
生き物について
ニイニ
建築について
お知らせ
産後について


未分類
タグ
以前の記事
2017年 01月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
検索
最新のトラックバック
地元で獲れた地魚寿司です..
from 出張先
山越うどんのかまたま山が..
from 口コミ情報ライフ
草を刈る人、、国土交通省..
from 背面飛行がとまらない
スイマーバ
from スイマーバ
亜麻仁油 効果/効能
from 亜麻仁油 効果/効能
レンジで簡単!!たまごっ..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
カビ防止・カビ対策で防カ..
from カビ防止・カビ対策で防カビ快..
貸し別荘コテージレンタル..
from 貸し別荘コテージレンタル情報..
家電製品家具レンタルリー..
from 家電製品家具レンタルリース情..
手作りジンジャーエール
from From a smallto..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧