タグ:農家の倅 ( 1 ) タグの人気記事
農業をデザインするっていう動き。
東京の家の近所のオサレな雑貨屋さん1階が、週末ごったがえしていました。
テレビの取材かなんかも来ちゃっててたーいへんな混雑。
なんかのセール?フリマ?

と思ったら、こんな服を着たヒトたちがうろうろ。
b0128954_11552151.jpg

倅マーク。誰の倅だって?
b0128954_11553662.jpg

「農家のセガレの店」。
なになに?
b0128954_1155542.jpg

みんな、いろいろ考えるよねえ。
農家をやっている親がつくった野菜を、農家を継がなかった倅が都会で売る、というユニットらしいです。

へ~と思いながら売り場のラインナップをチェック!
b0128954_1156862.jpg

キャベツ1玉300円、にんじん1本100円、ねぎ1束200円。
ちょっと高級なスーパーくらいの価格設定でした。きっと地元の売値よりぜんぜん高いだろうけど、場所柄こういう値段でもちゃんと売れているようです。

親をちょっとでも助けたいとする彼らの活動を、メディアも注目しているみたい。
売り場のデザインを見ると素朴感の演出などが上手で、都会に住むヒトの感性に訴えかけるコツをよく知っている、ブランディング能力のある方達だなと思いました。

こうやって農業がフィーチャーされるようになってきたのって、ここ最近ですよね。
雑誌「ブルータス」で農業の特集を出したり(倅の店も載ってました)、芸能人が農園をやったり。農業をファッションにしようというかんじでしょうか?
なんだかこういうの、ちょっと胡散臭いなと思わないでもないです。わたしが中途半端に田舎暮らしをかじってしまっているからだと思うけど、ホントに農業を営む方々の「スタイリッシュでない」魅力ははじいてしまって、表面をラッピングした「農」だけを受け入れるというメディアの姿勢にも疑問を持ちます。

でも一方では、農業なんてダサくて稼げなくて辛いからエンガチョと無視されていた時代よりはずっとましかな、と思ったりする。
「ファーマースタイル」がカッコイイなんてことになって、オサレな長靴や麦わら帽子を買ったりするところからでも、まあいい、農業とは無縁だった人たちがちょっとでも土に触れる時間を持つようになればいいや、と。

だって、野良仕事の気持ちよさって、言葉じゃぜっっっったいに伝わらないんだもの。
わたしだって、こういう生活に引きずり込まれたからこそ、じわじわと、土の匂い中毒になっていったわけで、そうじゃなかったら今頃きっと、建築のことしか考えてなかったでしょう。
(わたしの人生をぶんぶん振り回してくれた自己中な夫に、パーシャルに感謝。)


「農家の倅の店」をやっている彼らはまさに農家に育ち、コアな部分を知りすぎたために「農業エンガチョ」になったヒトたちなのだと思われます。農家を飛び出し、東京での生活を満喫する中で、農家出身であることをアイデンティティとして打ち出して商売に結びつけるという発想は、この時代にぴったりフィット。
でもね、わたしにはなんだか物足りない。
セルフプロデュースが上手いなとは思うんだけど、農家からの直売のよさの、いちばん胸を打たれるところ(作り手の汗水を感じるところ)がごっそり抜け落ちてしまっているようなかんじ。むしろ、そこを隠蔽するかのように小ぎれいなイメージにすり替えて売っているように見受けられるところが「ピンとくるようでこない」原因かもしれません。
でもきっと彼らは、そうやってスタイルをつくらないと都会では受け入れられないと思っているのでしょう。で、実際、大多数の消費者にはその方がウケるのかもね。

わたしは逆に、ゴボゴボの手のおじいさんがゴボゴボに形の悪い野菜を新聞紙に包んで売っている姿の方が、カッコイイと思うんだけどね。
そうそう昔、朝早い山手線にカゴ担いで乗っていた行商のおばさんとかよく見かけたけど(今もいるのかな?)そのヒトたちがこの雑貨屋の前で野菜売ってるほうが、よっぽどありがたく思えて買いたくなるだろうと思います。

都会の中心で「農業をデザイン」して売っている彼らを店頭でじーっと見ていたら(ちょっとイヂワルな視線で)、ああホントに都会の空気が好きで、都会にいることが幸せなんだろうな、と思わせる雰囲気がムンムン漂っていて、なんだか売っているネギやにんじんにロゴマークでもプリントしかねない勢いを感じてしまった。
人間ってないものねだりね。田舎のヒトは都会をうらやみ、都会のヒトは田舎に憧れる。

でも売り場には、こんな文言が貼られていました。
b0128954_1234773.jpg

「嫁ぐなら農家」なーんて言っているということは、彼らもやがては田舎に戻って農家を継ぐことを想定(覚悟)しているということかな?
あとで調べると、彼らの多くはWEB制作などを生業としているようです。何気に農家やりながらでもできる仕事を選んでいるのかな?

彼らの頭の中をぐるぐるしていることが感じられて、結局ちょっと好感持っちゃいました・・・
[PR]
by babamiori | 2009-02-17 12:07 | 東京にて



ひょんなことから、南房総に8700坪の土地を手に入れてしまいました。平日は都心で建築ライター・コーディネーターとして働き、週末は南房総で野良仕事。ちょっとムリして始めてみた二重生活ですが、気付けば主客転倒で、どっちがメインの住まいかわからなくなっています。田舎暮らしの衝撃と感動、苦悩と快感をそのまま綴ります。 ニイニ中3、ポチン5年、マメ1年。

by babamiori
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
リンク
フォロー中のブログ
古今東西風俗散歩(町並み...
妄想ファミリー、房総に住む!
amane
土橋陽子の design...
カテゴリ
全体
田舎暮らしのこと
週末の出来事
南房総のこと
食べ物のこと
東京にて
生き物について
ニイニ
建築について
お知らせ
産後について


未分類
タグ
以前の記事
2017年 01月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
検索
最新のトラックバック
地元で獲れた地魚寿司です..
from 出張先
山越うどんのかまたま山が..
from 口コミ情報ライフ
草を刈る人、、国土交通省..
from 背面飛行がとまらない
スイマーバ
from スイマーバ
亜麻仁油 効果/効能
from 亜麻仁油 効果/効能
レンジで簡単!!たまごっ..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
カビ防止・カビ対策で防カ..
from カビ防止・カビ対策で防カビ快..
貸し別荘コテージレンタル..
from 貸し別荘コテージレンタル情報..
家電製品家具レンタルリー..
from 家電製品家具レンタルリース情..
手作りジンジャーエール
from From a smallto..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧