タグ:雑草 ( 2 ) タグの人気記事
真夏の懺悔週間。
「マメちゃん、下の野原にお花摘みしにいきましょ」
「うん!いっちょにいこ!」

b0128954_17282095.jpg


ってちがーう!
そこは野原じゃなーーーい!
たぶんそのあたりからショウガとサトイモとサツマイモの、畑なんだから!


ちょ、ちょっと、、そのへんから先に入るなってば!


と警告したって誰も聞いちゃくれません。
だってどう見たって荒れ地。


ただの田舎だけどいいの~?来たければおいで~!とニイニの友達を合宿させたりしていて、日々恐ろしいことになる畑の状態を見て見ぬ振りしているうちに、植えたものが何一つ見えなくなるほど草ぼーぼーになった次第。
「おっし!お盆休暇になったらがんばるぞ!」と手入れを先延ばしにしていたツケです。

そしてお盆休み。
休めないと分かっている休みは心が重い。

でもね、わたしゃね、言ったことはちゃんとやるんです。
もうあきらめてそのまま放置→野に戻すという選択肢もあったけれど、やっぱりちゃんと育てて収穫するのが筋だし。手取り足取り指導してくださったN田さんに申し訳がたたないし。
畑の脇を通るたびに「ぐえぇ~~」「ぐるじ~~~」「だ、ず、げ、で・・・」と雑草の中で圧死しかかっている作物達の呻き声が聞こえ、ひぇ~ごめんなさい~!!と頭を丸めて小走りに通り過ぎ見て見ぬふりをするのも限界だったし。

で、がんばりました。

3日間、ひたすら雑草取りに励みました。

それはもう、容易じゃなかったです。
だって、どこに作物があるのかさっぱりわかんないんだもん。
もう畝もよくわからなくなっちゃってたし。

気分はほとんどミケランジェロ。
素材の声を聞いて巨大な大理石のかたまりからダビデ像を彫り出す彼と、荒れ地から畑を掘り出すわたし。やってることの本質は大差ありません。たぶん。

はじっこからそろそろと草を抜き、根を分け、植えたものを間違って抜かないように慎重に雑草を取り除く。それでもザクッと根を切ったとたんにぷ~んと薬味の匂いがして「ああああやばいぃ!!これショウガだあ!!」と気付いてショックを受けたり。ちっくしょー!と力任せに雑草を引っこ抜いたら隣にあったサツマイモの根っこまでぶちぶちぶちっ!!と切れたり。

それでも最後までがんばった。

見よ!!!
b0128954_17284366.jpg


ウルトラ貧栄養のサツマイモに、どっさり鶏糞!!!
b0128954_17285991.jpg


ひょろひょろショウガの根もとには、夜露集めの干し草!!
b0128954_1729209.jpg


インビジブルサトイモも、姿を現したぞ!!(東側の方が伸びがよいぞ)
b0128954_17293639.jpg


今回身をもって知ったのは、不耕起、不除草、不施肥、無農薬という自然農法に倣ってほったらかしたって究極はいいはずじゃん、という素晴らしい考え方は、雑草王国の房総の地では絶対とおらないということ。
だって実際問題、どこに生えてるのか分からなくなるから収穫できなくなるもん。

わたしの怠けのせいで申し訳ないことに、サツマイモの葉はかなーりヒヨヒヨでカメムシさんがすずなりだったし、ショウガも「た、たいようが、、みえない、、」と雑草の足もとで日照不足のため瀕死の状態でした。
突然まわりがスッキリして肥料もらったって「手遅れだよバーカ」とそっぽむかれるかも。。収穫時期までに、何とかもっと元気にでっかくなってくれるでしょうか?


ちなみに、ニイニは罰として野良仕事を手伝わされていました。
(なんの罰なのかは、近々じっくり書かせていただきます。はい。)

「草刈り後の草集めは、おまえの仕事だ!」
「あ~い」

まあ、やっていたと思われる。
b0128954_1735835.jpg


でも、夕方ぜんぜん戻ってこないニイニ。
18時を過ぎてもいないのでちょっと心配になり、夕飯の支度の手を止め行ってみると。

b0128954_17352068.jpg

コンクリート詰めならぬ、草詰め。

b0128954_17353978.jpg

ご丁寧にメガネはずしてるし。
[PR]
by babamiori | 2010-08-24 17:39 | 南房総のこと
草刈のできない妊婦でも、できることをやる。
土曜日は、東京は晴れていたらしいですね。
三芳村のある南房総市は、一日中曇り。午後ちょっと薄日が差した程度でした。
せっかくの週末なのに、あーあ。というかんじでしたが、やることはてんこ盛り・・・

やっぱり予想的中で、わたしたちのいない間に雑草がボーボーと音を立てて伸びていたらしく、ちょっと前にパラソル立ててランチしていた場所はもう草丈が40~50cmくらいになっていました。
雑草って一言で言ってもいろんな植物が混ざっているわけで、タンポポ、アブラナ、ヨモギ、フキ、ミツバなんてものもあり、けっこう食べられるものもあります。
いちばん好もしい雑草は、ノビル。これは美味しい!ユリ科の植物で、細いアサツキみたいな葉っぱが出ていて、それを途中でちぎれないように力を加減しながらうううううんっと抜くと、ちっちゃいタマネギみたいな白い根っこが「ぷりっ」と出てきます。
b0128954_03295.jpg

これをその場でちょっとかじってみると、ネギみたいな味がしておいしくてびっくりします。(もし、かじって「ぐえっ」という苦い味がしたら、ムスカリなんかと間違えている証拠です。ムスカリの根は毒があるので食べちゃダメよ。)
このまま泥を落としてひげを切って、お味噌とマヨネーズを添えるだけで、エシャロット以上に美味しいおつまみに。この辺では道の駅でも1束130円くらいで売られていたりするから、メジャーな野菜なのかも。
ちなみに、ノビルは東京にだっていっぱい生えています。うちは以前から多摩川の河原でよく採っていたので、知っていたのだ。ハハハ。
どこにいても、そこに生えている草を食らう雑草家族なり。

そんな素敵な雑草ばかりだったらいいのですが、ぞっとするような輩もいます。
いちばんやっかいなのはカラスノエンドウというマメ科の植物。(これも茹でたら食べられるんだけど、100000人でかかっても食べきれない量が生えている。)小さい赤紫色の花はかわいいのですが、とにかく、わたしはホントにこいつが嫌い!というか、コワい・・・。
ツル状の茎があっという間ににゅるにゅると伸るし、3ヶ月洗っていないくせっ毛のロン毛みたいにぐちゃぐちゃにこんがらがるし、伸びたツルは草刈機の刃の軸に絡まりつくので刃の回転が「うぃーーーん、うぃっ、うぃ。」といって途中で止まってしまうし、作業しづらいことこの上ない!とにかく始末に負えないサイテーなヤツなんです。ふ~~。

ホントだったら、「うーむ生かしてはおかぬ!根こそぎ刈りきってやる!」と草刈機に油をたっぷり注ぎこんでガンガン刈りたいところなのですが、何しろわたくし、現在妊娠27週という不自由な身である故、草刈機の使用を禁止されているので(まあ、そうだよね、すっごい振動があるし、重いし、流産早産に直結しそうな作業だもの)、伸び放題になっている状態を確認しつつも手が下せないのであります。

でもね、やれることはやりましたよ。
こどもたち二人を動員して、とりあえず、かたっぱしから手で抜いたんです。
抜いて抜いて抜きまくった。
(むしる、ってほど短くないんだよね。バリバリ引き抜くってかんじなんです。)
b0128954_035188.jpg

これをやっておけば、とりあえず夫が草刈する時とっても楽だし、最悪草刈まで夫の手がまわらなくても(あ、夫はビニルハウス内の植物の世話でけっこう手一杯なんです)来週来たときに歩けないような状態にはならないで済む、と。こどもたちもけっこう真面目に協力してくれて、とりあえず一番上の畑だけは、ちょっと草丈が短くなりました。
(抜いた雑草をこんなふうに盛ったアホは、もちろんニイニ。)
b0128954_045091.jpg

でも、この「草抜き」って作業、すんごいくたびれるんです。ずーっと綱引きしているようなもんだからね。最後のほうは、うまくなりましたよ。腰を落として横に引っ張ると、ぼそっと抜けるんです。「ほれ、ニイニ、もっと腰を落として!」なんて指導しながらやってたんだけど、ニイニはそれにしぶしぶ従いながら「田舎に土地を持つって苦しいことでもあるんだなあ」なんてブツブツ言っていました。
なぜ、ニイニは途中で投げ出さないで手伝ってくれたかって?そりゃあ、「最後まで手伝ってくれたらお小遣いあげよーかなーどうしよーかなー」という曖昧なコトバで釣っていたからです。これってやっぱり悪い親かね。
ちなみに、4歳のポチンは1時間ほどがんばったら(途中でテントウムシと遊んだりもしてたけど)精も根も尽き果てて、座り込んでしまいました。おつかれさん。
b0128954_051169.jpg

午前中いっぱいこんなことをしていた土曜日。きつかったけど、お日様が出ていなくて暑くないのが幸いでした。
ひとつだけ、頭を掠めた疑問は「こんな綱引きみたいな作業が、果たして妊婦に許される作業だったんだろうか。実は、草刈機使うのと同じくらいやっちゃマズい作業だったんじゃないだろうか」ということです。
ま、不幸な結果は出ていないので、よしとするか。

昼食は、家の中でいちばん見晴らしのいい西の縁側に卓袱台をだして、おそばランチ。
三芳村の道の駅「雛の里」で売っている生そば使用。
b0128954_054751.jpg


そして午後は、念願のタケノコ堀に繰り出したのですが、その話はまた書きまーす。
[PR]
by babamiori | 2008-04-14 00:13 | 週末の出来事



ひょんなことから、南房総に8700坪の土地を手に入れてしまいました。平日は都心で建築ライター・コーディネーターとして働き、週末は南房総で野良仕事。ちょっとムリして始めてみた二重生活ですが、気付けば主客転倒で、どっちがメインの住まいかわからなくなっています。田舎暮らしの衝撃と感動、苦悩と快感をそのまま綴ります。 ニイニ中3、ポチン5年、マメ1年。

by babamiori
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
フォロー中のブログ
古今東西風俗散歩(移転し...
妄想ファミリー、房総に住む!
amane
土橋陽子の design...
カテゴリ
全体
田舎暮らしのこと
週末の出来事
南房総のこと
食べ物のこと
東京にて
生き物について
ニイニ
建築について
お知らせ
産後について


未分類
タグ
以前の記事
2017年 01月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
検索
最新のトラックバック
地元で獲れた地魚寿司です..
from 出張先
山越うどんのかまたま山が..
from 口コミ情報ライフ
草を刈る人、、国土交通省..
from 背面飛行がとまらない
スイマーバ
from スイマーバ
亜麻仁油 効果/効能
from 亜麻仁油 効果/効能
レンジで簡単!!たまごっ..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
カビ防止・カビ対策で防カ..
from カビ防止・カビ対策で防カビ快..
貸し別荘コテージレンタル..
from 貸し別荘コテージレンタル情報..
家電製品家具レンタルリー..
from 家電製品家具レンタルリース情..
手作りジンジャーエール
from From a smallto..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧