タグ:館山 ( 2 ) タグの人気記事
インフォ:土曜日限定!館山でウミホタル見られます。
ウミホタルって、アクアラインのパーキングエリアのことではありません。
生きてるやつね。

見られるのは、「館山港多目的観光桟橋」というところ。
ご案内はこちらです。


ちなみに、ウミホタルは2~3㎜の甲殻類で、肉食の生物。ルシフェリンという発光物質が海の中の酵素と反応して光るそうです。
これが、虫のホタルよりもずっとずぅーっと強く、鮮やかに青白く光るのです。

真っ暗な桟橋の上で、「はい、この中にいますよ」とバケツを出され、手をつっこんですくってみると、すくった水がふわ~っと青く光ります。
こんなかんじ!!
b0128954_12152640.jpg

って風景しかうつせなかった。。

2年ほど前にも一度見ましたが、その時はとてもたくさんいて、ヒトの顔がぼんやり見えるほど明るくなったのが衝撃的でした。(といってもその時も、写真にはうつせなかった。。)


ミジンコみたいに小さなものなのでウッカリ手の中の水と一緒に地面にこぼしちゃうヒトもいるのですが、「ああっ!かわいそうに!!ウミホタル、生きてますから落とさないでください!!」とコンクリートの地面から必死にすくいだそうとする係のおじさんの形相を見ると、た、た、大切にしなきゃ・・・とハッとします。

スルメなんかを入れた瓶に糸をつけて海に垂らして捕獲しているとのことなので、「自分でも捕まえられますか?」と思わず聞くと、砂地のある程度深い海で、しかもライトや灯台が近くにない真っ暗な場所でしか獲れないとのこと。その立地を探すのが難しいそうです。


この夏、まだ海いってなーい!とか、週末しか休めなくて泊まりはしんどーい!という方は、日中は館山の海で泳ぎ、夕食はスーパー回転寿司やまととかでガッツリ食べて、その後幻想的なウミホタルを見て、渋滞が解消された20時過ぎに館山を出発!というコースがオススメです♪
花火もいいけど、ウミホタルの光もロマンチックだわよ~^^

ちなみにわたしは、アクアラインの海ほたるPAのキャラクター「海ほたるくん」がなぜあんな、ゆるキャラ以下の意味不明の形なのかと10年くらいずっと不思議に思っていましたが、ああ!!これはウミホタルという生物の形からきてるんだな!!と初めて腑に落ちました。
ほらね。
[PR]
by babamiori | 2010-08-12 12:16 | 南房総のこと
こうやっていつも食べているのだろう。カワイイ顔した生き物たちを。
基本的に、目が合うと情にほだされるタイプのわたし。
ひとたび見つめあった相手には、すぐ感情移入してしまうのです。相手は人間とは限りません。むしろ最近は、感情移入するという意味ではレベルの高さを要求される相手に、ほろっときてしまいます。

まずわたしの心をつかんだのは、最近三芳村のそこかしこにいらっしゃる、カマキリン。
b0128954_14485651.jpg
「んだとぉ?」といきなり因縁つけてきそうなこの眼力。でも見ようによってはノータリンっぽい。どこか鼠先輩を思わせる顔つきです。
そんな風にきょろーんとしてて考えナシだから、交尾中にメスに頭からバリバリかじられるんじゃないか?

そしてこちらは、わたしのこよなく愛する、ペットのイモリン。
b0128954_14493522.jpg

目が合うと「おーよしよし」と思わず顔がほころんでしまう愛らしさをたたえているのですが、
自分で自分の足を食べようとしてじたばたするような愚かなヤツ。水槽の壁ごしに隣の水槽にやっているエサを食べようとおろおろするような愚かなヤツ。地球上でよくこの種が生き残ってこられたよと感心するほど愚かなヤツ。意義ある人生を生きることの困難に直面し苦悩したときに「死なない程度に生きてるだけでじゅーぶんでない?」と自らの生き方をもって教えてくれるヤツ。
そういやあ、彼らがうちに来てかれこれ半年も経ちます。はじめは「田んぼで自由にしていたほうが幸せだろうに」とちょっと罪悪感があったけど、今となっては「自分が水槽にいることに気づいていないんじゃないか?」と思えてしまうほどしっかり適応しています。

ああそうか、わたしってダメダメなオーラに弱いのかもしれないな。
夫も若干…だしな。

で、そんな、わたしの心をぎゅっと掴んで離さない顔に、近ごろ逢ってしまったのです。
「なんかこの子、きゃわいい~!」と胸キュン顔の子に。

だがしかし、あろうことか、逢ったとたんにわたしはその子を、食っちまった。

つぶらな瞳。
愚かさゆえの無垢な表情。
そこはかとなく漂う哀愁。
見れば見るほどいいヒトそうな人相、いや、いいウオそうなギョ相。
ニイニが釣りあげたその瞬間から一目ぼれしてしまった、その魚とは、
b0128954_14514429.jpg

こちら!
b0128954_14521262.jpg

ボラです。
b0128954_1454419.jpg

ボラを愛でて何が悪い。

今回の釣り場は、館山湾では屈指の釣り場、自衛隊堤防でありました。
ここはクロダイ釣りのメッカとして有名で、わたしたちがいた2時間あまりの間だけでも両隣に後ろ、みんながんがんクロダイ釣ってました。クロダイを釣るために釣りをしている人がいるといってもウソではないほどの魚なのに、この堤防では「あ、また?」と誰も注目しないくらいみんなが釣っていました。

なのに、うちだけなんで、ボラ?

釣り人なら一度は釣ったことがあるであろう、ボラ。
そして「ちっ、ボラか。くさくて食えねー」とリリースされる、ボラ。
顔に「ハズレ」と書いてあるかのような扱いをうける、ボラ。
こんな魚ばっかり3匹も釣ってくれて、しかも「一応、持って帰る」とほざいた我が息子。夫は「なんかこのへんのボラは食べられるらしいよ」と当てにならない伝え聞きみたいなことをつぶやき、「でもボラじゃなあ」と1匹はリリースするという中途半端なことをし、2匹は結局持って帰る羽目に。

帰ってクーラーボックスを開けると、さいごに釣った1匹はまだ生きていました。

釣り人の母としてはかなり失格なのですが、わたしは殺生は苦手…。「命を食らう」ということを日々こどもに諭しているわりには、自分でグサッとやって絶命させるのに抵抗があるのです。
しかもボラ、ホントにかわいいんです。きょろーんとしていて。もう絶体絶命以下、台所のたらいの中にいるのに、まだ死ぬ気がなさそうな顔して。
b0128954_14592267.jpg

大きな目で虚空を見つめ、口をハク、ハク、と動かしているのを見ると思わず「今から逃がしに行ったら助かるんじゃない?」と口走りたくなり、包丁を放り出して布団を頭からかぶりたくなる。ごめんなさーい!もうわたし魚も肉も食べませーん!と叫びたくなる。
でもそんなヤワな気持ちをぐっと抑え、冷静を装って「あ…あなた、頭はとって。あとはぜんぶやるからさ」と夫にお願いし(結局自分じゃできない)、なんとなくお隣の部屋に行ってたりして。

「おーい、もう頭とったよ」
という声で台所に戻ると、頭がもげかかっているのにまだまだぱくぱくしてる!
「ちょっとちゃんと頭とってから呼んでよ~!」
と、台所から逃げるわたし。

「おーい、もう頭くっついてないよー」
という声で再び台所に戻ると、たしかに、頭と体が分離してました。
だけどまだ心臓がばくばくしてる!!すごい生命力です。

「あ~~~、捌きたくない~~~」
と言いながらも、仕方ないからうろこをとって腹を一気にかき切る…はずが…
「カタッ…」
皮がすごい硬くて、歯がたちません。
「包丁がボロいのがいけないのかな。カインズホームで買った安物だし」
言い訳じみたことを口走ってちらっと夫を見るわたし。
「刺身包丁くらい買っておいてくれよー」
と夫にあきれられれば、しめたもの。
「ほんっとボラって皮かたいわ。しかも包丁切れないし」とボラと包丁のせいにして自分の手腕を疑わないわたし。こういうとき、自分の本性が見えるようだなー、としみじみ思います。
それでも放り出すわけにはいかないのでヒイヒイ言いながら何とか切り裂き黒々とした内臓を出して洗い、めちゃめちゃ分厚くて肉とがっしり癒着している皮を青筋をたてて引き、3枚におろしました。
それにしてもヘタだな。これを切り身とよびたくない。
b0128954_1502145.jpg

「でもさよく、腸を出した瞬間に吐き気がするほど臭うっていうけど、ぜーんぜん臭わないな」
「うん。ふつうの新鮮な白身魚の切り身と同じだよ。においしない」
そうなんです。
自衛隊堤防は館山湾にあるとはいっても外洋寄りの先端に位置するためか、「湾のボラはクサイ」という既成概念をひっくりかえすほどの無臭さ。気をよくしたわたしたちは、「せっかく苦労したから、お刺身にしてみようか」ということで、半分はお刺身に、もう半分はバターで焼いてみました。ぐちゃぐちゃの切り身から作った、会心の2皿。
b0128954_1455661.jpg

お刺身、食べてもぜんぜん臭くなかった!おいしいおいしい。
っていうか、スズキとかトビウオみたいにあっさりした白身魚のお味でふつうにイケました。柚子胡椒で臭みを消す必要はまるでなし。
ただ、旨みもあまりなかったかな~ハハ。切り身にして一晩寝かせるとコクが出るようです。
バター焼きもフツウにおいしかったです。飛行機の機内食のように引っかかりのない味で。

要するに、とっても淡泊なお味なのです。
ありがたがって食べる魚ではないかもしれませんが、毛嫌いすることはない!
館山のボラ、立派に食べられることが立証されました。


その晩。
マメがおっぱいを、口をこくこく動かしながら飲んでいる様をみて、ボラちゃんの終末期のパクパクする顔を重ねてしまって、どうも寝つきが悪かったわたしでした。
がんばってるんだけどなー。まだまだ軟弱だなー。
[PR]
by babamiori | 2008-11-04 15:07 | 週末の出来事



ひょんなことから、南房総に8700坪の土地を手に入れてしまいました。平日は都心で建築ライター・コーディネーターとして働き、週末は南房総で野良仕事。ちょっとムリして始めてみた二重生活ですが、気付けば主客転倒で、どっちがメインの住まいかわからなくなっています。田舎暮らしの衝撃と感動、苦悩と快感をそのまま綴ります。 ニイニ中3、ポチン5年、マメ1年。

by babamiori
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
フォロー中のブログ
古今東西風俗散歩(移転し...
妄想ファミリー、房総に住む!
amane
土橋陽子の design...
カテゴリ
全体
田舎暮らしのこと
週末の出来事
南房総のこと
食べ物のこと
東京にて
生き物について
ニイニ
建築について
お知らせ
産後について


未分類
タグ
以前の記事
2017年 01月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
検索
最新のトラックバック
地元で獲れた地魚寿司です..
from 出張先
山越うどんのかまたま山が..
from 口コミ情報ライフ
草を刈る人、、国土交通省..
from 背面飛行がとまらない
スイマーバ
from スイマーバ
亜麻仁油 効果/効能
from 亜麻仁油 効果/効能
レンジで簡単!!たまごっ..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
カビ防止・カビ対策で防カ..
from カビ防止・カビ対策で防カビ快..
貸し別荘コテージレンタル..
from 貸し別荘コテージレンタル情報..
家電製品家具レンタルリー..
from 家電製品家具レンタルリース情..
手作りジンジャーエール
from From a smallto..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧