タグ:餅つき ( 2 ) タグの人気記事
2012年こそおだやかに!
明けましておめでとうございます!!
今年もどうぞよろしくお願いいたします!!


ここのところ毎年どんどん1年の長さが短くなり、先日ウサギ年賀状出したと思ったらもうタツ年賀状。
子は育ち、親は縮み、親の親はさらに縮み、地球はますます病みながらも自転をつづけています。

いただいた年賀状を見ていると、世の中はみーんなイイ人で、みーんな幸せで、こんな人たちの集団で地球ができているのであれば戦争も環境破壊も児童虐待もなーんにも起こらないような気がするんだけどなあ。

そう考えると、引き続きうちの山を荒らすイノシシだって、じつはひとりひとりはイイ奴かもしれません。
子供を育てるために危険をかえりみず人里におりてきて、必死にミミズをかき集める、愛情深く強く逞しいイノシシたち。
目線を変えると宿敵もまた、称賛に値するのだ。



と、いうわけで^^
今年もイノシシどもへの愛と憎しみに身を焦がしながら、週末里山暮らし6年目を邁進いたします!
NPO「南房総リパブリック」の活動も助走段階を終え、今年はいよいよ本格始動となりますので、どうぞ応援してください!
(ついでに宣伝すると、今日1月3日の15時半から、FMラジオ81.3 J-WAVEの番組「ランデブー」にて洗足カフェが紹介されます)



・・・今は東京でおせち食べながらぐでぐでしてますが、年末はよーく働いたよ。
何度使っても緊張するチェーンソーに手を伸ばし、薪づくりに励みました。
「ぶるるるるるる!!」という振動と材を伐る時の反動は「こりゃあ手が滑ったら足もまっぷたつだ~」と冷や汗がでるんだが、「うぃ~、うぃ~~~~~!!」と材に刃が入る感触ってかな~りやみつきになる。
ひょっとしたら畑仕事より楽しいかも。。
b0128954_1234040.jpg


ニイニはそれを、斧で割ります。
顔に似合わず足長腰高なニイニはへっぴり腰でどもならん。
b0128954_13355141.jpg


キレイに割れると「よっしゃ、真芯でとらえた!!」って。バッティングみたいなもんだ。
夫やわたしは「代打」とよばれ、あんまりやらせてもらえません。

できた薪は東京に持って帰りました。
東京では、薪はひと束1000円以上するから、薪が自前って相当リーズナブルなのよ。


それが終わったら伐採した竹を燃やして敷地の整理。
b0128954_1241923.jpg

脇から細い竹にささったソーセージが突き出てきて、子らがあぶって食べてました。。。
b0128954_1242847.jpg


ついでに山にのぼって朽ちた竹や枝を拾って燃やす。
介添えはとっても役に立ちそうなマメ。
b0128954_1244079.jpg


その間に大きい子らに、お正月で使う食材を収穫してもらっておく。
b0128954_1252313.jpg


・・・カブはすでにイモムシのおせち。
b0128954_1253482.jpg


合間に、うちのデッキをつくってくれた三芳の名大工、村上建築工房での恒例お餅つきに参加。
ここでもニイニは振り下ろし係。
b0128954_1255057.jpg

ついたおもちは隣で、こどもらのとってもキレイな手でまるめて、のして。
b0128954_1261270.jpg

今年のお餅は、ほんまる農園の無農薬餅米使用!!とのことで、はっきり言って市販のものとは比べ物にならないくらい美味しかったです^^

忙しすぎて困っちゃうのに、家族は朝も昼もお腹をすかせるので食事もつくらにゃならん。
そんな時、マメは単にじゃまです。
b0128954_126448.jpg


帰り際には、香り高い水仙を新年用にうんとこさ摘んで、
b0128954_1265969.jpg


やっと東京の我が家だ!
「ただいま~~~^^」と元気よく玄関をあけたら。

同居の義母が、夜中に肩を骨折してました。。


お正月を無事に迎えられたことに感謝しつつ、そんな場に生きることが奇跡に近いことを自覚しつつ、幸せとは無自覚でいられる状態なのだと確認しつつ・・・と言おうと思ってたんですけどね。。

幸いかあさんは元気と丈夫が取り柄なものでして。
支えるよ!いろーいろ。無事これ名馬よ。


そして明日から天下泰平、平穏無事な日々がつづくことを全身全霊で祈ろう!!!
[PR]
by babamiori | 2012-01-03 12:10 | 東京にて
お餅を食べる門には福来たる。
ふつう、お餅って1回に何個食べるものなんでしょうね。

わたしはだいたい小さい頃から、磯辺にしても、お雑煮にしても、2つ。
お餅ってやつはそれくらい食べれば充分だと思っていました。
でも、うちでは今年、お餅の摂取量が半端じゃなかったな。

「お餅焼くけど食べる人~」
「はーい」「はーい」「はーい」「はーいはーい」「はいはいはいはいはーい」
「はいは1回でいいって。いくつ~」
「オレ3つ、あやっぱ4つ」「オレは6つ」「じゃあわたし5つ」「わたしも5つ」「オレも…5つ」
「じゃーとりあえず20個焼くよ-。追加はそのあとで」

って食べ過ぎでしょうか?

だいたい今年の我が家のおもちは、ひとつの大きさがサトウの切り餅でいうところの約2個分。なぜならば、夫がお餅を切る際「オレはいつも1個が小さくて不満なんだ」と言い訳しながら省力化を正当化したせい。1個平均150g。
ちなみにおもちって100gあたり235キロカロリー。
・・・かけ算は精神衛生に悪いのでいたしません。結果はウエストに聞け!!

そもそもお餅が好きな家族ではありましたが、今年こどもたちが激しくおもちを食べていたのは、年末に三芳村イチの腕利き大工、村上建築工房の村上さんの工房で行われたお餅つき大会に参加したせいでもあります。
誘ってくださった村上さんの奥さんの一言が、わたしの心を強く揺さぶったのです。
「ほら、うち大工さんがお餅つきしてくれたりするでしょ?普段背が高くてかっこいいヒトが、お餅つきもかっこいいとは限りらないんですよ。むしろ、腰が低く据わった年配のヒトの方が、こういう時には様になるんです」。
どれどれ!
b0128954_16332491.jpg

普段息のあった仕事をしている仲間だからか、合いの手も絶妙。体格のいいヒトが持つと、大きな杵が小さく見える。つく音も低く力がこもっており、さすが迫力があります。
b0128954_16334219.jpg

外の釜で炊いた餅米をどさっと臼にあけ、「あち~!」と言いながらついて作るお餅は、臼の中で湯気をあげながらぶりんっ、ぶりんっと揺れ、艶めかしいそのテクスチャーにみんなの目が釘付けに。
b0128954_16335780.jpg

いいね~。男の色気は餅つきの腰つきで分かるね。
ところでこの立派な臼はどうしたんですか?村上さん。
「ふつう、臼は木の直径の大きさいっぱいで作るから木の芯が入るけど、これは割れの入りやすい木の芯を外して作った臼なんですよ。つまり、この臼の直径の2倍はある大きな木から切り出したもの。いいでしょ」
へ~!で、村上さんが作ったの?
「いや、ヤフオクで落札したんだよ。フフ」
・・・相変わらずおちゃめな魅力が炸裂している親方であります。

こどもたちも、順番にぺったんぺったんさせてもらいました。
まずはニイニ。
「おっしゃー!」
b0128954_16342610.jpg

と、気合いの割にはへっぴり腰でした。
b0128954_16344493.jpg


次はポチン。
「ぺた。よろ・・・」
あまりに非力なので、村上さんが介添えしてくれました。
b0128954_163533.jpg

力仕事は苦手だけど、こっちは楽しかったようです。ごろごろごろごろ。
b0128954_16351681.jpg

男の子たちはキレイだか汚いんだかわからない手で、まるまるまるまる。
b0128954_16353148.jpg

そしてその場で、手作りのあんこやきなこ、大根おろしなんかをつけてぱくり。
b0128954_16355090.jpg

こんな食べ方が一番おいしいんだよね。わたしは、キムチをくるっとはさんで食べてみましたが、キムチの酸味と汁気がお餅に絡んで、たまらなくおいしかったです。

その間に、おもちはどんどんどんどんできあがって並んでいきます。
(並べている台が材木なのがカッコいい!)
b0128954_16465544.jpg

おもちだけではなく、なんとタラバガニやサザエなんかも脇で焼いてる!
b0128954_16364232.jpg

「こうして毎年、年末の1日だけは、思いっきり盛大にやるの。どんどん食べてね」
いいなあ、こういう緩急のある生活って。
手間暇かけてお餅をついて、みんなで青空の下食べて、1年の終わりよければすべてよしって感じで、来年のこの日までまたがんばろう!って、思えるもんなあ。

職人さんたちの晴れやかな笑顔を見ていると、この寒くて閉じこもりがちな冬に1年の節目の時期を持ってきて盛りたてた先人の知恵に頭が下がると同時に、そんな暦に合った生活をしている村上さんたちがとてもステキに見えました。
そういう精神って、村上さんの作品にも現れているような気もするし。


そんなわけで、いただいて帰った伸し餅1枚は、家族で一両日中にぺろり。
他にもご近所からいただいたお餅が何枚もあったのですが、それも松の内までにぜんぶ食べ終わってしまいました。焼くとつきたてみたいにふうわりのびるのは、きっと餅粉でつくった既成餅じゃなくてもち米を杵でついたおもちだからでしょう。
毎日食べても、ぜんぜん飽きなかったな。今でも食べたいほどだ。
(おまけに授乳中だからか、それほど太んなかったし。んふ。)

あー、それでもわたしは、いつも反省が心に残る。
自分で餅をつくでもなし、餅米を育てるでもなし、うーん。
こんなつまみ食いばかりではいかんなあ。自分でも何かせにゃ。

というわけで、次回は、ちょっと主体的に皆さんにお話できることをもって参上しまーす。
[PR]
by babamiori | 2009-01-10 16:42 | 食べ物のこと



ひょんなことから、南房総に8700坪の土地を手に入れてしまいました。平日は都心で建築ライター・コーディネーターとして働き、週末は南房総で野良仕事。ちょっとムリして始めてみた二重生活ですが、気付けば主客転倒で、どっちがメインの住まいかわからなくなっています。田舎暮らしの衝撃と感動、苦悩と快感をそのまま綴ります。 ニイニ中3、ポチン5年、マメ1年。

by babamiori
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
フォロー中のブログ
古今東西風俗散歩(町並み...
妄想ファミリー、房総に住む!
amane
土橋陽子の design...
カテゴリ
全体
田舎暮らしのこと
週末の出来事
南房総のこと
食べ物のこと
東京にて
生き物について
ニイニ
建築について
お知らせ
産後について


未分類
タグ
以前の記事
2017年 01月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
検索
最新のトラックバック
地元で獲れた地魚寿司です..
from 出張先
山越うどんのかまたま山が..
from 口コミ情報ライフ
草を刈る人、、国土交通省..
from 背面飛行がとまらない
スイマーバ
from スイマーバ
亜麻仁油 効果/効能
from 亜麻仁油 効果/効能
レンジで簡単!!たまごっ..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
カビ防止・カビ対策で防カ..
from カビ防止・カビ対策で防カビ快..
貸し別荘コテージレンタル..
from 貸し別荘コテージレンタル情報..
家電製品家具レンタルリー..
from 家電製品家具レンタルリース情..
手作りジンジャーエール
from From a smallto..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧